« 冥王星探査 | トップページ | 謙虚に生きる »

2010年1月21日 (木)

世界初、国際標準による臨床研究データ電子化収集サービスを開始

世界初、国際標準による臨床研究データ
電子化収集サービスを開始
―福島県立医大病院が実際の臨床研究を開始

2009 年10 月22 日
東京大学医学部附属病院

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東京大学医学部附属病院(*1)に設置
されている大学病院医療情報ネットワーク
(UMIN)(*2)は、2009 年10 月19 日(月)、
世界で初めて、治験データ交換の国際標準
であるCDISC 標準に基づいて、
インターネットを用いた電子化臨床研究
データの収集サービス(サーバ側)を
開始した。

これに対応して、2009 年11 月9 日(月)
福島県立医科大学附属病院(*3)が病院
情報システムと連携したCDISC 標準対応の
臨床研究データ入出力システム
(クライアント側)を実装し、実際の臨床
研究を開始する。

 CDISC 標準による電子化臨床研究データ
収集の利点は、

1)病院情報システムに既に電子化され
 て保存されている検査・処方データを
 臨床研究用に再度手入力する手間が
 大きく削減され、データの誤転記が
 なくなること、

2)臨床研究毎に異なっていたユーザ
 インターフェイスが医療機関内で
 統一されて使いやすくなる

 ことが挙げられる。
 これらによって、世界に先駆けて日本に
おける臨床研究・治験等
(特に大規模なもの)のデータ収集の
標準化・電子化が進み、質の高い
臨床研究が安価かつ容易に実施
できるようになると予想される。
---------------------------------------

世界初というのは、ちょっと以外でしたが
大いに期待しています。

福島県立医科大学附属病院が真っ先に
対応したことは、同じ福島県民として
誇らしく思います。

質の高い臨床研究が安価かつ容易に
実施できるようになると良いですね。

|

« 冥王星探査 | トップページ | 謙虚に生きる »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47351445

この記事へのトラックバック一覧です: 世界初、国際標準による臨床研究データ電子化収集サービスを開始:

« 冥王星探査 | トップページ | 謙虚に生きる »