« AED救命 尻込み | トップページ | 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 »

2010年1月10日 (日)

ベテルギウスに爆発の兆候 大きさ急減、表面でこぼこ

ベテルギウスに爆発の兆候 大きさ急減、
表面でこぼこ

2010年1月10日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 オリオン座の1等星「ベテルギウス」で、
超新星爆発へ向かうと見られる兆候が観測
されている。
 米航空宇宙局(NASA)が6日に公開
した画像には、星の表面の盛り上がりと
みられる二つの大きな白い模様が写って
いた。
 この15年で大きさが15%減った
という報告もあり、専門家は「爆発は
数万年後かもしれないが、明日でも
おかしくない」と話す。
 もし爆発すれば、満月ほどの明るさに
なり、昼でも見えるようになる。

 冬の大三角の一つでもあるベテルギウス
は、赤色超巨星と呼ばれる巨大な星。
 直径は太陽の1千倍で、太陽系にあると
したら、地球や火星はおろか木星までが
覆われる大きさだ。
 重いため一生は短く、まだ数百万歳
(太陽は46億歳)だが、すでに寿命に
近い。
 最後は超新星爆発を起こし、
ブラックホールなどになるとされる。

 地球からの距離は約600光年。
 地球からベテルギウスを見ると、東京
から大阪に置いてあるソフトボールくらい
の大きさにしか見えず、これまでは大きな
望遠鏡でも点程度にしか見えなかった。

 だが近年は、複数の望遠鏡を組み
合わせて解像度を上げることにより、
その表面や周囲のガスの流れまで
撮影できるようになった。
---------------------------------------

観測技術が向上してきたんですね。

超新星爆発が実際に起こるところを
捉えることができたらすごいことです。
わくわくしますね。

いつ爆発するのでしょうか?
実際に見て見たいです。

そのうち爆発するのでしょうが、数万年先
ではね。

|

« AED救命 尻込み | トップページ | 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

非科学的な話で申し訳ないのですが
超新星爆発の時期に関連して少し気になる記事があるのですが
紹介させていただきます。
新約聖書ヨハネ黙示録18章より引用
18:1この後、わたしは、もうひとりの御使が、
大いなる権威を持って、天から降りて来るのを見た。
地は彼の栄光によって明るくされた。
18:2彼は力強い声で叫んで言った、
「倒れた、大いなるバビロンは倒れた。」
そして、それは悪魔の住む所、あらゆる汚れた霊の
巣くつ、また、あらゆる汚れた憎むべき鳥の巣くつとなった。
                       以上抜粋
これは人類の終末期に起きる出来事を描写したものの一部ですが
ベテルギウスの超新星爆発は、地球上を明るく照らすほどで
あることから、この時ちょうど超新星爆発が起きていると、
このように表現できると考えます。

投稿: nobu | 2018年4月 4日 (水) 04時16分

nobuさん、コメントありがとうございます。

そうなのかも知れませんね!

宇宙はダイナミックで、未知の世界。
宇宙探索の技術も日進月歩。
未知の世界の探索には興味を持っています。


投稿: haredasu | 2018年4月 4日 (水) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47252582

この記事へのトラックバック一覧です: ベテルギウスに爆発の兆候 大きさ急減、表面でこぼこ:

« AED救命 尻込み | トップページ | 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 »