« 世界初の直流超伝導送電・蓄電システムの研究開発 | トップページ | ダイハツが1位、レクサスを上回る…「故障が少ない」仏調査 »

2010年1月 5日 (火)

考えるだけで家電操作、日立が小型化 3~4年後実用化

考えるだけで家電操作、日立が小型化 
3~4年後実用化

---------------------------------------
 日立製作所は手を使わずに考えるだけで
家電やロボットを操作できる小型機器を
開発した。

 ヘアバンド型のセンサーを装着し脳の活動
状態をとらえる。
 データを処理する装置を弁当箱大の
大きさに収め、持ち運びを可能にした。
 リモコンが使えない難病患者向けに
3~4年後をメドに実用化する。

 脳波や血流といった脳が出す信号を
手掛かりに機械を操作する
「ブレイン・マシン・インターフェース
(BMI)」技術を応用した。
 BMIはここ数年、国内での研究開発が
盛んで、トヨタ自動車やホンダも研究を
本格化させている。
---------------------------------------

良いですね。

3~4年後をメドということなので、
まだ、具体的なイメージがどうこう
言う段階ではないですね。

どんな製品が出てくるのか楽しみです。

ゲームのようなものが既に出てますね。

|

« 世界初の直流超伝導送電・蓄電システムの研究開発 | トップページ | ダイハツが1位、レクサスを上回る…「故障が少ない」仏調査 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考えるだけで家電操作、日立が小型化 3~4年後実用化:

« 世界初の直流超伝導送電・蓄電システムの研究開発 | トップページ | ダイハツが1位、レクサスを上回る…「故障が少ない」仏調査 »