« 医療者の責任と医療事故調 | トップページ | Googleマップに東京地下鉄の時刻表チェック機能 »

2010年2月10日 (水)

米国におけるALS診療と臨床治験の現状

米国におけるALS診療と臨床治験の現状
2009/5/20 日経メディカルONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

米国コロンビア大学神経学教授の三本博氏
が、米国におけるALS診療の現状について
講演した内容です。

---------------------------------------
 ALS(Amyotrophic Lateral Sclerosis;
筋萎縮性側索硬化症)は「難病中の難病」
といわれているが、1990年代にSOD1変異
遺伝子が発見され、それに引き続いて変異
SOD1の動物モデルが作成されて以降、ALSに
ついての広範な研究が始まった。

 さらに、ALSの治療薬としてリルゾールが
初めて承認され、ALSの研究および治療と
ケアの改善において、加速度的な進歩が
みられるようになった。

 最近の話題としては、米国において2009年
に米国神経学会
(American Academy of Neurology;AAN)
によるALSに関するガイドライン
(practice parameter)が10年ぶりに改訂
される予定である。
---------------------------------------

リンクを一読してください。

すごく参考になる良い情報だと思います。
ご紹介まで、

|

« 医療者の責任と医療事故調 | トップページ | Googleマップに東京地下鉄の時刻表チェック機能 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47530968

この記事へのトラックバック一覧です: 米国におけるALS診療と臨床治験の現状:

« 医療者の責任と医療事故調 | トップページ | Googleマップに東京地下鉄の時刻表チェック機能 »