« 世界一番の技術を持ちながら市場性を失うという企業行動を繰り返さないためにも、2010年は新生の年に | トップページ | 3Dで脳卒中の視覚障害リハビリ、東大が開発 »

2010年1月13日 (水)

夢を紡ぐ:地球に優しい新技術/6 げっぷ抑えメタン減らす飼料 海外から熱い視線

夢を紡ぐ:地球に優しい新技術/6
げっぷ抑えメタン減らす飼料 
海外から熱い視線

毎日新聞 2010年1月13日 東京朝刊

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 岐阜県海津市にある「川瀬牧場」。
 風通しのいい牛舎で、60頭を超す
ホルスタインがのどかに飼料を食べる。
 この飼料は伊東宏明さんが、飼料会社を
通じて、販売する特別のものだ。
 「あれが状態のいい緑褐色のふん。
 飼料に含まれる繊維がちゃんと消化
されている」

 その秘訣(ひけつ)は、BLCS
(微生物利用の家畜清浄システム)と
呼ばれる家畜の飼料だ。
 乳酸菌やバチルス菌など数種類の微生物
を含有。
 牛など反すう動物のげっぷに含まれる
メタンガスの抑制に加え、栄養素の消化
・吸収力の向上、ふんの消臭効果まである
「夢の飼料」。
 いま、海外の熱い視線が集まっている。

 メタンの排出量の4~5割を家畜の
げっぷが占めるとされるニュージーランド
政府が03年、牛などの農家に「げっぷ税」
を課す検討をしたことがある。
 伊東さんは、台湾系のベンチャー、
日本仁安堂薬健(本社・東京都)が開発
したBLCSを聞きつけ、05年6月に
販売権を取得。
 飼料会社と協力し、BLCSと通常の
飼料を混ぜた混合飼料を開発した。
 しかし、農家の関心は薄かった。
 「まず裏付けデータを取って、効果を
数字で見せよう」
---------------------------------------

面白い発想です。

中国への売り込みが奏功しつつあるとの
ことで、本格進出できると良いですね。

地球温暖化対策にもなるし、
素晴らしい。

|

« 世界一番の技術を持ちながら市場性を失うという企業行動を繰り返さないためにも、2010年は新生の年に | トップページ | 3Dで脳卒中の視覚障害リハビリ、東大が開発 »

地球温暖化関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢を紡ぐ:地球に優しい新技術/6 げっぷ抑えメタン減らす飼料 海外から熱い視線:

« 世界一番の技術を持ちながら市場性を失うという企業行動を繰り返さないためにも、2010年は新生の年に | トップページ | 3Dで脳卒中の視覚障害リハビリ、東大が開発 »