« 期待外れのたばこ政策に見る「知らされない不幸」 | トップページ | 【2010年1月14日 朝食きちんと摂る効果 】 »

2010年1月20日 (水)

「運動による海馬ニューロン新生の増強機構の解明~運動による認知症予防へ新たな展開」

「運動による海馬ニューロン新生の増強
機構の解明
~運動による認知症予防へ新たな展開」

(2010年01月19日) 東京大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 年齢を重ねるにつれて記憶力や学習効率は
低下してしまうが、この現象には海馬で
新しく生み出されてくるニューロン数の
減少が関与している。

 今回、老齢マウスを用いた研究によって、
かなり高齢になっても、運動によって
海馬の神経幹細胞が活性化し細胞増殖が
増強することで、新生ニューロンの数が
増加することが判明した。

 この運動による神経幹細胞の活性化には、
アセチルコリンニューロンが必要である
ことがわかった。
 また、アルツハイマー病の治療に使われ
ている薬剤(ドネペジル)によって脳内の
アセチルコリンの量を増やすことに
よっても、神経幹細胞の増殖が増強され、
ニューロン新生が促進されることが
わかった。

 運動によって中高齢者の認知機能が改善
されることは良く知られているが、今回の
研究から、運動は、薬と同じような仕組み
で脳に働きかけることで、脳の老化防止に
効いていることがわかった。

 本成果が、認知症の予防に関する新たな
応用研究の展開に道を拓いていくことが
期待される。
---------------------------------------

>かなり高齢になっても、運動によって
>海馬の神経幹細胞が活性化し細胞増殖が
>増強することで、新生ニューロンの数が
>増加することが判明した。
そうです。

運動は、大事ですね。
どの位の運動量が必要なのでしょうか?

薬剤投与(ドネペジル)も有効なようです。

>ランニング運動あるいは薬剤投与に
>よって脳内のアセチルコリン系を
>活性化することで、老齢動物においても
>神経幹細胞の増殖が増強されることを
>世界で始めて見出した。

|

« 期待外れのたばこ政策に見る「知らされない不幸」 | トップページ | 【2010年1月14日 朝食きちんと摂る効果 】 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47345056

この記事へのトラックバック一覧です: 「運動による海馬ニューロン新生の増強機構の解明~運動による認知症予防へ新たな展開」:

« 期待外れのたばこ政策に見る「知らされない不幸」 | トップページ | 【2010年1月14日 朝食きちんと摂る効果 】 »