« DNAの特殊変化でがん細胞を特定、米大研究 | トップページ | 小脳は再生できるか? »

2010年3月 1日 (月)

ハンチントン病の新しい遺伝子治療に、モデルマウスで初めて成功

ハンチントン病の新しい遺伝子治療に、
モデルマウスで初めて成功
-異常タンパク質に基づく多くの
神経変性疾患にも応用が可能-

平成22年3月1日
理化学研究所
科学技術振興機構(JST)

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
<本研究成果のポイント>
○ 病因である異常蓄積したタンパク質の
  分解を促進する融合ペプチドを作製
○ シャペロン介在オートファジーという
  タンパク質分解系を活用
○ ハンチントンモデルマウスで、異常
  タンパク質を除去するシステムを確認


 独立行政法人 理化学研究所(理研、
野依 良治 理事長)と独立行政法人
科学技術振興機構(JST、北澤 宏一 
理事長)は、神経変性疾患の1つで、
認知症や不随意運動、行動異常などを
引き起こす治療困難な神経病である
ハンチントン病注1)をはじめとした、
ポリグルタミン病注2)に対する
新しい遺伝子治療に、モデルマウスを
用いて成功しました。

 これは、理研脳科学総合研究センター
(利根川 進 センター長) 
構造神経病理研究チームの貫名 信行 
チームリーダー、ピーター・バウエル 
研究員、国立精神・神経センターの
永井 義隆 室長らによる成果です。

 ハンチントン病に代表される
ポリグルタミン病は、遺伝性の病気で、
その症状には不随意運動や認知症
(ハンチントン病)、歩行障害などの
小脳症状(遺伝性脊髄小脳失調症)が
認められます。これらの病気では、原因
遺伝子の一部で、グルタミンという
アミノ酸をコードする3つの塩基配列
(C=シトシン、A=アデニン、
G=グアニン)が異常に伸長しています。

 通常ではCAGの繰り返しが20回程度
であるのに対し、ポリグルタミン病の場合
は40回以上にも伸長し、このため、
異常に伸びたグルタミン鎖を含む原因
遺伝子産物が神経細胞に蓄積し、神経
細胞死や機能異常を引き起こします。

 研究グループは、ポリグルタミン病で
蓄積する異常タンパク質の分解を促進
する新たな遺伝子治療法を開発し、
モデルマウス実験で、治療効果が確かな
ことを世界で初めて確認しました。

 その手法とは、異常タンパク質を
シャペロン注3)と結合させる機能を持つ
ペプチドを細胞内に発現させ、
シャペロン介在オートファジー注4)
というタンパク質分解系を利用して分解
するというものです。

 この方法は、原理的にほかの神経変性
疾患にも応用可能で、遺伝子治療や薬物
治療の新たな方向性を示しています。

 本研究成果は、JST 戦略的創造研究
推進事業 チーム型研究(CREST)
の「精神・神経疾患の分子病態理解に
基づく診断・治療へ向けた新技術の創出」
研究領域(研究総括:国立精神
・神経センター 樋口 輝彦 総長)に
おける研究課題「ポリグルタミン病の
包括的治療法の開発」(研究代表者
:貫名 信行)によって得られ、米国の
科学雑誌「Nature Bio
technology」に掲載される
のに先立ち、オンライン版(米国東部
時間2010年2月28日付け
:日本時間2010年3月1日)に
掲載されます。


今後の期待
 今回の研究結果から、原理的には異常
タンパク質に特異的に結合する
ペプチドや化合物と、シャペロン
Hsc70に特異的に結合するペプチド
や化合物を融合した分子を利用する
ことで、標的分子をシャペロン介在
オートファジーで分解する経路をつくる
ことが可能になると期待できます。

 そのため、異常タンパク質の細胞内蓄積
を特徴とするアルツハイマー病、
パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症など
の神経変性疾患への応用も期待できます
---------------------------------------

素晴らしい。

久しぶりで大きな進歩のように
思えます。

ポリグルタミン病に対する新しい
遺伝子治療法になりますね。

群馬大学の平井教授のやり方とは
違って、もともと人が持っている
シャペロン介在オートファジー
というタンパク質分解系を利用
して、産生された異常タンパクを
分解させる。

適用できるポリグルタミン病の
範囲も広がると思われます。

大いに期待しています。

いつごろ治験というフェーズに
なるのでしょうか?

気になるところです。

|

« DNAの特殊変化でがん細胞を特定、米大研究 | トップページ | 小脳は再生できるか? »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

凄いですね !!! ^^ 僕も今朝、理研のプレスリリースを読みました。理研の貫名 信行さんのグループはSCDの研究もされていますよね。
最近アメリカではハンチトン病の第3相の新薬(運動失調と痴呆)の良い治験結果が発表されていますが、遺伝子治療法の開発は明るいニュースですね。
ハンチントン病はSCDの中でもDRPLAに近い病気ですし、他のタイプの治療にも期待が出来のではなでしょうか?
早く治験が始まると良いですね。

投稿: H!ro^^ | 2010年3月 1日 (月) 15時20分

そうですね。

同感です。

投稿: haredasu | 2010年3月 1日 (月) 16時56分

私はscd3で苦しんでいます。早く研究を急いで助けてください。

投稿: 高田伸広 | 2010年5月12日 (水) 08時33分

そうですね。
あの「一リットルの涙」から20年以上経ちました。

でも、あきらめないでください。
最近の医学の進歩はすさまじいものがあります。

平井教授(群馬大学)の研究は、かなり臨床に近い。
研究費さえ付けば数年程度のレベルで治験まで行けるのでは?
と考えています。
scd3は根治治療が可能な疾患と言っています。

難病のほとんどは、遺伝子異常に起因します。
遺伝子解析効率はどんどん向上しています。
期待しましょう。

投稿: haredasu | 2010年5月13日 (木) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47696627

この記事へのトラックバック一覧です: ハンチントン病の新しい遺伝子治療に、モデルマウスで初めて成功:

« DNAの特殊変化でがん細胞を特定、米大研究 | トップページ | 小脳は再生できるか? »