« 温泉発電広がるか 60度でOK、設備も小型 | トップページ | 中部大、超伝導直流送電で200mの送電実験に成功 »

2010年3月 8日 (月)

「バイオ燃料生産は温暖化を促進する」と研究者らが指摘

「バイオ燃料生産は温暖化を促進する」
と研究者らが指摘

IPSJapan2008/02/18

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 化石燃料に代わるクリーンなエネルギーと
されるバイオ燃料だが、「従来の化石燃料
よりも多くの温室効果ガスを発生させる」
という研究論文が公表された。
 燃料用作物を栽培するための作付転換や
新たな耕作地開発で、結局は温暖化を促進
させてしまうという。

 バイオ燃料は開発当初から温室効果ガス
(GHG)の排出量を10%から20%削減でき
『化石燃料に代わるクリーンなエネルギー』
としてもてはやされてきた。
 しかし、最近この利用促進をめぐり
専門家の間で深刻な問題点を指摘する声が
広がっている。

『サイエンス(Science)』誌は7日、
「バイオ燃料は従来の化石燃料よりも
多くのGHGを発生させている」と結論付けた
2つの研究論文を公表した。

 この試算結果によると、トウモロコシ
由来のエタノールの場合は167年、
インドネシアやマレーシアの泥炭地を
パームやしの畑に転換する場合で423年
もかかるという。
 つまり、バイオ燃料由来の『CO2債務』
を返済するためには数百年もの莫大な
月日を要することになるのである。
---------------------------------------

恐ろしい話しです。
事実とすれば、直ちに止めなければ
いけません。

取り返しのつかないことになる。

科学者は、しっかり情報発信して
ください。

今まで、どういう根拠をもって温室効果ガス
削減につながると言っていたのでしょうか?
きちんと証明してもらいたい。

電気自動車だってケースバイケースで
必ずしも、温室効果ガス削減には
ならないようだし、
何を信じて良いのか?
間違いは、直ちに修正すべし!

|

« 温泉発電広がるか 60度でOK、設備も小型 | トップページ | 中部大、超伝導直流送電で200mの送電実験に成功 »

地球温暖化関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「バイオ燃料生産は温暖化を促進する」と研究者らが指摘:

« 温泉発電広がるか 60度でOK、設備も小型 | トップページ | 中部大、超伝導直流送電で200mの送電実験に成功 »