« 生活第一 輝け社員 | トップページ | NP学生時代の無保険者クリニックでのボランティア体験 »

2010年1月15日 (金)

有力研究者 アジアで争奪戦 「世界水準の大学目標」に

有力研究者 アジアで争奪戦
「世界水準の大学目標」に

広州支局・小林哲、編集局長室・高橋真理子
朝日新聞アスパラクラブ
科学面にようこそ

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 韓国は、08年に「世界級大学」計画を
始めた。
 ノーベル賞級をはじめ外国人研究者を招く
大学を支援。
 昨年は1600億ウォン(約130億円)
の予算をつけた。

 国立大であるソウル大学は以前は外国人
を正規教員に雇えなかったが、この計画で
可能となり一挙に50人を採用。
 海外有力大学の60人と兼任契約も
結んだ。
 さらに専任外国人教員を50人雇う。
「あらゆる分野で適任者がいれば採用
します」と同大国際部長のユン・ヒウォン
教授は話す。

 日本人で最初に着任したのは、獣医学部
の木村順平准教授。
 日本大学生物資源科学部から移った。
 英語による公開授業と面接を経て採用が
決まった。
 「給料は下がるし、正直いって迷った。
でも、韓国トップの大学で教える喜びは
大きい」

---------
 中国は08年末から、世界レベルの
研究者1千人を海外から引き抜く
「千人計画」を始めた。
 研究者には奨励金100万元
(約1340万円)を支給、税の優遇など
もする。
 所属する研究室の多くは国家重点実験室
にも指定される。


---------
 シンガポールは、00年にバイオ
メディカル産業の育成を国家目標に定め、
最先端の研究機材がある巨大拠点バイオ
ポリスを約3千億円かけて建設。
 分子生物学や再生医療などの有力研究者
を海外から次々に招いた。
 日本からもがん研究者の伊藤嘉明さんが
京都大を定年退職したときにスタッフと
ともに移った。

 08年には3棟の高層ビルの
フュージョンポリスを作り、コンピューター
や電子工学の研究者を集めている。
 国立大の強化にも取り組み、11年には
四つ目の国立大となる工科デザイン大を
開く。
 学長には米マサチューセッツ工科大の
元工学部長が就任する。

 科学技術庁のリム・チュアンプー長官は
「我が国は世界とつながっていないと
消えてしまうような小さな国。
 学生はみな留学させたいが、金がかかる。
 だから国内に世界一流の大学を作ること
が重要」と話した。
---------------------------------------

こういうニュースを見ると、危機感を
覚えます。

全く、日本の政治家は、鈍感。

アジアの国々は、これから、、

いろいろ問題もあるでしょう。
でも、この姿勢には見習うべきものが
あると思います。

いつも謙虚であること。

ナンバーワンなどと思った瞬間に
三流国になります。

既に三流国かも?
先進国でもないかも? 定義によりますが、

|

« 生活第一 輝け社員 | トップページ | NP学生時代の無保険者クリニックでのボランティア体験 »

経済・政治・国際ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有力研究者 アジアで争奪戦 「世界水準の大学目標」に:

« 生活第一 輝け社員 | トップページ | NP学生時代の無保険者クリニックでのボランティア体験 »