« ハイブリッド車を凌駕も 高燃費ガソリンエンジン(マツダ、ダイハツ工業) | トップページ | 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 »

2010年1月 7日 (木)

小惑星が地球衝突? ロシアが専門委立ち上げ

小惑星が地球衝突? ロシアが専門委立ち上げ
2010年01月03日 slashdot

---------------------------------------
 AFPBB Newsの記事、MSN産経ニュースの
記事によると、2030年代に地球接近が予想
されているという小惑星アポフィスの地球
衝突を回避するべく、ロシア宇宙庁が専門家
による対策委員会を開くこととなったそうだ。

 ロシア通信によると、アポフィスは直径
350メートル程の小惑星で、2036年に地球
近くを通過するとみられ、この際に地球に
衝突する可能性があるという。

 同庁のペルミノフ長官曰く、「小惑星の
破壊や核爆破ではなく衝突を回避する」
としており、アポフィスの軌道をそらす
ための装置の開発を目指すとのこと。
 具体的な方策が決まれば、米国、欧州、
中国にも参加を呼びかける流れ。

 いっぽう、NASAの情報によると、以前の
データでは2036年にアポフィスが地球に
衝突する確率は4万5000分の1だったが、
最新のデータを使用しての再計算では、
その確率は25万分の1までになっている
とのこと。
 実際に衝突すれば、フランスとほぼ同じ
面積が荒野と化すと予測されている。
---------------------------------------

衝突確立が25万分の1ならば、そんなに
心配することもなさそうですね。
それに小さい、とは言っても衝突すると
大変です。

|

« ハイブリッド車を凌駕も 高燃費ガソリンエンジン(マツダ、ダイハツ工業) | トップページ | 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47228129

この記事へのトラックバック一覧です: 小惑星が地球衝突? ロシアが専門委立ち上げ:

« ハイブリッド車を凌駕も 高燃費ガソリンエンジン(マツダ、ダイハツ工業) | トップページ | 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 »