« 燃料も抽出、次世代分離膜に期待 | トップページ | コスモ石油が風力発電 荏原の事業買収、国内117基引き継ぐ »

2010年2月 8日 (月)

壊死病変の組織再生に成功-梗塞治療に画期的展開

壊死病変の組織再生に成功-
梗塞治療に画期的展開

2010年1月29日 東京大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
発表概要:
 組織プラスミノーゲン活性化因子(tPA)の
投与により、虚血性壊死に陥った組織の
再生を促進することに成功した。
 生体内の血液線維素溶解系因子が、末梢
組織の再生を制御する新機構を解明した。

 本研究成果は、生体内組織再生の新機構
と、これを最大限に活用した再生医療の
新たな可能性について世界に先駆けて提示
したもので、iPS細胞等の細胞移植治療とは
一線を画し、倫理面、安全面で極めて
ハードルが低い再生医療の新機軸を担う
重要性を有している。

 またtPAが、既に臨床に普及した薬剤で
あること、さらに虚血性壊死のみならず、
抗癌剤、放射線等による傷害に対しtPAの
組織再生促進作用が既に同グループ
によって確認、報告されていることも
あって、本研究成果は、その実現性の点
でも、臨床応用への至近距離に位置づけ
られるものである。

 なお本研究成果については
2010年1月29日付で米国血液学会雑誌
「Blood(電子版)」に発表された。
---------------------------------------

素晴らしい成果のようですね。

従来tPAは血栓を溶かして血流を再開
させる目的で投与され、劇的な成果を
あげてきた薬です。

今回は、その成果のみならず、
虚血性壊死組織の再生と機能回復に
成功。さらに臨床応用への至近距離に
位置づけられる。
とのことですので、近々臨床の場で
活躍することになると思われます。

大いに期待出来そうです。

|

« 燃料も抽出、次世代分離膜に期待 | トップページ | コスモ石油が風力発電 荏原の事業買収、国内117基引き継ぐ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47513459

この記事へのトラックバック一覧です: 壊死病変の組織再生に成功-梗塞治療に画期的展開:

« 燃料も抽出、次世代分離膜に期待 | トップページ | コスモ石油が風力発電 荏原の事業買収、国内117基引き継ぐ »