« 高度な医療行為できる看護士資格新設へ 厚労省が素案 | トップページ | iPS細胞:難病患者の皮膚から作成 テロメアを修復 »

2010年2月18日 (木)

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症
治療学寄附講座ブログに下記更新情報が
ありましたので、載せておきます。

1.ダクリズマブのインターフェロンβ
 併用効果

詳細は、リンクを参照してください。

---------------------------------------
 MRIにおける新規造影病変の数は、
プラセボ群で平均4.75個であったのに対し、
ダクリズマブ高容量群では1.32個に減少し、
ダクリズマブ低容量群では3.58個であったと
報告されています。

 ダクリズマブの併用により末梢血の
T細胞数、B細胞数、NK細胞数に変化はなく、
T細胞の増殖能も変化がなかったそうですが、
制御性のNK細胞の比率はプラセボ群と
比較して7-8倍増加しているのが確認
されています。

 24週間という短い期間でのMRI評価による
結果ではありますが、かなり有望な治療法
として注目されます。
 長期的な予防効果や安全性の問題を確認
するためにはさらに長期間の第3相試験が
必要になりますが、十分期待できる製剤
という印象です。
---------------------------------------

という結果のようです。

|

« 高度な医療行為できる看護士資格新設へ 厚労省が素案 | トップページ | iPS細胞:難病患者の皮膚から作成 テロメアを修復 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47600286

この記事へのトラックバック一覧です: 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報:

« 高度な医療行為できる看護士資格新設へ 厚労省が素案 | トップページ | iPS細胞:難病患者の皮膚から作成 テロメアを修復 »