« iPhoneで在宅医療を効率化(後) | トップページ | 心臓の弁を体内で再生 拒絶反応起きぬ自己移植に道 »

2010年3月28日 (日)

歯周病:骨髄液から歯ぐきを再生し治療 広島大で成功

歯周病:骨髄液から歯ぐきを再生し治療
広島大で成功
2010年3月18日 毎日jp

詳細は、リンクを参照してください。

---------------------------------------
 歯ぐきが細菌によって溶ける歯周病に
ついて、患者の骨髄液から骨や筋肉のもとに
なる幹細胞を採取して培養後に患部へ移植し、
歯ぐきを再生させることに広島大の研究
グループが成功した。
 患者対象の臨床研究で、移植をした患部は
4~8ミリほど歯ぐきが回復した。
 細胞培養技術の向上などで再生効果を高め、
3年以内に厚生労働省へ先進医療を申請、
実用化を目指す。

 広大の栗原英見教授(歯周病学)と広大
発祥のベンチャー「ツーセル」(広島市、
辻紘一郎社長)の臨床研究で、18日から
広島市である日本再生医療学会で成果を
発表する。

 30~65歳の歯周病患者の男女11人
から骨髄液を採取。
 この中に含まれる間葉系幹細胞を培養
・増殖させ、医療用コラーゲンと混ぜて
歯周病患部へ注入した。
 11人のうち、転居などで経過を追跡
できなかった3人を除く8人中6人で、
歯ぐきの回復や、歯周病で生じた歯と
歯ぐきの間のすき間が小さくなった。
 移植した幹細胞が歯周組織となったり、
もともとあった細胞の増殖を促す物質を
出して自力での組織 再生を後押しした
とみられる。
---------------------------------------

Good News!

再生医療良いですね。

早く、広く臨床の場で治療が行われる
ようになると良いですね。
保険適用はどうなるのかな?

歯周病で溶けてしまった歯ぐきは、今は元に
戻らないですから、

|

« iPhoneで在宅医療を効率化(後) | トップページ | 心臓の弁を体内で再生 拒絶反応起きぬ自己移植に道 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47931366

この記事へのトラックバック一覧です: 歯周病:骨髄液から歯ぐきを再生し治療 広島大で成功:

« iPhoneで在宅医療を効率化(後) | トップページ | 心臓の弁を体内で再生 拒絶反応起きぬ自己移植に道 »