« 高校無償化/朝鮮学校外しは筋が違う | トップページ | 温暖化対策で注目集める「ジオエンジニアリング」、救世主か危険な賭けか »

2010年2月27日 (土)

「1時間半の昼寝は1晩分の効果」、睡眠の新発見続々と 米国

「1時間半の昼寝は1晩分の効果」、
睡眠の新発見続々と 米国

2010年02月23日 AFP BBNews

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 昼寝と夜間の睡眠効果を視覚学習効果
などを比較して調べたところ、1時間半の
昼寝は、1晩分の睡眠に等しい効果を
示した。

 米国立睡眠財団(US National Sleep
Foundation)が勧める睡眠時間は10代
では8.5時間以上、成人では少なくとも
7時間以上だ。(c)AFP/Karin Zeitvogel
---------------------------------------

昼寝の効果は、思っていたよりあるよう
ですね。

要は、10代では8.5時間以上、成人では
少なくとも7時間以上の睡眠が必要と
いうことと、もし、足りない場合は、
昼寝が効果的だといっている?

|

« 高校無償化/朝鮮学校外しは筋が違う | トップページ | 温暖化対策で注目集める「ジオエンジニアリング」、救世主か危険な賭けか »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47680734

この記事へのトラックバック一覧です: 「1時間半の昼寝は1晩分の効果」、睡眠の新発見続々と 米国:

« 高校無償化/朝鮮学校外しは筋が違う | トップページ | 温暖化対策で注目集める「ジオエンジニアリング」、救世主か危険な賭けか »