« “働かない”遺伝子の存在理由解明 | トップページ | 住宅各社、“スマートハウス”開発加速 »

2010年2月 7日 (日)

植物状態でも意思疎通…認知能力あるかも

植物状態でも意思疎通…認知能力あるかも
(2010年2月5日11時17分 読売新聞)

---------------------------------------
 【ワシントン=山田哲朗】植物状態と診断
された患者の中に、認知能力が残っている
人がおり、特殊な装置を使えば周囲と意思
疎通ができる可能性があるという研究結果
を、英ケンブリッジ大などが3日付の
米医学誌に発表した。

 意思疎通できないという前提で行われて
きた患者に対する医療を考え直す必要が
でてくるかもしれない。

 同大学の医師らは、頭部の外傷などで、
周囲の呼びかけに反応がない「植物状態」
と診断された23人を、脳の活動部位を
可視化する機能的磁気共鳴画像
(fMRI)装置で調べた。

 「テニスをしている」「自宅の中を
歩いている」などの場面を想像するよう
呼びかけたところ、4人で健常者と同じ
脳の活動パターンが繰り返し表れた。

 研究チームは「将来、患者にどこか
痛みがないかfMRIを使って聞くことが
可能になる」としている。
---------------------------------------

すごくやりきれない気がします。

植物状態の定義は?
その人の脳波は、どのような状態?

脳波が出ているのに、単に植物状態だから
・・・と解釈していた?

>意思疎通できないという前提で行われて
>きた患者に対する医療を考え直す必要が
>でてくるかもしれない。
かもしれないどころの話しではないと
思います。

|

« “働かない”遺伝子の存在理由解明 | トップページ | 住宅各社、“スマートハウス”開発加速 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47503077

この記事へのトラックバック一覧です: 植物状態でも意思疎通…認知能力あるかも:

« “働かない”遺伝子の存在理由解明 | トップページ | 住宅各社、“スマートハウス”開発加速 »