« 国内初、子宮頸がんワクチン発売 自治体の助成も | トップページ | 薄くて軽いフィルム状の点字ディスプレーを開発 »

2010年4月 7日 (水)

長期安定性を誇るブレインマシンインターフェイス(BMI)技術を確立

長期安定性を誇るブレインマシン
インターフェイス(BMI)技術を確立

平成22年4月6日 独立行政法人 理化学研究所

詳細は、リンクを参照して下さい。

「半年以上の長期安定使用が可能な低
侵襲慢性留置型ECoG電極を開発」

とのことですが、脳に直接電極を留置する
のは、情報を正確に捉えることはできるで
しょうが、心配ですね。
一生留置しても問題ないとなれば良いの
ですが、

同様のBMI技術として、下記の記事を以前
投稿しましたが、今の段階では、こちらが
有望そう。

脳波で500種類以上のメッセージ発信


早く、使えるものが出てくると良いですね。

|

« 国内初、子宮頸がんワクチン発売 自治体の助成も | トップページ | 薄くて軽いフィルム状の点字ディスプレーを開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/48021028

この記事へのトラックバック一覧です: 長期安定性を誇るブレインマシンインターフェイス(BMI)技術を確立:

« 国内初、子宮頸がんワクチン発売 自治体の助成も | トップページ | 薄くて軽いフィルム状の点字ディスプレーを開発 »