« ソニー、太陽光発電設備を幼稚園/保育園に寄贈 - そらべあ基金支援活動 | トップページ | 欧米とワクチン格差 »

2010年3月27日 (土)

4年に1度の診療報酬改定、投資の回収が期待できる加算を診断薬にも期待

4年に1度の診療報酬改定、投資の回収が
期待できる加算を診断薬にも期待

2010/03/17 Biorechnology Japan's BLOG

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 何故、個の医療がまったく無駄な副作用
による医療費を激減させることが分かって
いるのに、厚労省はこうした技術革新を
門前払いするのか?

 これは官僚や診療報酬を算定する有識者が
視野狭窄に陥っているためだ。

 本人たちは一点の曇りもなく善行を成して
いるつもりだが、国民医療全体から見れば
技術革新を阻み、国民を副作用の危険に曝し、
なおかつ医療費増加に加担していることが
分かっていない。

 つまり、これはもう政治の問題である
ということです。

 官僚がやる部分最適化が、我が国の医療
という全体最適化を阻むようになったなら、
制度全体を政治の力で変えていかなくては
ならないのです。

 支持率の低迷で悩んでいる新政権が、
もしこれを断行できれば、支持率は間違い
なく急回復すると思います。

 心ある政治家のパソコンにこのメールが
転送されることを期待しています。
---------------------------------------

なんとも情けない状況です。
有識者っていったい誰なのですか?

厚労省は、目先の医療費削減の為に、
そしてそれらしき権威をつける為に、
意に沿う結論を出すであろう人達を
集めて議論させているだけ?

医療というより、政治の問題。

|

« ソニー、太陽光発電設備を幼稚園/保育園に寄贈 - そらべあ基金支援活動 | トップページ | 欧米とワクチン格差 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47922136

この記事へのトラックバック一覧です: 4年に1度の診療報酬改定、投資の回収が期待できる加算を診断薬にも期待:

« ソニー、太陽光発電設備を幼稚園/保育園に寄贈 - そらべあ基金支援活動 | トップページ | 欧米とワクチン格差 »