« 清水建設:放射性コンクリ量100分の1に 原発解体時 | トップページ | 腎臓だけに薬届ける微小カプセル »

2010年3月17日 (水)

北海道大学、自然発症の高眼圧緑内障モデルマウスの開発に成功

北海道大学、自然発症の高眼圧緑内障
モデルマウスの開発に成功

緑内障ニュース ブログ

詳細は、リンクを参照して下さい。

緑内障には、眼圧が高い為に発症するものと
正常眼圧であるにもかかわらず、発症する
ものとがあります。
今回の研究は、高眼圧タイプのモデルマウスです。

正常眼圧緑内障に対するものでないのは、
少し残念ですが、高眼圧緑内障に対して
新たな治療方の開発に迫ることが出来ると
考えられます。

期待しましょう。

|

« 清水建設:放射性コンクリ量100分の1に 原発解体時 | トップページ | 腎臓だけに薬届ける微小カプセル »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47834998

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道大学、自然発症の高眼圧緑内障モデルマウスの開発に成功:

« 清水建設:放射性コンクリ量100分の1に 原発解体時 | トップページ | 腎臓だけに薬届ける微小カプセル »