« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の投稿

2010年1月31日 (日)

小国デンマークからの産業革命・上、下(産業部記者 宇野沢晋一郎)

小国デンマークからの産業革命・上
(産業部記者 宇野沢晋一郎)

2009-11-16 日経産業新聞online

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 この国の国土面積は日本のおよそ10分の1
(グリーンランドを除く)。

 狭い国土に日本のおよそ倍、約320万キロ
ワットの出力の風力発電機が運転している。

 現在、デンマークで使う電気エネルギーの
20%が風力発電によるもの。

 人口550万人の国で、風力発電産業の
従事者は約3万人に及ぶ。

 風力発電機はデンマークの輸出額の
7%を占め、最大の輸出工業品でもある。

 デンマークはその間、国内で大型風力
発電機の開発を急ピッチで進め、国内市場
をテコに国内メーカーを育成した。

 原発に変わりうる新たなエネルギー源
として、風力発電機の市場は90年代後半に
欧州で急拡大。
 技術を蓄積したデンマーク最大手の
ヴェスタスは、一気に世界シェアトップに
上り詰めた。

 欧州が中心だった風力発電の市場で
デンマーク企業は存在感を示し続けてきた。
 しかし、その市場が世界規模に拡大し、
その限界も浮かび上がっている。

 海外市場が年30?40%増の爆発的な伸びを
示すなか、独シーメンスや米ゼネラル
・エレクトリック(GE)など巨大資本が
参入し、競争は激化した。
 資本力の乏しいヴェスタスのシェアは
少しずつ低下。
 市場ができてからずっと維持するトップ
の座もGEの追い上げの前に、もはや
風前の灯火だ。
 デンマーク風力発電協会によると、昨秋
の金融危機の影響などもあり、2年の間に
風力発電機産業の雇用が2000人程度
失われた。

 日本であれば大騒ぎになりそうな主力
産業の斜陽。
 それでも、デンマーク投資庁の
オーレ・フリジスメンソン・ディレクターは
「再生可能エネルギー源が1つじゃダメ。

 風力だけなんてナンセンス」と事もなげ
にいう。
 彼は風力を補うエネルギー産業として
バイオマス(生物資源)を挙げた。
---------------------------------------

>「再生可能エネルギー源が1つじゃダメ。
  風力だけなんてナンセンス」

同感です。多様でなければ、駄目です。
素晴らしい考え方です。
次が後半です。

小国デンマークからの産業革命・下
(産業部記者 宇野沢晋一郎)

:2009-11-23 日経産業新聞online

---------------------------------------
 「自転車に気をつけて!」??。
 コペンハーゲンでタクシーを降りるとき、
運転手からはこんな声がかかる。

 主要な道路には車道と歩道の間に
“自転車道”が設けられ、多くの市民が
通勤・通学の足に利用している。

 自転車が増えたのは、高い取得税が
かけられた自動車が高根の花だから。

 政策誘導でガソリンを大量消費する
クルマ社会からの転換を加速。
 同時に、電気自動車を核に据えた次世代
インフラ作りも始まっている。

 世界最高とされるデンマークの自動車
取得税。ガソリン車の購入には180%もの
税金がかかる。
 100万円の軽自動車でも、購入価格は
280万円と外国車並みになる。

 この取得税がゼロになる車種がある。
 ガソリンを使わない電気自動車だ。
 デンマーク3位のレンタカーチェーン、
SIXTはこの優遇を生かし、本格的な
電気自動車レンタルを、今年から始めた。

 電気自動車の利用が増えれば、電気の
利用が増える。
 新たに必要になる電気を、デンマークは
風力発電など再生可能エネルギーで
まかなう想定だ。
 再生可能エネルギーと電気自動車??。
 次世代を担う新たなインフラをつなぎ、
効率よく運用する仕組み作りが、1年半前
からバルト海に浮かぶ孤島を舞台に模索
され始めた。

 バルト海に浮かぶボーンホルム島は人口
5万人弱の観光の島だ。
 強い風が安定して吹く地形を生かし、
現在も必要な電力の33%を風力発電で
まかなっている。
 スウェーデンと送電線でつながり、島内
の電力需要より多く風力発電した場合は、
これまで送電線を通じて国外に売っていた。

 もっとも、化石燃料の消費を減らせる
自然エネルギーはなるべく、自国で
使いたい。
 そこで、電気自動車が搭載する蓄電池内
に余った電気をため置いて、需給の調整に
使おうとする構想が生まれた。
 実験に使うため、11年までに島内で
郵便配達車や福祉サービス用車両として、
50台の電気自動車を導入する。

 日本で「これから」とされる動きが、
現実に進むデンマーク。低炭素化を
発端とする「21世紀の産業革命」はもう
始まっているのかも知れない。
---------------------------------------

すごいですね。
どうしてこんな強力な政治主導が出来る
のでしょうか?

安定して、風が吹く立地条件も関係して
いるのでしょうが、再生可能エネルギー
に対する考え方が根本から違うように
思えます。

目標に向かって国として動いている感じ
です。

手本にすべきではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

電気自動車は本当に環境に優しいのか--ドイツの研究から明らかになった課題

電気自動車は本当に環境に優しいのか--
ドイツの研究から明らかになった課題

2009/05/11 CNET Japan

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 電気自動車がもたらす環境上の利点に
対して、ドイツで疑問の声が上がっている。

 疑問を呈しているのは、意外なことに
環境保護団体だ。

 しかし米国の電気自動車ロビー団体は、
そのリスクは米国には当てはまらない
と主張している。

 環境保護団体である世界自然保護基金
(WWF)のドイツ支部は、未来のエネルギー
システムを研究するドイツの機関IZESと
協力して、同国における電気自動車による
環境への影響について研究を行った。

 ドイツは、米国と同様に、電気自動車の
導入について野心的な目標を設定している。

 現在4100万台の自動車があるドイツでは、
2020年までに100万台の電気自動車または
プラグインハイブリッド車を導入する
ことを目指している。

 今回の研究の結論は、これらの電気
自動車によって削減される温室効果ガスの
量はごくわずかにすぎないというものだ。

 「驚いたのは、二酸化炭素の削減量が
非常に小さいことだった」。
 WWFドイツの自動車専門家Viviane
Raddatz氏はベルリンからの電話
インタビューでこのように述べた。

 同研究によると、この100万台の電気
自動車によりドイツの交通運輸の分野で
削減される二酸化炭素排出量はわずか1%で、
ドイツ全体での二酸化炭素排出量の削減は
0.1%にとどまるという。

 Raddatz氏は「大きな数字とはいえない」
と述べ、「交通機関からの大量の排出量
という問題の解決には役立たない」
と付け加える。

 最悪のシナリオは、電気自動車が再生
可能なエネルギー源からではなく、石炭
による電力で走行するというものだ。

 これは、夕方にプラグイン車を充電する
ために追加の電力が必要となった場合に
起こる可能性がある。
 帰宅する通勤者たちによって電力使用が
すでにピークに達している時間帯に、電力
の需要が大幅に高まる可能性がある。

 現在、マージナル電源を供給するドイツの
発電所は石炭を燃料としている。

 同研究では、主たる問題はこの点だと
しており、石炭は、同量のエネルギーを
生み出すのにガソリンさえも上回る量の
二酸化炭素を排出すると付け加えている。

 WWFは、エネルギー負荷を管理する
スマートなシステムとバッテリ充電システム
があれば、ピークを夜間に分散して平準化
できるとしている。
 同研究では、100万台を超える自動車が
充電される場合、負荷管理が不可欠となる
が、スマートグリッドだけでは不十分だと
いう。大量の電力貯蔵も必要となる。

 「自動車のバッテリとは別に、ほかの
種類の蓄電装置も開発する必要がある。

 再生可能なエネルギー源から大量の
エネルギーを得られるようにしなければ、
二酸化炭素は削減されない」(Raddatz氏)

 ドイツでは原子力発電を2020年までに
段階的に廃止することが決議されたため、
WWFの今回の研究では、2020年より後の
エネルギー源として原子力は考慮されて
いない。

 このドイツの研究はエネルギー効率のみ
を対象としたもので、電気自動車の経済性
については考慮していないが、電気自動車
の可能性を完全に否定しているわけでは
ない。

 同研究は、電気自動車が、個人向けの
低炭素の都市型移動手段という役割を将来
担う可能性があることを強調している。

 また、マージナル電源はクリーンな
エネルギー源とスマートグリッドから供給
されるべきであり、スマートな負荷管理が
必要だとも提案している。

 しかし、そのようなシステムの開発には
長い時間がかかるということが強調されて
いる。

 「電気自動車は低炭素型の未来の移動
手段として真剣に検討するべき選択肢だが、
成果を上げるには再生可能エネルギーと
組み合わせなければならない」(Raddatz氏)
---------------------------------------

思ってもいなかった問題です。

確かに、ドイツではそうなのでしょう。
盲点でした。

そんなに簡単に低炭素社会は実現
出来ないようです。

電気自動車の比率が増えれば、かなり
改善できると思っていたのですが、
そうではないケースがあるようです。

真剣に低炭素社会を実現しようとすれば、
電気自動車への供給電力を何によって
賄うのかが重要になります。

出来る限り再生可能エネルギー量を増やし、
スマートグリッドと、夜の電力ピークを
やり過ごすために蓄電設備も必要となるの
かも知れません。

今から、真剣に将来を見越して、どういう
電力システムにすべきかを検討する必要が
あるように思えます。

強力な国の主導が求められます。

日本は、原子力発電の比率が高いので
ドイツの研究とは、違った結果に
なるとは思いますが、原子力発電は
再生可能エネルギーではありません。
いづれ枯渇しますし、廃棄の問題も
あり、お勧めできません。

国は、どういう舵取りをしようと
しているのでしょうか?

主たる電力を原子力にするのは、
疑問。本当に正解なのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨年の自殺者は3万2753人 12年連続で3万人超

昨年の自殺者は3万2753人 
12年連続で3万人超

2010年1月26日 朝日新聞


---------------------------------------
 警察庁は26日、昨年1年間に全国で自殺
した人は、前年より504人多い
3万2753人(暫定値)だったと発表した。

 12年連続で3万人を超え、統計のある
1978年以降では5番目に多かった。

 同庁によると、自殺者数は98年に初めて
3万人を超えて以降、それを下回らず、
高止まり傾向が続いている。
 自殺者数は遺体が発見された都道府県別、
月別で集計されている。
---------------------------------------

悲惨な状況と言わざるを得ない。
こんな状況をほっておいて良いのですか?

このことに対する具体的な対策として
政府は、何をしているのでしょうか?

何年も、統計をとっているのだから、
状況は、分かっているはす。
何のための統計ですか?

---------
関連情報です。
図録自殺率の国際比較

リンクを参照してください。
---------------------------------------
 日本は欧米先進国と比較すると確かに
世界1の自殺率となっている。

 さらに範囲を広げた国際比較では、
図のように、日本は、ベラルーシ、
リトアニア、ロシア、カザフスタン、
ハンガリーに次ぐ世界第6位の自殺率の
高さとなっている。

 このように国内の混乱が続く体制移行国
に次いで高い自殺率ということから日本の
自殺率はやはり異常な値であるといわざる
を得ない。
---------------------------------------

原因は、なんなんでしょうか?
格差社会のせいだけでもないと考えます。
格差は、圧倒的に米国が大きい。
米国は43位です。

日本は、セーフティネットが穴だらけ
だからなのか? 原因をしっかり
突き止めて、至急対策を打って下さい。

事実として、わかっているのに、
有効な対策をなんら打ってこなかった。
日本は冷たい国としか言いようがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米FDA MSに伴う歩行障害改善薬を承認

米FDA MSに伴う歩行障害改善薬を承認
2010/01/26 ミクスOnline

参考情報です。全文を見るためには、
有料会員登録が必要なようです。
---------------------------------------
 米FDAは、1月22日、多発性硬化症(MS)に
伴う歩行障害改善治療薬Ampyra
(dalfampridine)徐放錠を承認した。

 “MSに伴う歩行障害の改善について”
適応を取得した薬剤は世界で初めて。

 MSに罹患すると、障害を受けた脳・脊髄
の部位により、運動能力障害、視覚障害、
感覚低下、四肢脱力・麻痺、記憶障害、
言語障害、排尿障害など各種症状が発現
するが、同剤は臨床試験で歩行障害の改善
が認められた。
 なお、同剤は単剤あるいは、免疫調整剤
など他のMS療法との併用が可能だ。
 臨床試験における副作用は、尿路感染症、
不眠症、頭痛、腰痛、悪心、めまい、
平衡障害、便秘、下痢、胸焼け、皮膚掻痒
など。
---------------------------------------

米国は、承認が早いですね。
日本は遅い。
患者が幾ら言ってもほとんど変わらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皮膚から直接神経細胞、iPS使わず新方式

皮膚から直接神経細胞、
iPS使わず新方式

(2010年1月28日10時21分 読売新聞)

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 iPS細胞(新型万能細胞)を使わず、
マウスの皮膚細胞から直接、神経細胞を
作り出すことに、米スタンフォード大の
研究チームが成功した。

 神経以外にも様々な組織や臓器の細胞を
作り出せる可能性があり、人に応用
できれば、iPS細胞よりも安全で簡便な
方法として再生医療などに役立ちそうだ。

 28日付の科学誌ネイチャーに発表する。

 研究チームは、マウスの神経細胞ができる
時に働く遺伝子19種類を選んだ。
 うち3種類を同時に生後3日のマウスの
皮膚細胞に入れると、細胞の形が変化し、
約10日後には色々な種類の神経細胞に
なった。

 国立成育医療センター研究所の阿久津英憲
・生殖技術研究室長は「鍵になる遺伝子が
わかれば、どんな細胞もできることが
ハッキリした」と高く評価。
 遺伝子の組み合わせを変えれば、神経以外
にも様々な細胞を作り出せる可能性がある。

 細胞を受精卵に近い状態に若返らせる
iPS細胞を再生医療に使う場合、患者へ
の移植まで最短で2か月かかるうえ、
腫瘍しゅようができやすい。
 新方式では若返りは起きていないと
みられ、iPSの課題をかなり解決できる
一方、細胞を大量に増やせないなどの
欠点がある。

 山中伸弥・京都大教授の話「人の細胞
でも可能かどうかなど、さらに検討が
必要だが、今後の発展次第では
(再生医療や創薬に)使える可能性がある」
---------------------------------------

こんな方法があるんですね。
一長一短がありそうです。

でも解決策は、一つではなく多様に
ならざるを得ないと思います。

ES細胞研究も、iPS細胞研究も、
今回の研究も目指すものは一つ。

共に、安全で有効な治療法を目指すのみ。

期待しています。

---------
関連記事として
神経幹細胞:慶応大チーム、作り出す
ことに成功

毎日新聞 2010年1月28日 東京朝刊

があります。ご参考。
---------------------------------------
 慶応大の岡野栄之教授(再生医学)の
研究チームは27日、大人のマウスの
線維芽細胞に複数の遺伝子を導入し、
神経細胞の元になる神経幹細胞を作り出す
ことに成功したことを明らかにした。

 導入した遺伝子は、米スタンフォード大
の研究とは全く異なり、できた神経幹細胞
から、神経細胞や神経細胞の働きを支える
「グリア細胞」を分化させることにも成功
したという。【須田桃子】
---------------------------------------

期待しちゃいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

ドコモ、Andoridスマートフォン「Xperia」を発表 - 4月発売予定

ドコモ、Andoridスマートフォン「Xperia」
を発表 - 4月発売予定

2010/01/21 マイコミジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 NTTドコモは21日、同社スマートフォンの
新製品「Xperia」(ソニー・エリクソン・
モバイルコミュニケーションズ製)を発表
した。発売は4月を予定。

 Xperiaは、ソニー・エリクソン初採用の
Andorid OS(1.6)をベースに開発。

 オートフォーカスカメラおよび顔認識
エンジンを搭載しており、「電話帳」の
顔写真と連動し、撮影した写真の顔に名前
を表示。名前をタッチすると、電話や
メールを送信できる。

 CPUのクロック周波数は1GHz。
 内蔵メモリはROM:1GB、RAM:384MB。
 本体サイズは約W63×D13.1×H119mm、
重量139g。
 ディスプレイサイズは、約4.0インチ
フルワイドVGA(480×854/フルタッチ
パネル)。
 連続待受時間は、3G:約300時間、
GSM:約230時間。
 カラーバリエーションは、
Sensuous Black/Luster White。
---------------------------------------

ついに、ドコモから「スマートホン」が
発売されるようです。

今後出てくるであろうi-Phone 4Gと比べて
どうでしょう?

私には、現在のi-Phone 3Gと比べてさえ
それほど魅力的とは思えません。

コストパフォーマンスは現在のi-Phone 3G
がベストのような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指の静脈が鍵になる

指の静脈が鍵になる
ソニーが開発した指静脈認証技術
“mofiria”(モフィリア)

My Sony Mail Magazine

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 指紋や目の虹彩など、人間の身体的特徴
を利用した生体認証はパスワードより強固
な個人認証が可能なため、近年とくに注目
を集めています。

 ソニーは、高速かつ高精度で快適な
操作性を実現した「指静脈認証」技術
“mofiria”(モフィリア)を開発
しました。
 生体認証による個人認証でわたしたち
の生活はどのように変化するのか。
 指静脈認証技術“mofiria”に秘め
られた可能性に迫ります。
---------------------------------------

なかなか良さそうですね。
これからは、PCもこのような個人認証が
一般的になるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犯罪死究明の体制強化 警察庁研究会29日発足

犯罪死究明の体制強化 
警察庁研究会29日発足

(21日 15:09) NIKKEI NET

---------------------------------------
 犯罪の見逃しを防ぐため、警察庁は21日、
遺体の死因を究明する制度のあり方を議論
する有識者の研究会を29日に発足させる
ことを決めた。

 不審死が相次ぐなか、貧弱さが指摘される
遺体の解剖や検視の体制強化など、
死因を確実に解明するための制度改革案を
検討する。

 研究会は今年夏をめどに方向性を固め、
年末にも最終提言をまとめる方針。

 中井洽国家公安委員長はすでに、死因
究明制度を抜本的に見直す法案を2011年
の通常国会に提出したいとの考えを
明らかにしている。

 警察庁によると、研究会の委員は刑法や
法医学などの専門家ら10人。
 警察庁の金高雅仁刑事局長のほか、
法務省から落合義和刑事課長も参加する。
 座長には佐藤行雄・前国家公安委員が
就く。
---------------------------------------

良いことだと思いますが、
下記の意見も参考にして貰いたい。
問題がいろいろ出そうです。

日経メディカル ブログ:海堂尊の
「死因不明でいいんですか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症
治療学寄附講座ブログに下記更新情報が
ありましたので、載せておきます。

1.FTY720とクラドリビン

---------------------------------------
 これらの結果については以前にもご紹介
していますが、いずれの試験においても
有意な再発率の減少と疾患活動性の抑制が
示されており、重篤な副作用が稀に
見られるものの、インターフェロンに
代わる可能性のある薬剤として非常に有望
で期待されます。

 いずれの薬剤も昨年末にアメリカや
ヨーロッパで承認申請が行われており、
2年以内の発売を目指しています。
---------------------------------------

とのことです。
有望そうで有り難いことです。

>重篤な副作用が稀に見られるものの
というのが気になりますが、

承認を待ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界初、iPS細胞の出現の瞬間が見えた!

世界初、iPS細胞の出現の瞬間が見えた!
―iPS細胞への転換メカニズム解明に
大きな前進―

平成22年1月14日
独立行政法人 放射線医学総合研究所

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 長時間にわたって細胞ひとつひとつを
時系列的に動画として記録する方法を用いて、
世界で初めてiPS細胞出現の瞬間の撮影に
成功しました。

 この映像から、体細胞からiPS細胞への
変化は、早いものではiPS化の処理後数時間
で始まり、48時間以内にはiPS化する
ほとんどの体細胞で変化が始まっている
ことがわかりました。

 この研究成果は、iPS細胞の生成
メカニズムの解明に大きな前進を
もたらすものであり、今後、より安全な
iPS細胞の作製やiPS化促進因子の発見
などにも貢献するものと期待されます。

 本成果は、幹細胞学の国際誌
『Stem Cells』に近く掲載されます。
 また、iPS細胞が出現する瞬間の動画は
放医研ホームページからダウンロード
できます。
---------------------------------------

素晴らしいです。
動画が見えますよ。

これで、さらにiPS細胞研究が
進むとよいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米国の「ひざ関節学会」の扉をこじ開けた整形外科医 松田秀一さん

米国の「ひざ関節学会」の扉をこじ開けた
整形外科医 松田秀一さん
2010/01/19 朝日新聞 ひと

---------------------------------------
 今は痛まなくても、ひざに問題を抱える人
は多い。
 「最近の試算では変形性関節症の人は5人
に1人」。
 十数年間、患者のひざと向き合い、
年200件の手術をこなす。
 その一方で100本以上の英語論文を
書き、130回も国際学会で発表、
米国の専門医学会をうならせた。

 整形外科学会で最も閉鎖的とされる
Knee Societyの会員に昨秋、
アジアから初めて選ばれた。
 今後は、学会での発表が権威ある専門誌
を通じて世界に発信される。

 手術精度の向上に力を注ぐ。
 自動車のカーナビのように手術をガイド
する「オペナビ」システムを2002年、
国内で初めて勤務先の九大病院に導入した。
 3次元のナビに沿って計画通りに手術し、
医師の錯覚を減らす試みだった。
 「医師からすれば年間200例ある手術
でも、患者にとっては一生に一度あるか
ないか。
 地域や医師の技量によって大差があっては
いけない」
---------------------------------------

すばらしい先生ですね。
頑張ってください。

特に素晴らしいと思うのは、

>「医師からすれば年間200例ある手術
>でも、患者にとっては一生に一度あるか
>ないか。
>地域や医師の技量によって大差があっては
>いけない」
同感です。

その為にオペナビシステムを導入した。
素晴らしいと思います。

期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毛髪から高濃度水銀 鯨肉食関連か 太地町の50人調査

毛髪から高濃度水銀 鯨肉食関連か
太地町の50人調査

2010年1月22日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
「捕鯨の町」として知られる和歌山県太地町
で、鯨肉を食べる住民の毛髪から日本人平均
の10倍を超える水銀が検出され、一部で
世界保健機関(WHO)の安全基準を超えて
いることが分かった。

北海道医療大などが住民50人を調べた。

鯨肉の水銀汚染は国内外で報告されており、
長期間、食べ続けたことで、人体に蓄積
された可能性が高い。
環境省も全町民を対象に健康への影響が
ないか、調査中だ。

太地町は全国に5カ所ある小型捕鯨の
拠点のひとつ。
国際捕鯨委員会(IWC)が禁止して
いない小型鯨類を湾内に誘導して捕る
追い込み漁が盛んだ。

 北海道医療大の遠藤哲也准教授(中毒学)
第一薬科大の原口浩一教授(分析化学)ら
は2007年12月~08年7月に小学生
から80代までの町民50人から毛髪を
提供してもらい、水銀量を測定した。

 この結果、月に1回以上、鯨肉を食べると
答えた28人の平均濃度は、24.6ppm
(ppmは100万分の1)で、日本人の
平均濃度の10倍以上だった。
 このうち、50代以上の3人は、最高で
67.2ppmと、WHOが神経障害など
を発症しかねない基準とする50ppmを
超えていた。
 震えなど水銀による健康被害とみられる
症状がある人はいなかった。

 太地町民の健康調査をしている環境省
国立水俣病総合研究センターの岡本浩二
所長の話
 データが少ない現段階で、直ちに鯨肉の
摂取を禁止する必要はないだろう。
水俣病を発症した患者の毛髪水銀濃度は
100~700ppm程度という調査が
あり、今回の調査対象の方はそれより、
かなり低い。
 我々はいま、太地町の町民に対して、
皮膚の痛覚や触覚などの感覚に障害が
出ていないか調査中だ。
 早ければ今春にも結果をまとめたい。
 循環器系への調査も検討し、鯨肉などに
含まれる水銀による健康への影響を
科学的に明らかにしたい。

 立川涼・愛媛県環境創造センター所長
(環境化学)の話
 鯨やマグロなどを食べ続ければ、水銀が
蓄積され、その濃度が高くなることはあり
得る。
 今回、調査を受けた住民に震えなどの
異常がないなら、直ちに危険とはいえない。
 水銀には複数の種類があり、水俣病など
神経障害を起こすメチル水銀が蓄積して
いるか、詳しく調べる必要がある。
 毛髪の水銀濃度が高ければ、継続して
注意していくべきだろう。
---------------------------------------

恐ろしい話しですね。

鯨を多く食べている人ほど、毛髪の水銀
濃度が高い。鯨は海における食物連鎖
の頂点に立っているということにもなり
ますね。

その危険性については、調査中ということ
なので、見守りたいと思いますが、
くれぐれも、遅滞なくアラームを出して
貰いたいと思います。

海はもうずいぶん汚染されているようです。

海がもう危険を身近に感じるほど
汚染されてきたということに驚きと、

注意を払っていかなければいけない
時代になってきたのだと認識しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

高強度で自己修復性のあるアクアマテリアルの開発に成功

高強度で自己修復性のある
アクアマテリアルの開発に成功

平成22年1月21日
科学技術振興機構(JST)

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 JST目的基礎研究事業の一環として、
東京大学 大学院工学系研究科の相田 卓三 
教授らは、高強度で透明なアクアマテリアル
の開発に成功しました。

 このアクアマテリアルは、95%以上の
水分を含んでいて、2~5%の層状粘土鉱物
(クレイ)注1)と、わずか0.4%に
満たない有機高分子化合物と水を混ぜる
だけで簡単に得られ、今までに知られている
どの含水材料よりはるかに高い強度を持ち、
形状保持性とともに自己修復性も有して
います。
 これらの優れた性質は、このアクア
マテリアルの分子が非共有結合性の相互
作用のみによって形成されているためです。

---------
<今後の展開>

 今回開発された水を主成分とする
アクアマテリアルは、環境に優しく、
容易に作製することができます。
 また、非共有結合でできているために
自己修復性であるという特徴と十分な
強度を持つことからどんな形にも成形する
ことや、いくつもの成形物を貼り合わせて
より複雑な形状にすることもできます。
 さらに生理活性物質を取り込むことも
できるので、異なる酵素活性を持たせた、
いくつかのブロックを貼り合わせて反応
シーケンスの場をデザインできる可能性が
あります。
 このように、今回開発した材料は究極の
環境無負荷材料のプロトタイプとして、
「超分子化合物」や「主に水でできた材料」
は強度がなく実用できないという従来の
概念を打ち破り、バイオリアクター用材料
および骨、軟骨などの再生材料や代替材料、
アクチュエーター材料など、さまざまな
応用分野を切り開く可能性を持つものです。
---------------------------------------

究極の環境無負荷材料のプロトタイプ
ということで画期的。

主に水で出来た材料とは思えない。
これからの展開に期待、
というところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【隠れた世界企業】手作りで「生音」を再現

【隠れた世界企業】手作りで「生音」を再現
スタックス
(埼玉県三芳町、ヘッドホンの製造・販売)
2010年1月21日(木)日経ビジネスONLINE

興味のある方は、リンクを参照して
ください。

---------------------------------------
 ジャズやクラシック界のピアニストの
巨匠として知られるキース・ジャレットは
ある雑誌の取材で、自慢のオーディオ
コレクションとして
「ヘッドホンはスタックス」と答えている。

 オーディオマニアたちを唸らせる音響機器
は、米マッキントッシュなど欧米メーカーが
主流の業界だ。
 強豪がひしめく中にあって、世界のトップ
アーティストが惚れ込み、音のプロたちが
こぞって使うヘッドホン。
 その生みの親は、埼玉県三芳町にある
スタックスという零細企業だ。

 オーディオだけではない。目黒陽造社長は
「どのような音を発信しているかを検査する
ため、NHKの全国のFM局が使っていると聞く。
 加えて大学や企業など音に関する研究を
する場所でもほとんど採用されている」と
明かす。
 独メルセデス・ベンツの開発現場では、
室内で異音が発生しないか、走行試験の
際にスタックスのイヤースピーカーを
使って検査するという。
---------------------------------------

スタックス」久しぶりにこのメーカーの
ことを目にしました。

元、オーディオマニアとしては、実に
なつかしい。

いったん倒産して、今はたったの12人で
やっている零細企業なのですね。
知りませんでした。

まだ、捨てられないで、以前購入した
イヤースピーカーを持っています。

スピーカーはイギリス、QUAD社の
コンデンサスピーカーを持っていました。

コンデンサスピーカーの音は、
好きな人にとっては、どのような
スピーカーとも代え難いものです。

こういう記事を見ると魅力を感じますね。
昔の血が騒ぐというか、

良いオーディオ装置を持っていない
ので、高級なイヤスピーカーを買う
のも不釣り合いになってしまうので、
どうするか?

このイヤースピーカーで聞くに値する、
音源も無いし。

「スタックス」頑張ってください。
良いものをいつまでも、

| | コメント (3) | トラックバック (0)

謙虚に生きる

謙虚に生きる(2010年1月20日)
鎌田實の見放さない・ブログ

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 2008年9月、かわいそうな事件が
起きた。
 子どもをほしいと願う女性が、体外受精
を試みた。
 体外受精は成功した。
 受精卵は見事におなかで育ちはじめた。
 喜んでいたのもつかの間、他人の受精卵
であることがわかった。
 悲しみのなかで、人工中絶をした。
 許せない凡ミスである。

 人間はミスをする動物である。
 どんなに優れた人も失敗をする。
 それが人間。
 ミスをなくすことはできない。
 少なくするだけ。

 だからこそ、命にかかわる医療者は
行動変容が必要。
 常に謙虚でありたいと思う。
 失敗しても、取り返しのつかない状況に
しないために、何度もチェックが必要
なのだ。
 「神の手」に近い操作をするときには、
慎重であるべきだ。

 病院側は、「ミス」といって、陳謝すれ
ばすむが、女性にとってはたまらない。
 母になる喜びを一瞬にして奪われた
のである。
 しかも、少しの間、自分の胎内で育ち
だした子どもを人工中絶する。
 赤ちゃんだってたまらない。
 体外受精で無理矢理生み出され、人工
中絶で殺される。
 赤ちゃんだって、こんなことを
思っているかもしれない。

 「いいかげんにしてよ。私の命を
もてあそばないで」

 こんなことを見させられると、科学の
進歩が悲しいものになる。
 科学を暴走させないためには、科学を
コントロールする哲学が必要。

 2006年6月アメリカのイリノイ州
でも事故が起きた。
 腎移植をする患者が、すべて準備を
終えて手術台で待っていた。
 あとはドナーの腎臓が届くのを待つ
ばかり。
 そこに届いたのは、なんと心臓だった。
 臓器の斡旋機関が、ラベルを貼り
間違えたのが原因だったという。

 腎臓移植の手術のために、時間を合わ
せて臓器を取り出そうと待っている
ところに、臓器が届き、ふたを開けたら
心臓が出てきたというのだから、手術室の
医師たちも、さぞびっくりしたことだろう。

 臓器の斡旋機関に注文を出して、臓器を
届けさせるシステムというのは、じつに
合理的だ。
 あまりにも合理的であり、何か滑稽な
システムのようにも思えてしまう。
 不謹慎ではあるが、電話一本で注文する、
宅配ピザにどこか似ている。
 便利といえばたしかに便利になった
のかもしれないが、これを進歩といって
いいのであろうか。

 腎臓を待っている人に腎臓が届けば、
これこそ科学の進歩の恩恵と思って、
何も疑わない。
 命について深く考えることもなく、
現実に流されていく。

 だが、その科学の進歩の恩恵も、危うい
バランスのうえに成り立っていることを、
これらの事故は物語っている。
 体外受精や臓器移植など自然に与え
られた人間の能力を超えるようなことを
するときには、特に謙虚さを忘れては
ならない。

 急激な進歩を続けざるをえなくなった、
21世紀という時代のなかで、ぼくたちは
「謙虚さ」という言葉をかみしめないと
いけない。
---------------------------------------

鎌田實さん、
良い話しをいつもありがとうございます。

同感です。いつも「謙虚」であること。

人間はミスをする動物であることを前提
にしたシステムを構築することが大事で
すね。

ミス自体には出来る限り寛容であるべき
だと思います。

大切なのはその後、
ミスを反省材料として、ミスを出さない
システムを構築すること、
個人攻撃のみで、その後がないとすれば、
何のためのミスだったのかとなる。
謙虚に反省し、行動することが大事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界初、国際標準による臨床研究データ電子化収集サービスを開始

世界初、国際標準による臨床研究データ
電子化収集サービスを開始
―福島県立医大病院が実際の臨床研究を開始

2009 年10 月22 日
東京大学医学部附属病院

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東京大学医学部附属病院(*1)に設置
されている大学病院医療情報ネットワーク
(UMIN)(*2)は、2009 年10 月19 日(月)、
世界で初めて、治験データ交換の国際標準
であるCDISC 標準に基づいて、
インターネットを用いた電子化臨床研究
データの収集サービス(サーバ側)を
開始した。

これに対応して、2009 年11 月9 日(月)
福島県立医科大学附属病院(*3)が病院
情報システムと連携したCDISC 標準対応の
臨床研究データ入出力システム
(クライアント側)を実装し、実際の臨床
研究を開始する。

 CDISC 標準による電子化臨床研究データ
収集の利点は、

1)病院情報システムに既に電子化され
 て保存されている検査・処方データを
 臨床研究用に再度手入力する手間が
 大きく削減され、データの誤転記が
 なくなること、

2)臨床研究毎に異なっていたユーザ
 インターフェイスが医療機関内で
 統一されて使いやすくなる

 ことが挙げられる。
 これらによって、世界に先駆けて日本に
おける臨床研究・治験等
(特に大規模なもの)のデータ収集の
標準化・電子化が進み、質の高い
臨床研究が安価かつ容易に実施
できるようになると予想される。
---------------------------------------

世界初というのは、ちょっと以外でしたが
大いに期待しています。

福島県立医科大学附属病院が真っ先に
対応したことは、同じ福島県民として
誇らしく思います。

質の高い臨床研究が安価かつ容易に
実施できるようになると良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

冥王星探査

冥王星探査
JAXA Space Information Center

興味のある方は、リンクをどうぞ、

2006年1月20日
冥王星探査機ニューホライゾンズ打上げ
(約9年かけて冥王星に向かう)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【2010年1月14日 朝食きちんと摂る効果 】

【2010年1月14日 朝食きちんと摂る効果 】
Science Portal

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 川島隆太・東北大学教授(加齢医学研究所
スマート・エイジング国際共同研究センター
長)が、12日興味深い調査結果を発表した。

 調査結果から「受験・大学生活・就活
・現在の生活において、朝ごはん習慣を
身につけている人は『偏差値65以上の第一
志望の大学に現役合格し、就活もスムーズ
で、自分が選んだ第一志望の道を歩み、
年収1,000万以上を手に入れている』という
ような成功者の人生を歩む傾向がある
ことが浮かび上がった」。

 プレスリリースによると「朝ごはん習慣
を身につけていない小・中学生の学力が
低いことは、文部科学省の調査で明らかに
なっている。
 加えて当研究室がこれまでに行った調査
研究からは、朝ごはん習慣を身につけて
いないと、学力どころか脳の働き自体が
低い(脳が発達していない)ことが明らかに
なった。
 また、朝食で、おかずをバランス良く
食べないと、同じように脳の発達が悪く
なることも証明された。
 実際に、脳の働き方を最先端の脳機能
計測装置(functional MRI)で測定をすると、
バランスよく朝食をとった時の方が、
より脳が働いていることが証明されている」
という。

---------
 詳しい調査結果も付記した分かりやすい
プレスリリースによって、きちんとした
食生活の重要性を再認識した方は多いと
思われるが、当編集部としては1点気に
なったことを付記したい。

 偏差値65以上といった難関大学に見事
合格したような人、会社に入ってからも
相応の処遇を受けているような人の大半は、
元々きちんとした性格だから当然、食生活
も普通の人より規則正しかった、という
側面もあるのではないだろうか。
---------------------------------------

面白い話しですね。

どうでしょうか?
記事を書いた編集部の意見も一理ありだと
思います。

プレスリリースへのリンクもありますので
見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「運動による海馬ニューロン新生の増強機構の解明~運動による認知症予防へ新たな展開」

「運動による海馬ニューロン新生の増強
機構の解明
~運動による認知症予防へ新たな展開」

(2010年01月19日) 東京大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 年齢を重ねるにつれて記憶力や学習効率は
低下してしまうが、この現象には海馬で
新しく生み出されてくるニューロン数の
減少が関与している。

 今回、老齢マウスを用いた研究によって、
かなり高齢になっても、運動によって
海馬の神経幹細胞が活性化し細胞増殖が
増強することで、新生ニューロンの数が
増加することが判明した。

 この運動による神経幹細胞の活性化には、
アセチルコリンニューロンが必要である
ことがわかった。
 また、アルツハイマー病の治療に使われ
ている薬剤(ドネペジル)によって脳内の
アセチルコリンの量を増やすことに
よっても、神経幹細胞の増殖が増強され、
ニューロン新生が促進されることが
わかった。

 運動によって中高齢者の認知機能が改善
されることは良く知られているが、今回の
研究から、運動は、薬と同じような仕組み
で脳に働きかけることで、脳の老化防止に
効いていることがわかった。

 本成果が、認知症の予防に関する新たな
応用研究の展開に道を拓いていくことが
期待される。
---------------------------------------

>かなり高齢になっても、運動によって
>海馬の神経幹細胞が活性化し細胞増殖が
>増強することで、新生ニューロンの数が
>増加することが判明した。
そうです。

運動は、大事ですね。
どの位の運動量が必要なのでしょうか?

薬剤投与(ドネペジル)も有効なようです。

>ランニング運動あるいは薬剤投与に
>よって脳内のアセチルコリン系を
>活性化することで、老齢動物においても
>神経幹細胞の増殖が増強されることを
>世界で始めて見出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

期待外れのたばこ政策に見る「知らされない不幸」

期待外れのたばこ政策に見る
「知らされない不幸」

日経メディカル ブログ
:本田宏の「勤務医よ、闘え!」

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 今年最初のブログでは、「可能な限り
正確なエビデンスで物事を判断する重要性」
について紹介したいと思います。
 具体的には、税金の使い道を決める際の、
基盤となる情報の重要性です。

 下の表は、2007年3月24日の『週刊東洋
経済』の特集「不都合なたばこの真実 
ガンの嘘」の中で紹介されていた、日本人
の人口10万人当たりの生涯リスクです。

---------
表は、省略します。直接リンクを参照して
ください。
---------

 いかがでしょうか。一生のうちに、喫煙
に起因する疾病が原因で死亡する人数は、
10万人当たり3万7500人から5万人と見積も
られています。
 一方、BSEによる死亡者はほぼゼロ。
 にもかかわらず、BSE対策には
年間132億円の予算が使われていました。
 ちなみに、昨年話題になった生活保護の
母子加算復活に要する財源は、60億円弱
です。

 BSE対策については、エビデンスが乏しい
ままに、「心配だから」という感情論に
押されて税金が無駄に使われ、国民に
さらなる負担が押し付けられているように
思えてなりません。

 私は30年の外科医の経験から、たばこに
発癌リスクがあることはもちろん、喫煙者
は術後の肺合併症などを発症しやすいこと、
消化性潰瘍穿孔で緊急手術を要する患者
さんに喫煙者が多いことなど、喫煙が健康
に多大な影響を与えていることを実感
してきました。
 その意味で、新政権には、たばこ政策に
ついても大英断を下してくれるのではと
期待していたのですが、現時点で予定
されている増税額は小幅にとどまり、
尻つぼみ状態のようです。

 なぜ日本では、たばこが野放しになった
ままなのでしょうか。
 その答えは、昨年12月8日に共同通信社が
配信した記事にある、神奈川県知事の
松沢成文氏の意見に集約されています。

「政官業の癒着解体を 民主政権の使命だ」
と題された評論の中で、松沢氏は、WHOの
「たばこ規制枠組み条約」に従って、既に
多くの国がたばこを規制する法律を制定
している中で、条約締結国である日本の
議論は遅々として進んでいない現状を指摘。
 その最大の要因は、「たばこをめぐる
政官業癒着の利権構造にある」と断言
しています。

 正しい情報がなければ、国民は正しい
判断が下せません。
 そして情報操作の下、一番不幸になる
のは国民です。
 たばこをめぐる利権構造と健康被害は、
その不幸な一例といえるでしょう。

---------------------------------------

仰る通り、「可能な限り正確なエビデンス
で物事を判断する」ことが大事だと考え
ます。しかしながら、

難しいのは、バイアスのかかっていない
正しいエビデンスがどこにあるのか?
どのエビデンスが信用できるものなのか、
をどうやって判断すれば良いのでしょう?

それこそ、不都合な真実は、隠されがち
で、何が真実なのかを判断するのは
専門家でない限り、かなり困難だと
思われます。
が、悪いことに、専門家というのが
くせ者で、信用しかねる人がいる。

真実をつかむのは、難しい。

一番良さそうなのは、
明眼(物の道理を見通し、正しい判断力
を持つ)の人を見いだして、その人の
判断を尊重することかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

【NASAからのおくりもの】リアルさに息をのむ、火星に残る歴史の爪跡

【NASAからのおくりもの】リアルさに
息をのむ、火星に残る歴史の爪跡

2010/01/13 マイコミジャーナル

---------------------------------------
 火星にはかつて、地球上の海や湖と同じ
ように大量の水が存在したことが証明
されてからもう数年が経つ。
 そして、いまはつめたいその大地には、
はげしい火山活動による溶岩流のあとも
残っている。
 今回紹介する1枚は、"赤い星"と
呼ばれる火星のイメージを覆す、生々
しい画像である。

 比較的明るくて白っぽく見える部分は、
オパールに似た石質のシリカ
(opaline silica: 蛋白石質シリカ)を含む
鉱床で、これは水分がなければ形成
されない。
 そのほか、硫酸鉄の含有も確認できる
という。

 マリネリス峡谷は、グランドキャニオン
などをはるかにしのぐ規模をほこる、
太陽系内でも屈指の大峡谷である。
 この巨大な峡谷をすべて水が満たして
いたとは考えにくいが、数々の証拠が、
たしかにここには水が存在していた
ことを裏付ける。
 河となった水が、ときには近くの火山
から噴出した溶岩が、はげしい濁流と
なって谷を削り、その間を風が吹き
すさび、そして冬にはすさまじい冷気が
地の底から凍りつかせた。
 爬虫類の硬いうろこのような層状の
地表は、何千年にもわたって繰り
返されたその営みのあかしである。
 水源がどこにあったのか、近くの火山群
とはどのように結びついていたのか
- さまざまな謎の解明がこれからはじまる。
---------------------------------------

本当に息をのむ画像ですね。
グランドキャニオンを遙かにしのぐ規模、
どのようにしてできたのでしょうか?

火星には確かに水が存在した。
でも、今は無い。

どのような謎が解明されていくので
しょうか?
期待されます。

それにつけても地球は、本当に貴重な
星。豊かな水が存在する。
奇蹟です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グローリー 技術開発部主任技師 開票作業に革命起こした「文字認識」

グローリー 技術開発部主任技師 
開票作業に革命起こした「文字認識」

朝日新聞アスパラクラブ
高校生club 凄腕 つとめにん

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 文字認識は、文字を集めて作った基準辞書
とカメラで読み取った文字を照合し、形の
近いものを特定する仕組み。
 この技術は選挙の開票作業にも「革命」
を起こした。

 開発で難しかったのは基準辞書作りだ。
 精度を高めるには、できるだけ多くの
手書き文字を集めて作る必要がある。
 悩んだあげく、漢字の書き取り帳のような
紙を作り、社員約1800人とその家族の
協力を得て書いてもらうことにした。

 誤算は誤字脱字の多さ。
 急いで書いたのか、最後の1画が
なかったり、記入もれがあったり。
 1カ月かけてすべての文字に目を通し、
誤字脱字を除いた。
 目は充血し腰や肩のこりに悩まされたが、
「製品の完成を楽しみに乗り切った。
 苦行でしたが」と笑う。

---------
 手書きの投票用紙の読み取り分類機は、
グローリーとムサシによる寡占市場。

 開票作業時間短縮によるコスト削減
効果は大きい。

 開票に伴う午後10時以降の人件費は
1人1時間、平均3531円かかる。
 国政選挙の開票作業には、全国で
約31万人が従事しており、全員が午後10時
以降の作業を1時間短縮出来れば約11億円
が浮く計算だ。
---------------------------------------

すばらしい仕事ですね。

苦行だったそうですが、
仕事にはそういう面がありますね。
地道にやらなければいけない部分が
必ずある。

>全員が午後10時以降の作業を1時間
>短縮出来れば約11億円が浮く計算だ。
すばらしい効果。

どんどん効率化しましょう。

電子投票も考えるべきだと思います。
手書きの投票というのは時代遅れだと
考えます。
手段は、あるはず。
そうすれば、もっと効率的になるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原始宇宙の火の玉再現

原始宇宙の火の玉再現
朝日新聞アスパラクラブ
科学面にようこそ

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 宇宙が生まれて1千万分の1秒後の世界
とは――。

 誕生直後の宇宙の姿を再現し、その性質を
調べる実験が、欧州にある世界最大の粒子
加速器「LHC」で始まる。

 光速に近い速度で鉛の原子核を衝突させ、
そのエネルギーで原始宇宙の状態をつくり
出そうという試みだ。
 宇宙史の一端を解き明かそうと、科学者
たちは未知の領域に挑む。

 米国で2000年から続く実験では、
4兆度に達したとみられる。
 ついに陽子や中性子がとけ、中にある
クォークが……。

 そこに現れた状態は予想もしなかった
姿だった。

 陽子や中性子が壊れてとけ、多数の
クォークが入り乱れ、混じり合う。
 その「クォーク物質」は粘性がほとんど
ゼロ。
 サラサラの水のような物質(流体)
だった。

 LHCの衝突エネルギーは、米国の実験
の28倍。
 到達するクォーク物質の温度は約2倍に
なるとみられ、その場合、粘性がどうなる
のかに注目が集まる。
 初田教授は「信頼できる予想はないが、
温度が上がれば、クォーク間の相互作用が
弱くなるので、サラサラ度は弱まるはずだ。
 LHCの実験で、クォーク物質が
サラサラの理由が理解できるかもしれない」
と期待する。
---------------------------------------

たぶん興味を感じる人は、少ないので
しょうね?

未知の世界を知りたいという好奇心の
ある人にとっては、この種の話題は
興味深いものなのです。

でも、この実験装置の価格たるや
すごいもの。
それだけのお金をかける価値が
あるのかな?
と考えることもあるけれど、
好奇心に勝てない。
というより、ここからどういう発見が
されて、どう人類の未来に関わって
くるのかわからない。
というのが最大の魅力。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「25年後にヒマラヤ氷河消失」根拠なし? 英紙が報道

「25年後にヒマラヤ氷河消失」
根拠なし? 英紙が報道

2010年1月19日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
【ワシントン=勝田敏彦】国連の気候変動
に関する政府間パネル(IPCC)が
2007年に出した第4次評価報告書で、
ヒマラヤの氷河が「このまま地球温暖化が
続くと、2035年までに消失する可能性
が非常に高い」とした記述について
科学的根拠がなかったと、英紙サンデー
・タイムズが17日付で報じた。

 IPCC報告書は世界の一線の研究者
約1千人が学術雑誌に掲載された論文や
データなどを元に作成しており、
これだけで報告書の結論が揺らぐもの
ではないが、地球温暖化懐疑派の攻撃材料
がまた一つ増えることになる。

 同紙によると、報告書のこの記述は、一般
向け英科学誌「ニューサイエンティスト」が
1999年に掲載したインドの科学者への
電話インタビューが根拠だったが、この
科学者が「憶測だった」ことを認めた
という。

 IPCC報告書に関しては昨年11月
にも、基礎になった気温データで温暖化を
誇張したとも受け取れる研究者間の
電子メールのやりとりが盗み出される騒ぎ
「クライメートゲート」が発覚している。
---------------------------------------

どうなっている?
憶測ってどういうことですか?
そんな無責任なことで良いのですか?

最終的には、歴史が証明することに
なるのだけれど、問題なのは、
その時では、もう遅すぎる。
早く手を打たなければいけない問題。

しっかりしてください。
この際、再度全データの根拠を見直し
てはどうでしょう?
あいまいなままでは駄目でしょう。

世界が動いている大本のデータが信頼
出来ないのでは大問題。

>IPCCのパチャウリ議長が、温室効果
>ガスの排出量取引などでもうけている
>銀行の顧問なども務め、その報酬は
>パチャウリ氏が理事長を務める団体に
>振り込まれている

儲けのためにやっている?
儲けたお金は温暖化防止の為に
使っているのでしょうね?

なんともやりきれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体重6キロ、日本一小さい?警察犬「くぅ」ちゃん誕生

体重6キロ、日本一小さい?警察犬
「くぅ」ちゃん誕生

2010年1月18日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 体重約6キロ、体高約30センチの
かわいい警察犬が、和歌山県で誕生した。

 全身がもじゃもじゃの毛に覆われた
ミニチュアシュナウザー(オス、3歳)で、
登録名は「クリーク号」。
 元の名前は「くぅ」。おそらく日本一
小さな警察犬だ。

 警察犬は大型犬で、精悍(せいかん)な
顔つきにすらりとした体のシェパードや、
盲導犬としても活躍するラブラドル
レトリバーが多い。
 訓練所や飼い主らでつくる日本警察犬
協会によると、「くぅ」のような小型犬が
警察犬になったのは「聞いたことがないし、
協会の記録にもない」という。

 警察犬になれる犬の種類を指定している
警察もあるが、和歌山県警は「能力が
あればどんな犬でもオッケー」と、種類を
限定していない。
 「くぅ」は昨年11月の審査会で、
持ち前のにおいをかぎ分ける力を発揮して
みごと合格。
 今月1日、県警の嘱託警察犬として登録
された。
 犯人の遺留品のにおいをかぎ分けるなど
して事件捜査に協力する。任期は1年。

 「くぅ」は和歌山県日高町生まれ。
 クウクウと鳴いて甘えることから名付け
られた。
 飼い主の高見知佐子さん(39)に
よると、「なかなか言うことを聞いて
くれない元気な子」だった。
 プロにしつけてもらうため、6カ月の時
に和歌山市内の警察犬訓練所に預けられた。
 そこで山路和(かず)・訓練士(27)
と出会い、才能を開花させた。
---------------------------------------

可愛いです。

嘱託警察犬として登録、任期は一年。

「言うことを聞いてくれない元気な子」
預けてみるものですね。

是非活躍して貰いたい。
がんばれ、「くぅ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

遺伝子組み換えトウモロコシ、肝機能や腎機能への悪影響が認められる

遺伝子組み換えトウモロコシ、肝機能や
腎機能への悪影響が認められる

2010年01月18日 slashdot

---------------------------------------
 モンサント社の遺伝子組み換え
トウモロコシの摂取は腎機能や肝機能を
損ねる恐れがあることがラットを使った実験
で明らかになったそうだ(本家記事)。

 実験に使用された遺伝子組み換え
トウモロコシは、広域除草剤への耐性がある
「Roundup-ready」と呼ばれる1種と、
細菌由来のプロテインを含む殺虫属性を
もった2種の合計3種類。
 また、研究にはMonsantoの生データも
活用されたという。
 結論には「複数の遺伝子組み換え
トウモロコシをたった90日間与えたラット
にて腎機能や肝機能への明らかな悪影響が
確認されたため、この種の研究では
腎臓と肝臓に焦点を当てる重要性が
今回の分析で明らかになった」と記述
されており、他にも心臓や副腎、脾臓や
血球への影響も確認されたとのことだ。

 この論文は昨年12月のInternational
Journal of Biological Sciencesに掲載
されており、全文閲覧可能となっている。
---------------------------------------

これは、大変なことです。
心配になってきます。
有害である可能性が出てきた。

今まで、安全だと言ってきたわけだから、
今まで安全と言ってきた根拠はどこに
あったのでしょうか?

どの程度信頼性のある研究なのでしょうか?

日本では、この種の研究はどうなって
いるのでしょうか?
輸入している作物の安全性の担保はどう
なっているのでしょう?

影響は?
日本は、ほとんど輸入トウモロコシに頼って
ますよね。どうなるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はやぶさ、地球の引力圏を通過する軌道に乗る

はやぶさ、地球の引力圏を通過する
軌道に乗る

2010年01月18日 slashdot

---------------------------------------
 ITmedia News他で既報の通り、小惑星
探査機「はやぶさ」が地球引力圏の内側を
通過する軌道に乗りました。

 「はやぶさ」プロジェクトマネージャーの
川口氏は「今週のはやぶさ君」で以下の
ように述べています。

 「地球の引力圏を通過する軌道へ乗った
ということは、『はやぶさ』が地球への
往復飛行に一応の区切りを付け帰還できた
ことを示しています。」

 本当に帰ってきますよ!\(^O^)/ 

 予定では6月に地球大気圏への再突入、
イトカワ小惑星のサンプルを地上で回収
する計画だそうです。
---------------------------------------

素晴らしい!
感動的です。
本当にいろいろなトラブルに見舞われました。
奇蹟です。

まだだけど、本当にごくろうさま。


関連リンクです。興味のある方はどうぞ

1.「JAXA|小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)

2.「HAYABUSA BACK TO THE EARTH
予告編が動画で見えます。
活字よりわかりやすくて良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

移民政策逃げず議論を

2010/01/09 朝日新聞朝刊

中央大兼任講師
宣元錫さんの記事

---------------------------------------
 日本をモデルにして90年代初めに導入した
研修生制度を、韓国はすでに廃止し、別の
制度に切り替えている。

 人権侵害や不法就労などが社会問題化し、
議論を重ねた。結果、2003年に外国人を
非熟練労働者として正規に受け入れる雇用
許可制を制定した。

 また、00年以降は農林漁業従事者を中心
に国際結婚が増え、外国人の多様化が進む
中、05年に永住外国人に地方参政権を
与えた。

 07年には「在韓外国人処遇基本法」を
制定して、「社会統合」と「共生」の理念
を打ち出した。

 国と自治体の責務として差別防止や人権
擁護などへの努力と支援、国民の啓発など
を明文化している。

 具体的には、外国人に無料で450時間
かけて言葉と文化を教えるプログラムが
あり、履修者は永住権や国籍取得の際に
優遇される。

 移民政策の転換は、10年続いた金大中
・盧武鉉のリベラル政権と、民主化運動
で力をつけた市民セクターの問題提起と
行動に負うところが大きい。

 今、政府はさらに高い技能を持った
人材の獲得を目指して二重国籍容認の
方針も示している。

 日本は、外国人が人口に占める割合
が2%弱と韓国とほぼ同じなのに「管理
の発想が全面に出ている。

 外国人労働者が必要かどうかという
正面からの議論を避けたまま、脇の扉
から日系人や研修生を入れている。
 EPA看護師候補生らについても
そうだ。

 社会統合もまだほとんど進んでいない。

 このままでは、低学歴で無職だったり、
不安定な職にしか就けなかったりする
異文化出身の子ども達が社会の底辺に
増えていくことになる。

 それは、日本が望んでいることでは
ないだろう。

 多様性はいいものだ。
 明治以降、日本には外国のものを採り
入れて発展した歴史がある。
 政治、労働、産業界も外国人について
自分の問題としてとらえ、逃避しないで
考えるべきだ。
---------------------------------------

同感です。
日本は、どうしてしまったのでしょうか?

どうして何もかもが、遅いのでしょうか?

決めるべきものを決めていない。

今頃、「公文書管理のあり方に関する有識者
会議」などというものを開催している。
先進国ならとっくに法律として規定されて
いなくてはならないものだ。

だから、大事な航海日誌もないことになる。
事実はあやふやになる。

米国の国立公文書館から不都合な文章が
公開されるようなおかしなことになる。
情けない。

宣元錫さんの言っている通りのような気が
します。

多様性はいいものだと思います。
いろいろな意見を戦わせてこそ
良いものが生まれるのです。

異分子排除の論理、
異分子管理の論理から、
発展は望めないと思います。
新しい考え方は、生まれにくい。

どうも、日本人は、多様な人達と共生
していく生き方に対して、
拒否反応があるように思えます。
そうでなければ良いのですが、

人口減少のこの時代にこそ、
真剣に議論すべきことなのだと思います。
時間はないのです。
急速に人口は、減少します。
人口は、簡単には増えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

NP学生時代の無保険者クリニックでのボランティア体験

NP学生時代の無保険者クリニックでの
ボランティア体験

日経メディカル ブログ:緒方さやかの
「米国NPの診察日記」

詳細は、リンクを参照して下さい。

>考えが及ばなかった4ドルの重み

そうですね。
人によって、何が優先順位の高いものなのか、
いろいろです。
考えさせられます。

米国の貧困は、ひどいものなのですね。
格差があまりにも大きい。
日本も近くなってきましたが、

>今はNPとして診察中、時間が許す限り、
>患者さんに経済状況について聞いている。

>「経済的理由で、薬を飲まなかったり、
>少なめに飲んだりすることは
>ありませんか?」
>「毎月、薬代を払うのは大変ですか」
>「あなたにとって、お薬の値段という
>のはどれだけ重要なことですか」

>貧困と病気の悪循環を、せめて幾人かの
>患者さんにだけでも、断ち切る手助けが
>できたらと願っている。

素晴らしい経験をしましたね。

皆さんから頼りにされるNPとして
活躍してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有力研究者 アジアで争奪戦 「世界水準の大学目標」に

有力研究者 アジアで争奪戦
「世界水準の大学目標」に

広州支局・小林哲、編集局長室・高橋真理子
朝日新聞アスパラクラブ
科学面にようこそ

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 韓国は、08年に「世界級大学」計画を
始めた。
 ノーベル賞級をはじめ外国人研究者を招く
大学を支援。
 昨年は1600億ウォン(約130億円)
の予算をつけた。

 国立大であるソウル大学は以前は外国人
を正規教員に雇えなかったが、この計画で
可能となり一挙に50人を採用。
 海外有力大学の60人と兼任契約も
結んだ。
 さらに専任外国人教員を50人雇う。
「あらゆる分野で適任者がいれば採用
します」と同大国際部長のユン・ヒウォン
教授は話す。

 日本人で最初に着任したのは、獣医学部
の木村順平准教授。
 日本大学生物資源科学部から移った。
 英語による公開授業と面接を経て採用が
決まった。
 「給料は下がるし、正直いって迷った。
でも、韓国トップの大学で教える喜びは
大きい」

---------
 中国は08年末から、世界レベルの
研究者1千人を海外から引き抜く
「千人計画」を始めた。
 研究者には奨励金100万元
(約1340万円)を支給、税の優遇など
もする。
 所属する研究室の多くは国家重点実験室
にも指定される。


---------
 シンガポールは、00年にバイオ
メディカル産業の育成を国家目標に定め、
最先端の研究機材がある巨大拠点バイオ
ポリスを約3千億円かけて建設。
 分子生物学や再生医療などの有力研究者
を海外から次々に招いた。
 日本からもがん研究者の伊藤嘉明さんが
京都大を定年退職したときにスタッフと
ともに移った。

 08年には3棟の高層ビルの
フュージョンポリスを作り、コンピューター
や電子工学の研究者を集めている。
 国立大の強化にも取り組み、11年には
四つ目の国立大となる工科デザイン大を
開く。
 学長には米マサチューセッツ工科大の
元工学部長が就任する。

 科学技術庁のリム・チュアンプー長官は
「我が国は世界とつながっていないと
消えてしまうような小さな国。
 学生はみな留学させたいが、金がかかる。
 だから国内に世界一流の大学を作ること
が重要」と話した。
---------------------------------------

こういうニュースを見ると、危機感を
覚えます。

全く、日本の政治家は、鈍感。

アジアの国々は、これから、、

いろいろ問題もあるでしょう。
でも、この姿勢には見習うべきものが
あると思います。

いつも謙虚であること。

ナンバーワンなどと思った瞬間に
三流国になります。

既に三流国かも?
先進国でもないかも? 定義によりますが、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生活第一 輝け社員

2010/01/03 朝日新聞より

---------------------------------------
 日本企業が海外で生み出している付加価値
は33.9兆円(2007年度、大和総研推計)
国内であれば、従業員の給料や下請けへの
支払いなどとして日本の「豊かさ」になった
はずの額とも言える。

 稼いだお金を日本の外に滞留させている
現地法人の内部留保残高も約20兆円に
急増した。

 背景には、税率が低い国などに所得を集め
税負担を最小化する動きが広まっていること
がある。

 中でも、上位5社となると平均24.5%
欧米グローバル企業並の低負担だ。

 だが、日本経団連などは、「法人税を
下げてもらわないと海外に出るしかない。
日本での雇用や賃金はさらに減る」と
主張する。

 グローバル時代に高まる大企業と国家の
緊張をよそに、地域社会と共存を目指す
企業群もある

 長野県の伊那谷。アカマツ林を残す
約3万坪に伊那食品工業の本社や工場が
広がる。
 土地は地元の組合から委託された。

 「伊那になら任せられる。使って欲しい
となった」と塚越寛会長。
 農家の冬場の副業だった「斜陽」の
寒天製造にこだわり、社員約400人の
1割は開発部門に配置、用途を健康食品や
化粧品、医療に広げてきた。

 国内シェアは8割。
 創業以来05年まで「48年間増収増益」
「社員の生活が大事」と工場は午後5時まで。

 株上場を勧められても断っている。

 株主が求めがちな短期の収益を意識すれば、
人件費を削減したり下請けに無理をさせたり
することになるからだ。

「人件費を『コスト』と考えること自体が
おかしな話。
 企業は皆が幸福になるための手段。
 大事なのは働く人が失業せず、生活が
永続すること。
 雇用をつくり、税金を払って社会に貢献
しながら、木が年輪を重ねるように
少しずつ無理なく成長すればいい」

 岐阜県輪之内町。
電気スイッチのボックスや電線の地中
埋設管などでトップシェアを維持する
未来工業の工場は年末から「17日間の
正月休み」に入った。
 その直前、「技術部長兼関連会社社長」
の傍島洋一さん(64)は、出荷作業に
追われていた。
「退職は71歳の誕生日の前日までに
自分で決めればいい」という再雇用制度で
現場に戻った。
 手当ては減ったが、給料はピーク時の
60歳の水準が維持され、年700万円
余り。「いい会社に入って一生終われる
のは幸せ」

「全員正社員」で日本一短い労働時間
(1日7.25時間)、年休は140日前後、
育児休暇は3年。これで創業以来赤字なし。

「生き残るには、1人1人が製品や仕事の
差別化で工夫するしかない。
 それには働く人がやる気を起こす会社に
するのが1番近道だった」と創業者の山田
昭男相談役。
 社員食堂の脇に置かれた「ポスト」に、
社員がアイデアを入れる。
 約800人の社員の3分の2が年に20件
以上を提案。
 ユニークな製品が次々、生み出されてきた。

 グローバル競争に勝ち残る。
 その上で、会社が社会や働く人と「幸福な
関係」を作るにはどうすればいいのか。
そして”日本流”とはトヨタやパナソニック
なのか、伊那食品や未来工業なのか、、。
 輸出企業の「無国籍化」が避けられない
なら、「雇用や生活の基盤、自己実現の場」
を実現する企業を社会にたくさん組み込む
こと。
 それが本物の「豊かさ」を実感する成長
戦略かもしれない。(編集委員・西井泰之)
---------------------------------------

企業本来の存在目的は、上記文中にも
あったように、

「企業は皆が幸福になるための手段」
であり、

「大事なのは働く人が失業せず、生活が
永続すること。
 雇用をつくり、税金を払って社会に貢献
すること。」

だと私も思います。

本物の「豊かさ」を実感する社会を実現
する為に、どうあるべきなのか、
しっかり議論し、真に豊かな国を目指して
貰いたいものだと思います。

伊那食品や未来工業のような企業は、
まれな存在なのかもしれませんが、
そういう企業が存在するのだと
いうことを無視してはいけないと
思います。

もし、若くて、近くにそんな企業が
あったら即、応募したい。

企業の目的は、利益追求ではありません。

利益は、企業を永続させ、雇用を創出し、
社会に貢献する為にあるはず。
この後半部分がなければ、何のための利益、
何の為の企業存続なのか?
良く考えなければいけないと思います。

利益の配分にしてもそうです。
今のあり方が正しいとは思えません。
米国などは上位1%の人が50%の
富を占有する。
これが正しい姿でしょうか?
日本は、どこを目指しているので
しょうか?
米国を目指しているように思えます。

現に、平均給料は下がっているのに、
取締役以上の役員の給料は、上がって
いるようです。格差拡大です。

”日本流”とはトヨタやパナソニック
だとは、思えません。
少なくとも、創業者は、そうでは
なかったはず。ソニーもそうです。

バランスのとれた社会にしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年1月14日 (木)

クボタ、100年持つ水道管を開発

クボタ、100年持つ水道管を開発
2010/01/14 NIKKEI NET

---------------------------------------
 クボタは100年間使用しても腐食しない
新型の水道管「ジェネックス」を開発した。

 鋳鉄管に亜鉛合金のコーティングを施す
などして防食性能を大幅に高めた。
 現在使われている鋳鉄管の法定耐用年数
は40年で製品寿命が大幅に延びる。
 水道管敷設の土木工事費用も削減できる
よう管の形状も工夫した。
 公共工事向けに10月から供給する。

 管の表面に亜鉛やすず、マグネシウムの
合金で防食性が高い皮膜を作った。
 塩水を吹き付ける効果試験では、従来品
は15日後に腐食が始まるのに対し、新製品
は約1年後もほとんど腐食しなかった。

 山地を除く国土の95%で100年間埋めても
腐食しないという。(07:00)
---------------------------------------

素晴らしいです。

家ももっと長寿命をめざしたものが
あっても良いと思います。

これからは省資源です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「スマートグリッドに今後のビジネスチャンス」Google村上氏講演

「スマートグリッドに今後の
ビジネスチャンス」Google村上氏講演

2010年01月14日号
INTERNET Watch

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 村上氏は、Googleがクラウドコンピュー
ティングを進めていく上では、YouTubeの
急拡大に代表されるようにサーバー
リソースを拡大し続けなければならず、
データセンターのコスト削減が課題だと
説明。

 現在、Googleで使用しているコンテナ型
のデータセンターを紹介し、ハードウェア
のコストについては機器の性能向上などに
よりある程度対応が可能だが、電力コスト
の低減が大きな課題となっているとした。

 Googleでは、データセンターの電力効率
の向上にも取り組んでおり、
データセンターの総使用電力とIT機器が
使う電力の比率を示す指数(PUE)では、
2011年目標とされた数値を2009年に達成
したと説明。

 ただし、こうした自助努力による省
エネデータセンターの建設だけでは
不十分で、長期的に低廉でクリーンな
電力の供給も必要だと語った。

 こうしたことから、Googleでは再生可能
エネルギーに対する投資も進めており、
本社社屋の屋上にソーラーパネルを設置
するなどの取り組みも行っていると説明。

 さらに、こうした再生可能エネルギー
の活用に欠かせない技術として、
スマートグリッドへの期待を語った。

 スマートグリッドとは、電力網とIT技術
を組み合わせることで、現在の電力網を
インテリジェント化しようという取り組み
の総称。

 電力会社の送電インフラの効率化や、
センサーネットワークを利用したオフィス
・家庭内の省エネルギー化、太陽光発電
などで生み出された電力を有効活用する
ための仕組みなど、多岐に渡る取り組み
がスマートグリッドと呼ばれている。

 村上氏は、現在考えられている
スマートグリッドは、電力会社からの
系統系グリッド(上流)と
コミュニティグリッド(下流)に分割され、
系統系グリッドは電力会社の一元管理
によるクローズドなものになるが、
コミュニティグリッド内では電力の双方向
売買も可能となると説明。

 コミュニティグリッドの情報網は
オープンな従来のインターネットであり、
「現在、電力網に接続しているものは、
将来すべてスマートグリッドに接続する
ことになる。
 また、スマートグリッドの情報網は
インターネットなので、それらの機器は
すべてインターネットにも接続する
ことになる」とした。

 Googleのスマートグリッドへの取り組み
としては、北米で整備が進められている
通信機能などを持った高機能電力メーター
(スマートメーター)と連携する
ソフトウェア「Google PowerMeter」を
紹介。

 ただし、「スマートグリッドでの
キラーアプリが何になるのかは、まだ
わかっていないのが正直なところ」
だとして、「スマートグリッドが秘めた
新しいインターネットの拡大に、
これからのビジネスチャンスがあるのでは
ないかと期待している」と語った。
---------------------------------------

さすが、世界的な企業は進んでますね。
目の付け所が違います。

>長期的に低廉でクリーンな
>電力の供給も必要だと

Googleはすでに、(スマートメーター)
と連携するソフトウェア
「Google PowerMeter」を開発している
が、「スマートグリッドでのキラーアプリ
が何になるのかは、まだわかっていない
のが正直なところ」だそうです。

今から、積極的にスマートグリッドに
からんでいかないと手遅れになりそうな
気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

あたたかな連鎖を起こそう

鎌田實の見放さない・ブログからの
話しです。

中学1年の男の子が書いたという文章です。

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 アンドレイ君は残念ながら白血病が
再発し、亡くなってしまいました。

 でも、鎌田さんは、日本人が雪の中、
パイナップルを探すというあたたかな
行為が、あたたかな連鎖を生んだ。

 ちっぽけなあたたかさは何もならない
と思わずに、一人ひとりがまずは小さな
あたたかさを実践すること。
 それが必ず連鎖を生んでいく。
 そんな思いでこの本を書いた、と
読売新聞の中で述べています。

 ぼくには、鎌田さんのように病気を
治したり、高価な医薬品を送る支援は
できません。
 でも、アンドレイ君を大切に思い、
そのやさしさで、息子の死を乗り越える
力を両親に与えた日本の看護師さんの
ようにはなれるかもしれない。
 なりたいと思いました。

 そのために今ぼくができることは、
ロシアの少年イリアと交流を続けて
いくこと。
 イリアだけでなく、身近にいる家族や
友人を大切にすることからはじめようと
思います。

 やさしさは伝染する、この言葉を胸に、
あたたかい連鎖を起こしていきたいです
---------------------------------------

いい話ですね。

やさしさは伝染する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3Dで脳卒中の視覚障害リハビリ、東大が開発

3Dで脳卒中の視覚障害リハビリ、
東大が開発

(2010年1月9日21時21分 読売新聞)

---------------------------------------
 脳卒中によって、視野が狭くなった患者
のリハビリのため、エンターテインメント
で使われる3次元(3D)映像技術を
駆使したゴーグル型の訓練装置を、
東京大学の田中敏明特任教授らが
開発した。

 日常動作での改善もみられ、3年後を
めどに商品化を目指す。

 脳に障害が残る脳卒中患者は、視野の
端が見えなくなったり、見えていても
反応できなかったりする後遺症が出る人が
数万人いるとされる。
 「半側空間無視」と呼ばれるもので、
リハビリは、見えないことを自覚
させて訓練するのが重要。

 これまでカメラ1台を使った平面的な
映像の装置が開発されていたが、室内を
動いたり、服を着たりなど奥行きのある
動作の訓練は難しかった。
 そのため田中特任教授らは、左右別々
のカメラを使い、立体的に見える3D装置
を開発した。
 狭くなった視野を患者に気づかせる
ための機能も搭載。
 平面画像に比べ、リハビリの効果も
著しく改善した。

 田中特任教授は、「より多くの脳卒中
患者の社会復帰に役立てたい」と話す。
---------------------------------------

最近3Dが映画でも、テレビでも、
話題になってきましたが、
こんなところで、役に立つとは、
思いませんでした。

リハビリ効果が著しく改善すると
は素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢を紡ぐ:地球に優しい新技術/6 げっぷ抑えメタン減らす飼料 海外から熱い視線

夢を紡ぐ:地球に優しい新技術/6
げっぷ抑えメタン減らす飼料 
海外から熱い視線

毎日新聞 2010年1月13日 東京朝刊

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 岐阜県海津市にある「川瀬牧場」。
 風通しのいい牛舎で、60頭を超す
ホルスタインがのどかに飼料を食べる。
 この飼料は伊東宏明さんが、飼料会社を
通じて、販売する特別のものだ。
 「あれが状態のいい緑褐色のふん。
 飼料に含まれる繊維がちゃんと消化
されている」

 その秘訣(ひけつ)は、BLCS
(微生物利用の家畜清浄システム)と
呼ばれる家畜の飼料だ。
 乳酸菌やバチルス菌など数種類の微生物
を含有。
 牛など反すう動物のげっぷに含まれる
メタンガスの抑制に加え、栄養素の消化
・吸収力の向上、ふんの消臭効果まである
「夢の飼料」。
 いま、海外の熱い視線が集まっている。

 メタンの排出量の4~5割を家畜の
げっぷが占めるとされるニュージーランド
政府が03年、牛などの農家に「げっぷ税」
を課す検討をしたことがある。
 伊東さんは、台湾系のベンチャー、
日本仁安堂薬健(本社・東京都)が開発
したBLCSを聞きつけ、05年6月に
販売権を取得。
 飼料会社と協力し、BLCSと通常の
飼料を混ぜた混合飼料を開発した。
 しかし、農家の関心は薄かった。
 「まず裏付けデータを取って、効果を
数字で見せよう」
---------------------------------------

面白い発想です。

中国への売り込みが奏功しつつあるとの
ことで、本格進出できると良いですね。

地球温暖化対策にもなるし、
素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界一番の技術を持ちながら市場性を失うという企業行動を繰り返さないためにも、2010年は新生の年に

世界一番の技術を持ちながら市場性を
失うという企業行動を繰り返さない
ためにも、2010年は新生の年に

2010年01月12日 
Biorechnology Japan's BLOG

詳細は、リンクを参照して下さい。

しごくごもっとも、同じ愚を繰り返して
貰いたくないものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再生医療の産業化には何が必要か(1)-全2回-

再生医療の産業化には何が必要か
(1)-全2回-

(掲載日:2009年12月24日)iPS Trend
(2)の内容も含めています。
長文です。興味のある方は、どうぞ。

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
インタビュアー:佐藤 勝昭、渡邉 美生
(科学技術振興機構)

今回は"再生医療の産業化を図る"という
目標を定め、研究開発事業を推進している
株式会社ジャパン・ティッシュ
・エンジニアリング(J-TEC)の常務取締役
研究開発部長、医学博士の畠 賢一郎氏を
訪ねた。

聞き手:
培養皮膚のお仕事の経験をお持ちで、
最近、iPS細胞について理研との共同研究
を始められたJ-TECさんに、iPS細胞を
産業化するにあたっての課題について、
お話を伺おうと参りました。

畠:
事実だけを申しますと、足下を見たとき
日本では再生医療は開発として事業が
成り立っているところはどこも
ありません。

私どもはジェイスという培養皮膚を
やっているのですが、これだって事業
というにはおこがましいのです。
 産業というより手工業のレベルです。

聞き手:
手工業レベルにとどまっているのは
なぜですか。

畠:
医薬品や医療機器を産業化に持って行く
には経験がないと認められないのです。

薬事行政では、安全性・有効性についての
客観性のあるデータをもとめますが、
再生医療用の細胞では、やっている医師も
少なく経験も少ないわけですから、
そういうデータは少ないのです。

聞き手:
日本が厳しいのですか。

畠:
制度的にはとくに厳しい方ではないと
思います。
ただ、決まっているべきものが
決まっていないのです。

聞き手:
裁量に任されていると?

畠:
各企業の裁量でやっています。

 米国では、FDAの審査官の裁量が
ありますが、日本では、正論(建前論)
が強くって、審査にあたる人は裁量を
発揮しにくいでしょう。

この正論を上回るには、経験が積み
上がった状態が必要なのです。
文化の問題です。

聞き手:
リスクのあるものを認める社会的背景が
必要ですね。

畠:
薬事行政には、「ノンリスク」という建前
があるので、再生医療が前に進まなかった
と思います。

聞き手:
J-TECさんの培養皮膚が臨床用に認められた
一番のポイントは何だったのですか?

畠:
細胞の安全性・有効性の評価のエンド
ポイントについて、それなりにすりあわせ
ができたこと、および、重症熱症で、
培養皮膚を使わないと死んでしまう、
有害事象があってもサルベージできる
(それ以上の利点がある)という場合に
適応症を絞り込むことによって許可
されたのだと思います。

新薬の場合、軽症例に適用して、だんだん
に重症例に・・という手順ですが、
培養皮膚細胞の場合、重症例にまず適用
させるということでスタートしたの
ですから、大変困難でした。

iPS細胞を世に出すことに関しても、
同じ流れになるのではないでしょうか。
 経験がないと認められない。
 認められないから経験できない。
 このパラドックスの循環をどう
断ち切るか。

畠:
企業としては、海外とのボーダーは
ありません。

 大学で研究をする先生方だって、国内の
承認で大変な時間をかけるより経験蓄積の
ためにも海外で前向きにやるほうがよい
かも知れないと思っている方がいます。

一つずつ前に進み出せない、ルールが
定められていない。
 これが現状です。

 このことは、大学より企業の方が
死活問題です。

---------
聞き手:
本題のiPS細胞を再生医療に使うときの
課題について、お願いします。

畠:
培養皮膚の経験からお話しましょう。
細胞の再生医療への適用には、「同一性」
と、「不純物」の問題がありました。

 医薬品は、成分が同じなら同一である
ということが言えるのですが、細胞は、
個人個人から採取するのですから、何を
基準として「同一性」を判断するかが
むずかしいのです。

 ジェイスの例で言いますと、赤ちゃんの
皮膚細胞と、老人の皮膚細胞では、細胞の
増え方などが違いますが、「出荷規格」は
同じものを使わなければなりません。
 例えば、同じ細胞でも培養液が違った
場合には、これらを同じものとして
認められるのか。
 いまは、こちらで、こうだと決めて
やっていますが・・・。

 もう一つの「不純物」の問題ですが、
医薬品で95%の純度というとき5%の
不純物が混入しており、これらが有害
でないと証明しなくてはなりません。

 これと同じように培養皮膚の場合にも、
どうしても皮膚以外の細胞が混在する
わけですが、これらがあたかも不純物
のようにとらえる必要があります。
 患者さん一人一人で違うため、その扱い
をどのようにするか。
 不純物の有害性の規格をどうするか
問題なのです。

 iPS細胞の規格をどうするかは、もっと
大変でしょう。

聞き手:
細胞の産業化は、別の観点が必要だと
・・・。

畠:
医薬品は大量生産できますが、細胞は
各病院の近くで作らなければなりません。
 しかし、先生方はもう一歩つきぬけて
いないですね。ベンチャー、ベンチャーと
いうけれど、産業化に必要な技術は
サイエンスにないところにある
ということを認識していない。

聞き手:
先程、iPS細胞の規格をどうするかは
培養皮膚よりもっと大変だとおっしゃい
ましたが。

畠:
産業化には出来上がったものの同一性と
規格化が必要です。
 それには、サイエンスベースによる
評価の発展と同時に、これまでの医薬品
審査とはルールを変えることも必要
ではないでしょうか。

 危険なほど不純物が入っているのは
もちろんダメですが、危険でない程度の
混合物の集団を、それとして認めるような
ルールが必要です。

 製品の出荷規格を重要視することも
大切ですが、工程管理という概念が
現実的だと思います。

畠:
今の再生医療は、作曲家が蓄音器を作って
いるような段階です。

 作曲家は自らの曲を多くの人に聴いて
いただきたくて、蓄音機を求めました。
 蓄音機の原理であれば、作曲家にも
イメージできるでしょう。
 レコード盤くらいなら私にも原理は
理解できますし。

 その後、蓄音器は技術の進展によって
CDになりMDになりiPodへと進展しました。
 これは作曲家ではない多くの研究者や
産業界のイノベーションがあったからです。
 それがなければ未だに蓄音器のまま
だったでしょう。

 それと同様に、細胞の3次元配列制御
についても他の部門の研究者や産業界が
乗り出したとしたら底知れない発展が
来るかもしれません。

畠:
1997年のNewsweek誌にNew Era of Medicine
と題して再生医療のことが書かれている
のですが、実はその時から12年経っても
ほとんど変わっていないのです。

 培養皮膚は1シートが30万円もします。
 保険でやれるのは20枚までです。
 身体の皮膚の30%の火傷を負ったとしても
保険では10%しか直せません。
 これではお金持ちしか医療が受けられ
ません。

 産業化には、汎用性の高い技術を利用
して安く利用者に提供することが必要
なのです。
 そうなったとき、iPS細胞は夢のツール
を提供してくれるかもしれない。

畠:
リスクに対する考え方を変える必要が
あります。

 これまでは、メリットがリスクより
ずっと多いことを求めてきましたが、
もしかしたらこの概念も曲がり角に
きているかもしれません。

 メリットが大きければリスクも
大きいということを認める必要が
あります。

 投資でもハイリターンなものには
ハイリスクが伴いますしね。
 そういう意味でもハイリスクの医薬品や
医療機器をどのように扱うか。
 特別な「ハイリスク医薬品・医療機器」
という選択肢を残すか、十分に議論する
必要があります。

 もうひとつは「生体外医療(ex-vivo
medicine)」の考え方です。
 一部すでに行われているのですが、
骨のがんで、「骨を取り出して高圧で
がん細胞を殺し、残っている基質だけを
戻す」といった治療法です。
 今後、こういった臓器や組織を体外に
出してから治療する、といった概念による
研究が行われていくのではないでしょうか。

医薬品や医療機器としてではなく、
こうした新しい医療の概念に対応した
ものとして細胞をどう扱うか、今後の
課題かと思います。
---------------------------------------

私には、非常に興味深い話しでした。

細胞を産業化することの難しさが
良くわかりました。

再生医療の道は、遠いのですね。
もっと近くにあると思っていましたが、
乗り越えなくてはならない、山が
沢山あって大変そうです。

社会的背景と言うか?
文化の問題が大きいですね。

確かに、国家のイニシアチブが
必要と思います。

でも、それを乗り越えたところに
素晴らしい景色が開けるのだと
思います。

頑張ってください。
スピードが大事ですね。
遅れても5年です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子ども向け肺炎ワクチンがでるの?

子ども向け肺炎ワクチンがでるの?
2010/01/13 朝日新聞
「ニュースがわからん」から、

参考情報です。

「生後2ケ月から9歳の子ども向け肺炎球菌
ワクチンのことで、昨年10月に製造販売
が承認され、春頃には発売される予定。
& 厚生労働省が水痘ワクチン、ヒブワクチン
と共に、上記ワクチンも全額公費負担で
定期接種にすることを検討し始めたそうです」

ワクチン後進国の日本として当然の動きと
思います。

参考リンクです。
小児用肺炎球菌ワクチン- Know VPD!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

アイデアが寿命を延ばす巨大望遠鏡

アイデアが寿命を延ばす巨大望遠鏡
(科学技術部記者 小玉祥司)
2010-01-08 日経産業新聞online

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 米タイム誌が選んだ2009年の科学的発見
ベスト10に、国立天文台や独マックス
プランク研究所などによる太陽系外惑星の
発見が選ばれた。

 ハワイに建設された大型望遠鏡すばる
を使って直接撮影に成功したもので、
アイデアをいかして開発した観測装置も
力を発揮した。

 財政難の影響で予算縮減がいわれるなか、
限られた資金を活用して成果をあげる道を
示している。

 今回の成果は、中心部の恒星を隠して
周りの惑星だけが見えるようにする
コロナグラフと呼ばれる装置の性能向上に
負うところが大きい。
 二手に分けた光のパターンを比較して
中心の恒星の影響を取り除く差分光学系
という技術を採用、暗い惑星を映し出す
コントラスト性能を従来の10倍に向上した。

 この装置をすばるに接続して観測、
太陽系外惑星だけを撮影したわけだ。
 「新しい発見のかげには必ず新しい装置
がある。
 今回もそうだ」と国立天文台太陽系外
惑星探査プロジェクト室長の田村元秀
准教授は自信を見せる。

 新しい観測装置の開発にかかった費用は
約1億5000万円。
 必ずしも少ない額ではないが、研究者が
工夫をこらすことでかなり圧縮できた
という。

 例えばこうした装置ではわずかな光を
感度よく検出するために冷却する必要が
あるが、範囲が広いほど費用がかかる。
 新装置では光の検出に必要な部品の周囲
だけに絞り込み、新しく採用した差分
光学系も冷却はしていない。
 「アイデア勝負だった」と観測装置の
開発に当たった国立天文台の鈴木竜二
研究員は話す。
 こうした工夫を重ねながら手作りする
ことで費用を抑えながら世界に並ぶ成果
を出しているわけだ。

 今回の成果が得られたのは、新開発の
コロナグラフだけでなくすばるという
優れた望遠鏡があったからだ。
 ただ、すばるそのものは完成後10年が
たち、必ずしも世界の最先端をいくわけ
ではない。
 口径ですばるを上回る大型望遠鏡は
世界をみれば6台が稼働し、なかには
口径が10メートルを超える大型望遠鏡も
登場している。
 こうした大型望遠鏡を新しく作るには
数百億円の資金がいる。
 それに比べると少ない追加投資と
研究者の工夫で世界のトップクラスの
成果を上げたことになる。

 もちろん巨額の公費を投入するからには、
内容の点検や無駄を省くことは必要だ。
 しかし、今回のすばるを活用した成果を
見れば、ベースになる装置や施設が
しっかりしていれば、長期間にわたって
周辺装置の工夫や研究者のアイデアで世界
の先端で競争できることを示している。

 目先の成果や単純な費用対効果だけを
考えて先行投資を怠ると、科学技術立国
どころか世界との競争から取り残される
危険があることも忘れてはならない。
---------------------------------------

>米タイム誌が選んだ2009年の科学的発見
>ベスト10に、国立天文台や独マックス
>プランク研究所などによる太陽系外惑星の
>発見が選ばれた。

素晴らしい成果ですね。
おめでとうございます。
しかも研究者の工夫と少ない投資で、

でも、最後のところ、
「目先の成果や、、、忘れてはならない。」
を肝に銘じておいてくださいね。
政治家さん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日風力開発:英に次世代送電網、基幹技術供与、海外を開拓-日経

日風力開発:英に次世代送電網、
基幹技術供与、海外を開拓-日経

2010/01/12 bloomberg

---------------------------------------
 1月12日(ブルームバーグ):12日付の
日本経済新聞朝刊は、日本風力開発が英国で
次世代送電網(スマートグリッド)を構築
すると報じた。

 総工費は約15億円。
 現地の電力会社と協力し、蓄電池を使って
送電網を安定させる基幹技術を提供する
という。情報源は明示していない。

 報道によると、スマートグリッドを構築
するのは、英北部のオークニー諸島。
 同地域には風力発電所が約2万5000
キロワット、波力発電所が7000キロワット
あるが、さらに出力2万キロワット程度の
風力発電所を建設する計画。
 蓄電池には日本ガイシが製造する
ナトリウム硫黄(NAS)電池を使うという。
---------------------------------------

何故、英国なのでしょう?

日本の方針は? 日本では?

「米、次世代送電網の構築に3100億円拠出
を表明 規制緩和も推進」
という話しもあるのに、

これからは、環境ビジネスだと思うの
ですが、さっぱり見えて来ません。
自然エネルギーの活用です。

風力発電用風車に使用するベアリングの
輸出が伸びているという話しがあります。

高所にある風車の機械の修理は難しく、
20年間故障しない信頼性が要求される
そうで、技術のある日本にその話しが
来たということです。
それは、それで、良いことですが、

肝心の電力発電用風車は欧米のメーカー
が取っていて、
デンマーク、米国、ドイツ、スペインの
上位4者で世界の6割を占める。
太陽電池パネルも似たような状況に
なりつつある。

昨年11月8日。午前4時半から1時間半
スペインの電力の53%を風力が占めた
そうです。
スペインでは、昨年1月~10月の発電量
のうち、風力が13%、太陽光が3%。
一方日本は風力が0.3%、太陽光が
0.2%ほど、
技術の差ではなく、政策の差です。

これからは、部品でも、製品単体でもなく、
どのような技術を使って、どのような価値
を提供出来るか?
システムとして提供出来なければ駄目
なのだと思います。
当然スマートグリッドの技術も入って
きます。
それらを統合した技術が要求されます。

それがわからないはずはないと思う
のですが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神経発生時に働くたんぱく質、ES細胞の変化促す…京大iPS細胞研究センターが確認

神経発生時に働くたんぱく質、ES細胞の
変化促す
…京大iPS細胞研究センターが確認

(2010年1月8日 読売新聞)

---------------------------------------
 人の神経発生にかかわるたんぱく質が、
胚(はい)性幹細胞(ES細胞)を様々な
細胞に変化させる「スイッチ」の役割を
担っていることを京都大iPS細胞研究
センター(センター長=山中伸弥・同大教授)
の山田泰広・客員教授らのチームが明らか
にした。

 iPS細胞(新型万能細胞)を目的の
臓器、組織の細胞に変化させる技術の
開発にもつながる可能性があるという。

 8日の米科学誌「セル・ステムセル」
電子版で発表する。

 研究チームは、神経ができる過程で働く
たんぱく質「Rest」を欠損させた
マウスを作製。
 このマウスのES細胞を培養したところ、
変化の初期に欠かせない遺伝子が働かない
ことを確認した。
 しかし、Restを作る遺伝子を、この
ES細胞に入れると、上皮細胞に似た
細胞になったことから、ES細胞の変化に
Restがかかわっていると考えた。
 山田客員教授は「iPS細胞でも
Restがあれば、変化のスイッチが
うまく入り、分化が正常に進むと思う。
 がん化しにくいなど、より安全に作れる
かもしれない」と話す。
---------------------------------------

どんなタンパク質がどのように関わって
いるのか?

複雑怪奇なので、いつ何が発見されるのか
わかりません。

進歩は一歩一歩の積み重ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年号特集 ここまできた!! 人工臓器・再生医療

【新春座談会】
新年号特集 ここまできた!! 
人工臓器・再生医療
医工融合がかなえる次世代医療のかたち

2010年1月4日 医学書院

詳細は、リンクを参照して下さい。

最近の人工臓器・再生医療に関するトピックス
です。ご参考まで、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医師も逆輸入の時代?英医師2万人以上、インド移住へ

医師も逆輸入の時代?英医師2万人以上、
インド移住へ

2010年01月06日 AFP BBNews

---------------------------------------
 今後2~4年以内にインド系英国人の医師
約2万5000人がインドへ移住すると、4日の
インド紙Economic Times紙が英国インド人
医師会(British Association of
Physicians of Indian Origin)総裁の
話として伝えた。

 同医師会のRamesh Mehta総裁が
インド・ニューデリー(New Delhi)で
語ったところによると、現在インドへの
移住を考えているインド系医師は、研修中
の若い医師では約1万5000人、定年間近の
医師では少なくとも1万人にのぼるという。 
 
 移住する医師の多くは、全国7か所の
高度医療センターに配属される予定という。
 インド保健省管轄のこれらのセンターは、
同国最先端の研究・医療機関とされる
全インド医科学研究所(All India
Institute of Medical Sciences、AIIMS)
をモデルとして新設されるもので、質の
高い医師の確保が求められている。
(c)AFP
---------------------------------------

えらいことだと思いますが?

インド系英国人の医師ってすごく沢山
いるのですね。

こんなに沢山の移住を認めるとは、
イギリスは、どういう考えなのでしょうか?

Win-Winの関係なのかな?

日本ではこういうことは出来ないで
しょうけど、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

夢を紡ぐ:地球に優しい新技術/5 蓄電池 「安く」「軽く」「安全」追求

夢を紡ぐ:地球に優しい新技術/5 
蓄電池 「安く」「軽く」「安全」追求

毎日新聞 2010年1月9日 東京朝刊

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 リチウムイオン電池をつなぎ合わせ、
家庭用の電力をためたり、電気自動車
(EV)の動力源にできないか--。

 湯浅浩次さんのチームは、2年前から
新たな取り組みを始めた。
 リチウムイオン電池は通常、商品や
用途別に設計される。
 例えばEVの多くは、直方体の角形電池
を使う。
 だが、目を付けたのはパソコンなどに
使う円筒形のリチウムイオン電池
(直径1・8センチ、高さ6・5センチ)。
 「年間3億本も生産する汎用品で廉価。
 コストが大幅に削減され、一気に普及
する」と考えた。

 試作を重ねてたどりついたのは円筒形の
リチウムイオン電池を20本ずつ7列、
計140本並べた「電池モジュール」
と呼ぶ蓄電池。
 モジュール1個は重さ8キロで、容量は
1・5キロワット時。
 1日5キロワット時が必要とされる
一般家庭なら4~5個、軽自動車なら
12~13個、電動バイクならわずか
1~2個でまかなえる。
 「将来の生活に欠かせないものになる
と思う」

 発売は早ければ1年後で、価格は
モジュール1個5万~10万円となりそう。
 1キロワット時あたりでは、EVに
用いられる角形電池の半額以下にな
る計算。
 量産化すれば「5万円以下」になる
とみられ、住宅への設置や車への搭載が
期待されている。

 太陽光で発電した電力や電力会社から
購入した夜間の安い電力を、蓄電池に
ため、電気代や二酸化炭素(CO2)
排出を大幅に抑制することも可能。
「将来的には家庭がためた電力を売る
のも夢じゃない」
---------------------------------------

以前にも、似たようなニュースを投稿した
けれど、この方法は手っ取り早くて
良さそうですね。実用化が早く出来る。

太陽電池の電力を有効利用するためにも、
有望だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アレルギー治療のカギ?新種リンパ球発見 慶大

アレルギー治療のカギ?新種リンパ球発見
慶大

2010年1月8日 朝日新聞

---------------------------------------
 慶応大学の茂呂和世研究員らは、免疫を
活性化させるたんぱく質を大量に作り出す
新種のリンパ球を見つけた。
 研究グループは「ナチュラルヘルパー
(NH)細胞」と名付けた。
 将来、花粉症やアレルギー疾患を治療する
手がかりになりそうだ。
 英科学誌ネイチャーに論文が掲載された。

 リンパ球はB細胞、T細胞、
ナチュラルキラー(NK)細胞などに
大まかに分けられる。
 グループはマウスの腸の近くの脂肪組織
から新種の細胞を発見した。
 マウスにこの細胞があると、免疫を
活性化させるたんぱく質Th2サイトカイン
が大量に作られることがわかり、NH細胞と
名付けた。ヒトにもNH細胞と思われる細胞
を確認した。

 体内にTh2サイトカインが増えすぎると
花粉症や食物アレルギー、ぜんそくなどを
起こすと考えられている。
 小安重夫・慶応大教授は「NH細胞を
制御できればアレルギー疾患の治療に
役立つかもしれない」と話している。
---------------------------------------

免疫システムは本当に複雑ですね。

まだまだ未知の細胞があるのでしょうか?

アレルギー疾患の治療に役立つと良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症
治療学寄附講座ブログに下記更新情報が
ありましたので、載せておきます。

1.韓国における再発性脊髄炎

---------------------------------------
 韓国では日本と同様にMSに対するNMOの
比率が高いことが分かっています。
 さらに、NMOと同じような長い病変を
呈する横断性脊髄炎だけを繰り返す患者さん
も多く、それらの多くが男性であることも
分かっています。

 そして、この再発性脊髄炎では抗AQP4
抗体が陰性であり、視神経炎の合併も
ないことからNMOとは異なる病態機序が
指摘されています。

 今回、ソウル大学校医学部のLee教授らが
再発性脊髄炎の20例をまとめて報告して
います。

 あいにく当院では同じような症例の経験
がないので、日本人における頻度に
ついては全くの不明ですが、ほとんど認識
されてないように思います。

 抗AQP4抗体の発見によってNMOが独立した
疾患として確立したように、まだまだ多くの
疾患がMSやOSMSには含まれており、これらの
疾患が独立した概念として早く確立されて
いくことが望まれます。

 男性における再発性の横断性脊髄炎は
新たな疾患概念を強く考えさせられる
貴重な報告です。
---------------------------------------

まだまだ多くの疾患がMSやOSMSには
含まれているようです。

ため息がでてしまいますね。
でも、「あきらめず」です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ベテルギウスに爆発の兆候 大きさ急減、表面でこぼこ

ベテルギウスに爆発の兆候 大きさ急減、
表面でこぼこ

2010年1月10日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 オリオン座の1等星「ベテルギウス」で、
超新星爆発へ向かうと見られる兆候が観測
されている。
 米航空宇宙局(NASA)が6日に公開
した画像には、星の表面の盛り上がりと
みられる二つの大きな白い模様が写って
いた。
 この15年で大きさが15%減った
という報告もあり、専門家は「爆発は
数万年後かもしれないが、明日でも
おかしくない」と話す。
 もし爆発すれば、満月ほどの明るさに
なり、昼でも見えるようになる。

 冬の大三角の一つでもあるベテルギウス
は、赤色超巨星と呼ばれる巨大な星。
 直径は太陽の1千倍で、太陽系にあると
したら、地球や火星はおろか木星までが
覆われる大きさだ。
 重いため一生は短く、まだ数百万歳
(太陽は46億歳)だが、すでに寿命に
近い。
 最後は超新星爆発を起こし、
ブラックホールなどになるとされる。

 地球からの距離は約600光年。
 地球からベテルギウスを見ると、東京
から大阪に置いてあるソフトボールくらい
の大きさにしか見えず、これまでは大きな
望遠鏡でも点程度にしか見えなかった。

 だが近年は、複数の望遠鏡を組み
合わせて解像度を上げることにより、
その表面や周囲のガスの流れまで
撮影できるようになった。
---------------------------------------

観測技術が向上してきたんですね。

超新星爆発が実際に起こるところを
捉えることができたらすごいことです。
わくわくしますね。

いつ爆発するのでしょうか?
実際に見て見たいです。

そのうち爆発するのでしょうが、数万年先
ではね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

AED救命 尻込み

2010/01/04 朝日新聞朝刊より

---------------------------------------
突然、心停止した人を市民が目撃した際に、
心臓に電気ショックを与えて救命するAED
(自動体外式除細動器)を実際に市民が
使ったケースは、2008年の1年間で2%に
とどまっていた。
 総務省消防局の全国調査でわかった。

 AEDは04年から一般市民の使用が可能と
なった。

 消防庁によると、AEDを使わなかった場合、
患者の1ヶ月後の生存率は9.8%だが、使用
した場合は43.8%で、4.5倍にアップする。

 1ヶ月後の社会復帰率も未使用では、5.6%
だが、使った場合は38.2%で6.8倍の効率だ。

 消防庁は「救急隊員が到着するまでに、
少しでも早く処置をしてもらうことが救命に
つながる。
 もっと多くの人に使ってもらえるよう
啓発したい」としている。

「AED普及協会」は設置数を考えれば、
使用件数がもっと増えてもおかしくない。
使う人の数が、設置数に追いついていない」
と話す。

 使用法を学べる機会は各地の消防署で
開かれる「講習会」などに限られている
のが現状だ。

AEDは、救命できなくても責任を問われない
ことが法律で定められている。

「AEDを使うのに資格はいらないが、不安で
使えないという人が大半。体験できる機会を
少しでも増やすことが急務」と指摘する。

兵庫県医師会では独自に「認定書」を発行して
「教える人」を増やし、すそ野を広げている。
 中心メンバーの河村医師は講習ではあえて
「現場ではパニックになってください」と話す
という。
 「必死になれば、初めてAEDを見た人でも
十分使える。
 人を救うのはAEDではなく、使う人の
『命を助けたい』という気持ち」と呼び
かけている。
---------------------------------------

以外ですね。
こんなに市民の使用率が少なかったとは、

使用することで、救えなかった命が救える
のに!

周知が足りない結果だと思います。

>AEDは、救命できなくても責任を
>問われないことが法律で定められている。
ことも知らないし、

まして何も知らない人でも、なんとか
使えてしまうほど良くできている
とは思っていないと思う。

又、どの位救命に役立つものなのかも、
わかっていない。

せっかく高価な機器を設置したのだから、
もっと使われるように周知してください。

マスコミももっと積極的に周知に関わる
べきだと思います。

私も、万一そういう機会に出会うことが
あれば、必死になろうと思う。
命を救う為に、
始めてであったとしても、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

768bit合成数の素因数分解に成功、NTTらが世界記録更新

768bit合成数の素因数分解に成功、
NTTらが世界記録更新

2010/1/8 INTERNET Watch

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 NTTは8日、公開鍵暗号の安全性の根拠
である「素因数分解問題」において、
768bit(10進232桁)の合成数に対して、
「一般数体篩(ふるい)法」による
素因数分解に成功したと発表した。
 従来の記録である663bit(10進200桁)
を上回り、世界記録を更新した。

 今回、700bitを超える素因数分解を達成
したことで、NTTではRSA暗号で広く使われて
いる1024bitの素因数分解も近い将来に達成
される可能性があることを示唆している
と説明。
 このことから、より強度が高く効率的な
暗号技術を利用する必要性が高まっている
とした。

 NTTでは、暗号技術全般の安全性を継続的
に評価する考え。
 加えて、次世代暗号として、楕円曲線上の
演算規則を利用した新しい公開鍵暗号方式
である「楕円曲線暗号」の普及にも努める
考えだ。
---------------------------------------

暗号もどんどん世代交代していかないと
安全性を保つのが難しくなってきています。


NTT ニュースリリース

公開鍵暗号の安全性の根拠である
「素因数分解問題」で世界記録を更新
~768ビット合成数を一般数体篩法

にて完全分解に成功~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

共感の心で一緒に介護

2010/01/01 朝日新聞「ケアのかたち」より

---------------------------------------
 鈴木さん、寺口さんは、2人とも独身。

 すずの会とのかかわりを持つようになる
までは、相談相手もいなかった。

 男性の介護は、引きこもりや虐待が起こり
やすい。

 鈴木さんの父は認知症で、1997年に
亡くなった。
 数年後、母が発症し徘徊がひどくなった
ころ、会社を退職。
 お金がなく、介護サービスは週一度の
デイサービスと、月一度のショートスティ
に控えている。

 働こうとしたが、もらえるアルバイト代は、
その間あずけるデイサービスの利用料金を
払うと、ほとんど消えてしまう計算だった。

 24時間365日、排泄物をまき散らし、一日
中動き回る母から目が離せず、「毎日が夜勤
明け状態」だった。

 その鈴木さんのもとに、すずの会のメンバー
が訪ねてきたのは2007年夏だった。
 はた目にも「心配な親子」と見られて
いたからだ。

 「認知症だから寄り添えとか言わないで、
こっちの心理状態をわかってくれた」と
鈴木さん。

 近所でボランティアが開いている
ミニデイサービスに誘われ、参加してみると、
寺口さんがいた。介護を終えた高齢男性も
いて、愚痴を聞いてくれた。

 寺口さんも2年前、家業の町工場をともに
支えていた父親を亡くし、半身麻痺の母親の
介護と仕事の両立の難しさから、工場を
たたんだ。
 「すべてが犠牲になってんじゃないか」
 挫折感と疎外感を味わっていたところに、
すずの会に誘われた。

 ご近所を誘い自宅で開く食事会にも
誘われた。何回か参加した後、2人も自宅で
食事会を開いた。互いの家庭や介護の状態も
わかり、話せる相手が広がった。やがて、
すずの会の送迎ボランティアを頼まれ、
活動をまとめたDVD制作も頼まれ、気づくと
会の活動に「どっぷりはまっていた」と
2人は苦笑する。

 寺口さんは言う。「利益追求の人間関係
とは違う、ご近所の世界を知った。
 『ありがとね』『今日は天気良いね』
 そんな会話ができる関係は心地いい。
 一時は絶望していたけど、今はゼロに
戻って、自分に何ができるのかを探している」
 
要となっている代表の鈴木恵子さん(62)には
10年間の介護経験がある。86年の元旦、母が
くも膜下出血で倒れて寝たきりになった。
 翌年は夫の母が脳梗塞から認知症に。
 義父は90歳代。息子二人は小学生、夫は
単身赴任しており、家で母の介護をする
かたわら、徘徊する義母を追い、病院や
施設探しにも奔走した。

 恵子さんを支えたのが、地域の保健師や
看護師、そして息子の小学校のPTA仲間
だった。「ケーキ焼いたからお茶しよう」
「みててあげるから父母会に行っていいよ」
 緊急時に、「どうしよう」と言えば
「すぐ行くわ」と駆けつけてくれた。

 介護を終えた95年、苦楽を共にした
PTA仲間5人で立ち上げたのが「すずの会」

 困ったらいつでも鈴を鳴らしてください、
という意味だ。発足当初、地域で寝たきり
や認知症のお年寄りは120人ほどだったが、
人口約2万8千人の地区内に、今は千人ぐらい
が支援を必要としているとみられる。

 ミニディなど定例会のあとは反省会が
あり、気になる人について話し合う。

 すずの会の合い言葉は、
「やってみましょうよ」。

 地域で、その人なりに、その人らしく
いられるように。支え合いの網の目は、
今日もきめ細やかに広がっていく。
---------------------------------------

「すずの会」素晴らしいです。
鈴木恵子さん応援します。

介護を終えて普通なら、やれやれ、
大変だったけど、やっと役目を果たせた。

で終わってしまうのに、それで終わらせず
「すずの会」を立ち上げた。

なかなか出来ないことです。
良い仲間達に恵まれたことも大きかった
ですね。

すずの会の合い言葉、
「やってみましょうよ」

そうです!
行動すること。まずやってみること。
分かっていても、なかなかできないことです。

介護保険制度も当然必要だけれど、
それだけでは不十分だと改めて
思わされました。

誰でも、こういう状況になりうる。
それなのに、何故か自分の問題だとは
思わない。他人事になってしまう。

何よりも大切なのは、地域の支え合い
なのですね。

地域で、その人なりに、その人らしく
いられるように。お互いに支え合こと。

そういう人間関係を作り上げること。
大切ですね。

自分に何ができるのか?
私も考えてみたい。

自分のおかれている状況から考えると、
残念だけれど、できることは少ないかも
知れないけれど、考えてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

謹賀新年 個の医療や先端医療を開発するための新しい日本の仕組みを創り上げる1年がスタート

謹賀新年 個の医療や先端医療を開発
するための新しい日本の仕組みを
創り上げる1年がスタート

個の医療メールマガジン 2010/01/06号
Biorechnology Japan's BLOG

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 個の医療や先端医療を開発するための
新しい枠組みが我が国でも芽を出しました。

 NPO法人 日本IDDMネットワークという
1型糖尿患者の患者団体が、1型糖尿病の
治療につながる先進的な研究に対し研究費
の助成(第2回目)を、今年1月4日から
開始いたしました。
 この研究費こそ、大切に活かさなくては
なりません。
 是非とも、皆さん、積極的にご応募
いただきたいと思います。
http://www5.ocn.ne.jp/~i-net/top.html

 患者さんの医学研究への共同参画が
我が国の大きな課題でした。
 総てを知っている訳ではありませんが、
患者さん自らが自らの病気の克服の
ために資金や試料を提供する試みは
我が国では、欧米と比べて大きく遅れて
います。

 米国のバイオや医学の学会などでは、
入り口付近に多数の患者団体が展示ブース
を設け、臨床試験への協力を訴え、
さらには研究資金の提供も行う活動を
良く見かけます。

 若年性糖尿病研究財団(JDRF)や
The Michael J. Fox Foundation for
Parkinson's Researchなどが有名ですが、
他にも本当に多数の患者団体が、
医療関係者と共同して、新しい医療技術
や新薬の開発に関与しています。

 昨年からWBCにも出場した阪神タイガース
のエース、岩田稔投手が1勝する毎に
10万円を寄附することを決定、肩を壊した
ため7勝に留まりましたが、宣伝効果も
あり、日本IDDMネットワークへの寄附が
増加しています。
 自らも1型糖尿病患者でインスリン注射
は手放せない岩田投手の行動で、3年
かかった研究助成の寄附と同額以上の
寄附がたった1年で集まるまでに
なっています。
 まだまだ、小さい動きかも知れませんが、
この小さな動きが、どうしようもなく
硬直した日本を変える大きな力を
秘めています。

 今ある仕組みを維持することではなく、
現場のニーズを直視して、新しい日本の
仕組みを創り上げる1年が始まりました。
---------------------------------------

素晴らしいことですね。
何事も、小さな動きから始まるのだと思います。

正に、
「世界最大の悲劇、それは善意の人の
沈黙と無関心」―。
だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界最大の悲劇、それは善意の人の沈黙と無関心

世界最大の悲劇、それは善意の人の
沈黙と無関心

日経メディカル ブログ
:本田宏の「勤務医よ、闘え!」 

短い文章なので、心に残った一言を
紹介しておきます。

---------------------------------------
マーティン・ルーサー・キング牧師の言葉

---------
人は兄弟姉妹として共に生きていく術を
学ばなければならない。
さもなくば私たちは愚か者として滅びる
だろう。

後世に残るこの世界最大の悲劇は、
悪しき人の暴言や暴力ではなく、
善意の人の沈黙と無関心だ。
後世に恥ずべきは
「暗闇の子供達」の言動ではなく、
「光の子供達」の弱さと無気力である。
---------

「世界最大の悲劇、それは善意の人の
沈黙と無関心」―。

 私はいつも講演をしながら、この言葉を
かみしめています。
 この言葉は、まさに現代の私たち
日本人にも向けられているのではないで
しょうか。

 真の維新を成し遂げるには、政権が
交代するだけでは不十分で、私たちが
市民として声を上げていくことが
重要であると痛感しています。
---------------------------------------

同感です。
マーティン・ルーサー・キング牧師
素晴らしい人ですね。


「世界最大の悲劇、それは善意の人の
沈黙と無関心」―。

そう思います。
「行動すること、何かをすること」
そのこと無しでは何も変わりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

vol 2 「がんワクチンに対する日米の取り組みについて」

vol 2 「がんワクチンに対する日米の
取り組みについて」

2010年1月3日 MRIC
by 医療ガバナンス学会

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 最近、新型インフルエンザの影響で
ワクチンという言葉を耳にする機会が多い。

 一般にワクチンとは、免疫原(抗原)
として各種病原体を接種することにより、
抗体を生じさせ、病気を予防する目的で
使用される。

 一方、がんワクチンはがんに特異的な
ペプチドを接種することにより体内の
免疫力を高め、がん細胞を攻撃し、
治療することを目的としている。
 本寄稿においては、がんワクチンに
対する日米の取り組みの相違について
触れてみたい。

 今年4月には、久留米大学先端癌治療
研究センター 伊東恭悟教授らが、国内
初の「がんワクチン外来」を開設したが、
来院初日からあまりにも応募が殺到し、
約2時間で締め切るという騒ぎになった。
 まだ保険が認可されておらず、患者
負担額もおよそ60万円弱にも及ぶにも
関わらず、である。
 どれだけ多くのがん患者が期待し、
待ちわびているかが、このことからも
充分伝わってくる。
 しかし、現段階においては、がん研究に
対する研究費不足のため、遅々として
進展していないのが現状である。

 米国との比較
 一方、米国においては、がんワクチンを
国家戦略の一つに位置づけようとしている。
 オバマ米大統領は9月30日、景気対策と
医療研究に向け、およそ5,000億円の
助成金を拠出すると発表した。
 がんなどの難病研究にむけた研究員の
雇用創出も目指すとしている。
 最近の知見では、がん細胞に関する多く
の因子が、生命に関わる遺伝子に関わって
いるということである。
 がん研究をするということはすなわち、
生命について研究することにつながる。
 このような科学的背景からも、米国が
がん研究を支援していることが分かる。
 がん研究のなかでも、がんワクチンの
臨床研究は、テキサス大学M.D.
アンダーソンがんセンターをはじめ
400を超える。
 政府資金も年間5,000億円規模であり、
また患者団体等が寄付をH.P.などで募り、
500億円規模の資金を得て、がんワクチン
の治験費用に当てられている。
 これに対し、日本政府のがん研究費は
数百億円程度であり、米国のわずか50分の1
程度しか援助されていない。
 また、30~40件程度の臨床試験しか実施
されていない。
 今後、米国と同様に、国家戦略の一つ
として、「がんワクチン」の臨床研究や
臨床試験を進めていくためにも、国を
上げての研究費の増加が望まれる。

 現在、日本は先進国でありながら、
諸外国においてがん治療に有効と
されている治療薬や治療法が日本で
承認されておらず、保険適用外に
なっているなど、がん研究においては
完全な後進国である。

 上述のように、久留米大学がんワクチン
外来での騒動は、我が国における
「がん治療難民」の存在が浮き彫りと
なった形と言える。
 こういった現状問題に対し、国家戦略
として、早急に、かつ適切に対応し、
がん治療の水準を先進国の医療に
ふさわしい状況まで上げ、世界に先駆けた
医療を築く必要がある。
---------------------------------------

いつもながら情けない状況です。

人の命を大切にすると言うのなら、
何故、国家戦略の一つとして
この分野にもっと予算をつけないのか?

「ガンは、2人に1人がかかり、
かかった人のうち、3人に1人が死んでいる。」
この現実をどう捉えているのでしょうか?

予算の優先順位をどう考えている?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症
治療学寄附講座ブログに下記更新情報が
ありましたので、載せておきます。

1.抗アクアポリン4抗体の病原性

主たる内容は、
---------------------------------------
 この研究はNMOにおける抗アクアポリン4
抗体の病原性を証明するとても意義のある
研究成果です。

 この研究では、NMO患者の血清から抽出
したIgGをヒト補体と同時にマウスの脳に
直接接種することで、12時間後には
アクアポリン4の欠失を主体とするNMOの
病変が形成され、7日後には病変由来の
臨床症状を呈したと報告しています。

 これまで、NMOの病変を形成するには
炎症を惹起する自己反応性のT細胞の存在
が不可欠と考えられていましたが、
抗アクアポリン4抗体と補体が中枢神経に
存在するだけで病変が形成されることを
証明しており、補体依存性ではありますが、
抗アクアポリン4抗体単独の病原性が
明確になりました。

 今回の研究報告から更に明らかになった
ことは、NMOの治療ターゲットとして、
1.抗アクアポリン4抗体の除去か産生阻止、
2.補体の除去、
3.抗アクアポリン4抗体の中枢神経への
  移行阻止の3つに重点をおくべきである
  ということだと考えます。
---------------------------------------

以上です。
ご参考まで、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小惑星が地球衝突? ロシアが専門委立ち上げ

小惑星が地球衝突? ロシアが専門委立ち上げ
2010年01月03日 slashdot

---------------------------------------
 AFPBB Newsの記事、MSN産経ニュースの
記事によると、2030年代に地球接近が予想
されているという小惑星アポフィスの地球
衝突を回避するべく、ロシア宇宙庁が専門家
による対策委員会を開くこととなったそうだ。

 ロシア通信によると、アポフィスは直径
350メートル程の小惑星で、2036年に地球
近くを通過するとみられ、この際に地球に
衝突する可能性があるという。

 同庁のペルミノフ長官曰く、「小惑星の
破壊や核爆破ではなく衝突を回避する」
としており、アポフィスの軌道をそらす
ための装置の開発を目指すとのこと。
 具体的な方策が決まれば、米国、欧州、
中国にも参加を呼びかける流れ。

 いっぽう、NASAの情報によると、以前の
データでは2036年にアポフィスが地球に
衝突する確率は4万5000分の1だったが、
最新のデータを使用しての再計算では、
その確率は25万分の1までになっている
とのこと。
 実際に衝突すれば、フランスとほぼ同じ
面積が荒野と化すと予測されている。
---------------------------------------

衝突確立が25万分の1ならば、そんなに
心配することもなさそうですね。
それに小さい、とは言っても衝突すると
大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイブリッド車を凌駕も 高燃費ガソリンエンジン(マツダ、ダイハツ工業)

ハイブリッド車を凌駕も 高燃費ガソリン
エンジン(マツダ、ダイハツ工業)

2010年1月7日(木)日経ビジネスONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

以前にも、投稿してますが、現実的に
なってきました。


---------------------------------------
 ガソリンエンジンで1リットル当たり32km
走る小型車を開発したマツダ。
 軽量化やエンジンの改良を重ね、
ハイブリッド車に迫る高燃費を達成した。

 リッター30kmを超える燃費はハイブリッド
車だけの独壇場ではなくなりそうだ。
 マツダが開発したコンセプトカー
「清(きよら)」は、ガソリンエンジンの
改良で、リッター32kmの燃費を実現した。
 正確に言えば、国土交通省の燃費基準
10・15モードでの燃費だ。
 同じ基準でトヨタのプリウスが38km、
ホンダのインサイトは30km。
 10・15モードだけで見れば、マツダの清は
インサイトを超える燃費をガソリンエンジン
で達成したことになる。

 清のエンジンは排気量1300ccで、マツダの
小型車「デミオ」と同サイズ。
 デミオの燃費は10・15モードで23km
なので、清はデミオよりも約40%も燃費を
改善したことになる。

 その改善のポイントは大きく分けて
2つある。

 まずは動力部。
 エンジンの改良で15%、変速機の摩擦軽減
で5%、停車時にエンジンを休止する
アイドリングストップで10%が改善された。
 動力部以外では、減速時のエネルギーを
電力として回収・再利用する回生技術で5%、
デミオから100kgの軽量化と空気抵抗の
低減で5%が向上した。

 清はこれまでに積み重ねた様々な技術改良
の集合体だが、特にエンジン部分は燃費向上
の3分の1以上を占めており、今回の開発の
肝と言える。

 エンジンはガソリンと空気の混合気を
燃やして動力を得る。
 この時に発生した燃焼エネルギーのうち、
クルマの駆動力として路面に伝わる力は
わずか2割程度になる。
 残る8割近くは、摩擦熱や排熱として
失われてしまう。

 この無駄を改善する余地は多い。
 マツダ・パワートレイン開発本部の岩本朗
主幹は「燃焼のタイミングをもっと微細に
調整すれば、少ない燃料で効率よく動力を
得ることができる」と説明する。
 そのために、マツダでは数年前から
エンジンの開発に新しい手法を導入した。
 カギは「見える化」だ。

 岩本主幹は「清はエンジン室内の動きを
直接、目で見て開発した」と説明する。

 これは、どういうことか。
 エンジンは金属の塊のため、エンジン内
でガソリンが燃焼する様子を目で見ること
はできない。
 そのため開発では通常、コンピューター
を使ってエンジンの中の空気の動きや燃焼
の様子をシミュレーションするのが
主流だった。

 清の開発でマツダは、石英ガラスで作った
透明の燃焼室を作った。
 この透き通ったエンジンを利用すれば、
外部からも燃焼の様子を把握することが
できる。
 こうした実験装置は強度に問題が
あったが、近年になってガラス素材の
強度が上がったことで、マツダの研究所
にも導入された。
---------------------------------------

面白くなってきましたね。

>ガソリンの燃焼エネルギーのうち、
>クルマの駆動力として路面に伝わる力は
>わずか2割程度になる。

こんなに悪いとは、思いませんでした。
それに、エンジンの歴史は長く、技術と
しては、ほぼ完成されたものだと、思って
ました。

それだけに驚きです。

ガソリンエンジン車でこれだけの燃費が
出せれば、ハイブリット車は、維持費を
考慮すると、負けますね。

ガンバレ、マツダ!
マツダは、ロータリーエンジンを使った
水素自動車も開発してますね。
常に挑戦する姿勢は、素晴らしい。
燃料電池車もありますが、今の所、高価すぎる。

ノルウェーには、国家としてのしっかりした
方針があるようです。
見習いたい。


ダイハツも頑張っています。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年1月 5日 (火)

[医薬品] 高価な注射剤での治療を安価な経口剤に。(野村証券)

[医薬品] 高価な注射剤での治療を
安価な経口剤に。(野村証券)

2010年1月5日 NSJ日本証券新聞

---------------------------------------
 野村証券は「産業アウトルック(1月号)」
で、高価な注射剤での治療を安価な経口剤に
切り替えるのは世界の薬剤市場での大きな
潮流と解説。

 抗体医薬の注射剤は年間の治療費が
500万円を超えていても、低分子薬である
経口剤は数万円で済み、田辺三菱製薬
(4508)がノバルティス社に導出した
「FTY-720(多発性硬化症治療薬)」は
2009年12月に欧米で新薬の承認申請が
行われたが、多発性硬化症治療薬として
初めての経口剤になる模様。

 既存のインターフェロン製剤では年間
200万円の費用がかかるが、経口剤で
あれば年間約18万円(1日500円)で済む。

 医療機関での注射治療より、飲み薬での
自宅療養のほうが、患者の肉体的、
精神的負担も軽減される。

 癌の治療も、点滴注射の治療から、自宅
での経口剤服用による再発予防が主流に
なると考えられ、第一三共(4568)の
「ARQ-197(抗癌剤)」、エーザイ(4523)の
「E7080」や「E7050」(抗癌剤)は低分子
の経口剤として、世界で戦える薬剤と報告。
---------------------------------------

Good Newsです。

>「FTY-720(多発性硬化症治療薬)」は
>2009年12月に欧米で新薬の承認申請が
>行われたが、多発性硬化症治療薬として
>初めての経口剤になる模様。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

なんのための税金投入か 悪化する外国人介護士・看護師受け入れ

なんのための税金投入か 悪化する
外国人介護士・看護師受け入れ

2010年1月4日(月)日経ビジネスONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 仕分けから漏れた事業にも税金の無駄遣い
はある。
 その1つが、外国人介護士・看護師の受け
入れ事業への約28億円に上る予算だ。

 2008年に始まった外国人介護士らの受け
入れ事業は、今年で3年目を迎える。
 これまで来日した介護士・看護師の数は、
インドネシアから2008年と09年の2回で569人、
フィリピンからは09年に310人。
 今年は両国併せて最大で1140人が受け
入れられる予定だ。

 しかし、過去2年の状況を見る限り、受け
入れは順調に進んでいない。
 外国人の採用に手を挙げる施設や病院が
集まらず、予定した人材が来日できない
状況が続いているのだ。

 その最大の要因が「日本語」である。
 実は、外国人介護士らの日本語能力は、
来日の条件とはなっていない。
 既に受け入れられた介護士らも、全く
日本語を学んだ経験がない者が過半数を
占める。
 就労前に半年間の日本語研修を受ける
決まりだが、それだけでは仕事を任せられる
語学力は身につかない。

 施設としても、長期にわたって働ける
人材であれば一から教育する意味がある
だろう。
 だが、外国人介護士は就労から3年後、
「介護福祉士」の国家試験を日本語で受け、
一発で合格しなければ強制帰国となる。

 国家試験は日本人でも2人に1人が不合格
になる難関だ。
 外国人が仕事の合間に受験勉強をして
合格できるようなレベルではない。
 せっかく日本語や仕事に慣れたところで、
職場と日本を離れることになるのである。

 一方で受け入れ施設は、たとえ外国人
介護士が戦力にならなくても、当初から
日本人と同等の賃金を支払わなくては
ならない。
 そのうえ、受け入れ前には、日本語
研修費や斡旋機関への斡旋手数料などで
1人につき60万円近い出費を強いられる。
 これでは、受け入れに手を挙げる施設
が少ないのも当然だ。

 では、介護士たちはいったい誰の
ために受け入れられたのか。

 来年度に計上される見込みの約28億円の
予算は、経済産業省と厚生労働省が要求
している。
 内訳は経産省が19億6000万円、厚労省が
8億7400万円。
 両省は、外国人介護士らの受け入れ
によって利権を手にした省庁だ。

 経産省の場合、介護士らの日本語研修を
傘下の天下り法人が担当している。
 そして厚労省は彼らの斡旋を傘下法人が
独占する、といった具合だ。

 150人余りの介護施設、病院関係者が
集った会場に、しらけた空気が蔓延した
のは言うまでもない。
 そもそも、「国家試験合格」という条件
を課したのは他ならぬ厚労省である。
 そのハードルをクリアさせるため、さらに
税金を要求するというのは、まさに
マッチポンプと言うしかない。

 10年度、受け入れ枠上限に当たる1140人
の外国人介護士・看護師が来日してと
しても、1人当たり約250万円もの税金が
使われる計算だ。
 国家試験に落ち、短期間で日本を離れて
いく人材の日本語教育に対し、これほど
多額の血税を使う余裕が政府にあるとは
到底思えない。

 来日前に現地で日本語研修を施し、
一定のレベルに達した人材だけを受け
入れるなどすれば、今よりも予算は
ずっと安く済む。
 また、日本語能力が担保されれば、
介護士らの採用を希望する施設も増える
はずだ。
 受け入れスキームの見直しがない限り、
税金の無駄遣いが続くばかりである。
---------------------------------------

まさに無駄遣い。

以前から、おかしいと思っていましたが、
まだ、同じスキームで続けるつもりらしい。

どうして、こんな事業が仕分けされないで
通過してしまうのか?

理解しがたい。

誰が考えても、おかしな条件。
うまく機能するはずがない。
どこの誰がうまくいくと、思っている?

どうなっている?

受け入れスキームの見直しはどこが
する? 直ちに実施すべき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「尋常じゃない」若者の献血離れ 将来に不安、献血年齢一部引き下げ

「尋常じゃない」若者の献血離れ
将来に不安、献血年齢一部引き下げ

2010/1/2 JCAST ニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 手術や救命医療で大量に使われる輸血用
血液製剤は、大半を献血に頼っている。

 ところが、若年層の献血離れが著しく、
16~19歳の献血者は24年間で5分の1に、
20歳代は半分以下に減った。

 このままでは将来、血液を安定して供給
できなくなるとして、厚生労働省は男性の
献血対象年齢を一部引き下げることを決めた。

 早ければ2011年4月から実施される。

 大半を献血に頼っているので、若者や
健康な人が献血をやめたら成り立たない。

厚生労働省血液対策課の担当者は、
「全体的に減っていますが、若者の献血率
の低下は尋常じゃないです。
 20数年でこれだけ減っているのは、
若者の個人意識が高まり、助け合いで
成り立っている献血に対しての意識が
変化していることが大きいと思います」
といっている。
---------------------------------------

何かおかしいですね。
大問題だと思います。

強制することではないと思うが、
このままでは強制しなくては!
ということになりかねない。

世界的な傾向なのでしょうか?

若い人達への教育がうまくいって
いない。

学校も、親も、教えるのは、お互いに
自分では無いと思っている?

自由ということを間違って解釈して
いないのでしょうか?
あるいは、教えていない?

自分勝手に生きて良いということでは
ないはず。

人は、決して、一人ではなく、
お互いに関係し合い、助け合って
社会が成り立っている。

どこが教えるべきなのでしょうか?

肝心なところが抜けているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パナソニック、薄型テレビで通話料ゼロ電話 スカイプと提携

パナソニック、薄型テレビで通話料ゼロ電話
スカイプと提携

2010/01/05 NIKKEI NET

---------------------------------------
 パナソニックは今春から通話料なしで
テレビ電話ができるプラズマテレビを日米欧
で順次、商品化する。

 スカイプ・テクノロジーズ(ルクセンブルク)
と提携し、インターネット経由で電話が
かけられる同社製ソフトを内蔵する。

 世界で5億人以上が利用する同ソフトを
テレビメーカーが採用するのは初めて。

 プラズマテレビの付加価値を高め販売拡大
につなげる。

 提携は週内にも発表する。

 パナソニックはプラズマテレビ「ビエラ」
のうち、ネット機能がある上位機種に
スカイプソフトを内蔵する。

 今春に米国、今夏をめどに日本や欧州で
売り出す。
 価格は基本のモデルに比べ数万円高くなる
見通し。 (08:13)
---------------------------------------

どうなんでしょう?

テレビで電話ね~

テレビは、テレビとしての利用が正解だと
思うけど。

私自身は、あまり興味がない。
やるなら、パソコンでやる。

スカイプ同士なら確かに無料だけど、
一般電話にかける場合は、無料には
ならないし、ちょっと誤解をまねきそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイハツが1位、レクサスを上回る…「故障が少ない」仏調査

ダイハツが1位、レクサスを上回る…
「故障が少ない」仏調査

2010年01月04日 livedoor ニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 フランス消費者組合連盟は、機関誌
『UFC ク・ショワジール』の1月号で、
乗用車の信頼性とコストに関する最新の
調査結果を発表した。
 調査は、読者2万6000人からの回答を
もとに集計したもの。

 それによると、「故障の少なさ」では
ダイハツが1位で、2位はレクサス、3位は
ルノー・グループのダチアだった。

 また「年間維持修理費の安さ」の項目
では、ダチアが130ユーロ(約1万7200円)
でトップ。
 2位マツダの229ユーロ(約3万0400円)、
3位フォード230ユーロ(約3万0500円)
を大きく引き離した。

「故障の少なさ」で1位になったダイハツは、
フランス市場で『クオーレ』(日本名
『ミラ』)、マテーリア(同『クー』)、
トレヴィス(同『ミラ・ジーノ』)、
シリオン(同『ブーン』)、テリオス
(同『ビーゴ』)、そして『コペン』の
6車種を販売している。
 参考までに欧州仕様のクオーレは998cc
エンジンで、フランスでの小売価格は
マニュアル仕様が1万0690ユーロ
(約142万円)。

 ダイハツは昨2009年に、ドイツでも
JDパワー&アソシエイツ社の顧客満足度
調査で1位を獲得している。

 ただしフランスの主要メディアは、
むしろダチアの好成績にスポットを当て、
ルーマニア製のローコスト車として登場
した同ブランドが「安かろう、悪かろう」
ではないようだと報じている。

 メインテナンス・コストに敏感な
フランスのユーザーだけに、調査結果は
彼らのブランド認識の変化を加速させる
かもしれない。
---------------------------------------

面白い結果ですね。

「故障の少なさ」ではダイハツが1位とは、
以外でした。

情報の信頼度は、どの程度なのでしょうか?

日本の消費者庁は、何をやるところ
なのかな?

こういう情報も流してくれると、
良いと思うのだが、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考えるだけで家電操作、日立が小型化 3~4年後実用化

考えるだけで家電操作、日立が小型化 
3~4年後実用化

---------------------------------------
 日立製作所は手を使わずに考えるだけで
家電やロボットを操作できる小型機器を
開発した。

 ヘアバンド型のセンサーを装着し脳の活動
状態をとらえる。
 データを処理する装置を弁当箱大の
大きさに収め、持ち運びを可能にした。
 リモコンが使えない難病患者向けに
3~4年後をメドに実用化する。

 脳波や血流といった脳が出す信号を
手掛かりに機械を操作する
「ブレイン・マシン・インターフェース
(BMI)」技術を応用した。
 BMIはここ数年、国内での研究開発が
盛んで、トヨタ自動車やホンダも研究を
本格化させている。
---------------------------------------

良いですね。

3~4年後をメドということなので、
まだ、具体的なイメージがどうこう
言う段階ではないですね。

どんな製品が出てくるのか楽しみです。

ゲームのようなものが既に出てますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

世界初の直流超伝導送電・蓄電システムの研究開発

世界初の直流超伝導送電・蓄電システム
の研究開発

ナノオプトニクス・エナジー
中部大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 世界で初めて高温超伝導体を用いた直流
超伝導送電を実施し、世界最大電流を流す
ことを目指しています。

 実現のために、液体窒素循環装置で発生
する圧力損やポンプ動力を低減するための
研究と、新型の超伝導ケーブルや断熱二重管
の試作・評価を行っています。

 また、端末部での断熱を新方式
(ペルチェ電流リード:PCL)で行います。

 この方式は常温部と液体窒素冷却部との
接続箇所からの熱侵入を劇的に低減できる
のが特長です。
---------------------------------------

夢のありそうな研究ですが、
超伝導を維持するための冷却装置の
電力が馬鹿にならないし、電力ケーブル
システムのコストも高いだろうし、
実現可能なのだろうか?

実現できたら素晴らしいですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

生体透過性のよい近赤外線を発するタンパク質の創製と利用

生体透過性のよい近赤外線を発する
タンパク質の創製と利用

2009年9月8日 発表
産業技術総合研究所

詳細は、リンクを参照して下さい。
発表はずいぶん前のようですから、
旧聞になりますが、載せておきます。


---------------------------------------
 独立行政法人 産業技術総合研究所
【理事長 野間口 有】(以下「産総研」
という)ゲノムファクトリー研究部門
【研究部門長 鎌形 洋一】近江谷 克裕
主幹研究員 および セルエンジニアリング
研究部門【研究部門長 大串 始】
セルダイナミクス研究グループ 呉 純
研究員 は、国立大学法人 北海道大学
【総長 佐伯 浩】大学院医学研究科
尾崎 倫孝 教授らと共同で、近赤外線
発光タンパク質を創り出すことに成功し、
これと医薬抗体とを結合させプローブ化
することでがん細胞の位置を特定できる
技術を開発した。

 近赤外線発光タンパク質は、ウミホタル
ルシフェラーゼの糖鎖に近赤外線有機
蛍光色素を導入することで得られた。

 この蛍光色素は生体内化学反応で
エネルギーが移動することにより近赤外線
を発光するが、近赤外線は生体透過性が
高いので、生体内部の近赤外線発光を
外部から観察できる。

 このような近赤外線発光タンパク質は
これまで存在しなかった。

 また、近赤外線発光タンパク質と
医薬抗体とを結合させて近赤外線発光
プローブとすることで、マウス体内に
移植した肝がん細胞をCCDカメラで
モニターできることを明らかにした。

 今回開発した近赤外線発光プローブは
化学反応で近赤外線を発光するので、
外部から放射線や紫外線を当てる
必要のないがん細胞評価法である。

 本プローブを用いることで医薬抗体の
評価や病理ライブ診断など医療技術の
革新が期待される。

 なお、本研究成果の詳細は、9月7日
(米国東部時間)、全米科学アカデミー
紀要(Proceedings of the National
Academy of Sciences USA, PNAS)に
掲載される。
---------------------------------------

蛍光タンパクとしては、
GFP(緑色蛍光タンパク質)が有名ですが、

>近赤外線発光タンパク質を創り出すことに
>成功し、これと医薬抗体とを結合させ
>プローブ化することでがん細胞の位置を
>特定できる技術を開発した。

>近赤外線は生体透過性が高いので、
>生体内部の近赤外線発光を外部から観察
>できる。

とのことで、Good Newsですね。
期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

おめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

今年も皆様にとって良い年でありますように

祈っております。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »