« 新日石、ミドリムシをバイオ燃料に 5年内メド | トップページ | 宇宙ヨットが拓く次世代探査技術(科学技術部記者 小玉祥司) »

2010年3月 8日 (月)

太陽熱が示すガラパゴス化の危機

太陽熱が示すガラパゴス化の危機
2010年3月8日(月) 日経ビジネスONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 温暖化ガスを1990年比で25%削減する
──。
 その目標を日本が達成できるのかどうかを
論ずる前に、直視しなければならない現実が
ある。
 それは日本が環境分野で先進国どころか、
欧米勢や中国勢の後塵を拝していることだ

 日本における再生可能エネルギーの代表格
と言えば、太陽光だ。
 シャープや三洋電機が最先端の太陽電池の
開発を強化し、発電効率などの技術は世界
最高レベルにある。
 その裏側で、同じ太陽光をエネルギー源
にした別の発電方式が、じわじわと存在感を
高めている。それが太陽熱発電である。

 世界で最も注目されているプロジェクトが、
北アフリカのサハラ砂漠で進められようと
している。
 独シーメンスやスイスのABBなど欧州企業
12社が結集した「デザーテック」
プロジェクトである。
 サハラ砂漠に巨大な太陽熱発電所を
建設し、直流送電網を使って欧州の都市部
に電力を運ぶ。
 この壮大な計画の総予算は、実に50兆円超
に上る。
 このほか、スペインや米国では、既に
数十メガワットクラスの発電所が稼動
している。
 太陽熱発電は鏡で太陽光を1カ所に集め、
高温で水蒸気を発生させてタービンを
回して発電する。

 主な方式は2つある。

 1つは「タワートップ式」と呼ばれ、
モーターと鏡を組み合わせた
「ヘリオスタット」と呼ばれる装置で
集めた太陽光を、タワーの頂上にある
集光器に集める。
 集光器には水やオイルなどの液体が
ポンプで送られ、太陽熱で加熱される。
 この熱を利用して水蒸気をつくり、
タービンを回す。

 もう1つは「トラフ式」と呼ばれる。
 横長で曲面状の鏡を一列に並べ、
その中央に水やオイルなどを流したパイプ
を通す。
 こうすることでパイプに熱を集中させて
ボイラーに運び、蒸気をつくってタービン
を回す。
 どちらの方式も、ボイラーやタービン
のように火力発電で実績のある“枯れた”
技術を採用しているので、安定して稼働する
うえ運用コストも安い。

 設備次第で、太陽光がなくても24時間連続
して発電できるメリットもある。
 蓄熱装置に熱を貯めておけば、夜中でも
蒸気タービンを回して発電できる。
 「同量の電力を発生させる場合は、
蓄熱装置は二次電池の10分の1のコストで
済む」と、太陽熱発電研究の第一人者
である東京工業大学の玉浦裕教授は
指摘する。
 連続運転できるなら、発電量の変動も
気にしなくていい。
---------------------------------------

日本得意のガラパゴスのようですね。

正しい判断ができない?

太陽光発電は、それはそれで、やって
良いと思いますが、

本当に、太陽光発電より、太陽熱発電の
方が効率的であるのなら、太陽熱発電も
やるべきと思うのだが?

これまた、???

どうなっているのかな?

|

« 新日石、ミドリムシをバイオ燃料に 5年内メド | トップページ | 宇宙ヨットが拓く次世代探査技術(科学技術部記者 小玉祥司) »

地球温暖化関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

考えてみると太陽熱や大気熱(ヒートポンプ)の利用は良いかも知れませんね。

投稿: H!ro^^ | 2010年3月 8日 (月) 17時24分

太陽光発電のことばかり言うものだから、その方向なのかと
思っていたら、太陽熱利用がありましたね。

大気熱(ヒートポンプ)はこのところ拡大傾向です。
エコキュートの宣伝が多い。
私の家にもやってきました。
確かに効果はありそうです。

投稿: haredasu | 2010年3月 9日 (火) 13時58分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽熱が示すガラパゴス化の危機:

« 新日石、ミドリムシをバイオ燃料に 5年内メド | トップページ | 宇宙ヨットが拓く次世代探査技術(科学技術部記者 小玉祥司) »