« はやぶさ、地球の引力圏を通過する軌道に乗る | トップページ | 体重6キロ、日本一小さい?警察犬「くぅ」ちゃん誕生 »

2010年1月18日 (月)

遺伝子組み換えトウモロコシ、肝機能や腎機能への悪影響が認められる

遺伝子組み換えトウモロコシ、肝機能や
腎機能への悪影響が認められる

2010年01月18日 slashdot

---------------------------------------
 モンサント社の遺伝子組み換え
トウモロコシの摂取は腎機能や肝機能を
損ねる恐れがあることがラットを使った実験
で明らかになったそうだ(本家記事)。

 実験に使用された遺伝子組み換え
トウモロコシは、広域除草剤への耐性がある
「Roundup-ready」と呼ばれる1種と、
細菌由来のプロテインを含む殺虫属性を
もった2種の合計3種類。
 また、研究にはMonsantoの生データも
活用されたという。
 結論には「複数の遺伝子組み換え
トウモロコシをたった90日間与えたラット
にて腎機能や肝機能への明らかな悪影響が
確認されたため、この種の研究では
腎臓と肝臓に焦点を当てる重要性が
今回の分析で明らかになった」と記述
されており、他にも心臓や副腎、脾臓や
血球への影響も確認されたとのことだ。

 この論文は昨年12月のInternational
Journal of Biological Sciencesに掲載
されており、全文閲覧可能となっている。
---------------------------------------

これは、大変なことです。
心配になってきます。
有害である可能性が出てきた。

今まで、安全だと言ってきたわけだから、
今まで安全と言ってきた根拠はどこに
あったのでしょうか?

どの程度信頼性のある研究なのでしょうか?

日本では、この種の研究はどうなって
いるのでしょうか?
輸入している作物の安全性の担保はどう
なっているのでしょう?

影響は?
日本は、ほとんど輸入トウモロコシに頼って
ますよね。どうなるのかな?

|

« はやぶさ、地球の引力圏を通過する軌道に乗る | トップページ | 体重6キロ、日本一小さい?警察犬「くぅ」ちゃん誕生 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47327926

この記事へのトラックバック一覧です: 遺伝子組み換えトウモロコシ、肝機能や腎機能への悪影響が認められる:

« はやぶさ、地球の引力圏を通過する軌道に乗る | トップページ | 体重6キロ、日本一小さい?警察犬「くぅ」ちゃん誕生 »