« 特集●全国に広がるナースプラクティショナー養成 Vol.1 | トップページ | 医療者の責任と医療事故調 »

2010年2月10日 (水)

2つのノーベル賞技術が消化性潰瘍と早期胃癌を克服

2つのノーベル賞技術が消化性潰瘍と
早期胃癌を克服

2009. 7. 23
日経メディカルONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。
参考情報です。

---------------------------------------
 1972年の日経メディカル創刊以来、数々
の治療法が開発されてきたが、胃疾患に
対する治療技術ほど大きく発展した
ものはない。

 H2受容体拮抗薬の登場、ピロリ菌の発見、
内視鏡技術の進歩により、消化性潰瘍と
早期胃癌は、もはや克服されたといっても
いいだろう。

※本記事は2009年7月17日発行の500号記念
臨時増刊号に掲載されたものです。
---------------------------------------

こんな発見があったんですね。

胃疾患に対する医学の進歩を概観できました。

|

« 特集●全国に広がるナースプラクティショナー養成 Vol.1 | トップページ | 医療者の責任と医療事故調 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47530583

この記事へのトラックバック一覧です: 2つのノーベル賞技術が消化性潰瘍と早期胃癌を克服:

« 特集●全国に広がるナースプラクティショナー養成 Vol.1 | トップページ | 医療者の責任と医療事故調 »