« 皮膚・骨髄に新万能細胞 再生医療へ活用期待 東北大 | トップページ | 免疫学者の多田富雄氏が死去 »

2010年4月21日 (水)

寿命100年に挑戦 錆や傷に強い塗装(クボタ、トヨタ自動車)

寿命100年に挑戦 錆や傷に強い塗装
(クボタ、トヨタ自動車)

2010年4月20日 日経ビジネスONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 塗装を改良することで耐久性を飛躍的に
向上させた製品が登場している。

 クボタは新開発の亜鉛合金を塗装に採用し、
100年使える水道管を開発。

 トヨタ自動車は洗車傷を復元する塗装を、
レクサスの最高級モデルに標準装備した。


---------
 新しい水道管「GENEX」を今年10月にも
発売する計画だ。
 GENEXの耐用年数は100年。
 つまり現在の更新ペースでも、理論上は
不都合なく水道管を使用し続けることが
できる。

 GENEXで使われる塗装には、亜鉛以外に
錫(Sn)とマグネシウム(Mg)が配合された
亜鉛合金が使われている。

 GENEXに施した2つ目の改良は、鉄の表面
を亜鉛合金に、さらにシリコンを塗り込んで
いることだ。
 その理由は、肉眼では見えないが塗装の
表面に作られた穴を塞ぐためだ。


---------
 耐久性が増した塗装は、自動車でも
広がっている。

 トヨタ自動車は関西ペイントと共同で
擦り傷が残りにくい塗装「Self-restoring
Coat」を開発、2009年9月に発表した。
 既にトヨタの高級セダン「レクサス」の
最上位モデル「LS」で標準装備している。

 この塗装の開発で、主眼に置いたのが
洗車時につくような小さな傷への耐久性だ。
 一般的に3~5層程度重ねられる自動車
塗装の最も外側に位置する「トップコート」
に使う塗料を改良し、傷が自然に消える
ようにした。
---------------------------------------

良いですね。
塗装技術も進歩しているようです。

今の所、車の塗装はガラスコートが
オプションで約9万します。

耐久性は、5年位あるそうです。
これは、トヨタのものと違って
塗装をハードコートで覆って耐久性を
増すものですね。


クボタは予定通り100年持つ水道管を出荷
するようです。以前投稿しました。

クボタ、100年持つ水道管を開発
2010/01/14 NIKKEI NET

|

« 皮膚・骨髄に新万能細胞 再生医療へ活用期待 東北大 | トップページ | 免疫学者の多田富雄氏が死去 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寿命100年に挑戦 錆や傷に強い塗装(クボタ、トヨタ自動車):

« 皮膚・骨髄に新万能細胞 再生医療へ活用期待 東北大 | トップページ | 免疫学者の多田富雄氏が死去 »