« 皮膚から直接神経細胞、iPS使わず新方式 | トップページ | 昨年の自殺者は3万2753人 12年連続で3万人超 »

2010年1月28日 (木)

米FDA MSに伴う歩行障害改善薬を承認

米FDA MSに伴う歩行障害改善薬を承認
2010/01/26 ミクスOnline

参考情報です。全文を見るためには、
有料会員登録が必要なようです。
---------------------------------------
 米FDAは、1月22日、多発性硬化症(MS)に
伴う歩行障害改善治療薬Ampyra
(dalfampridine)徐放錠を承認した。

 “MSに伴う歩行障害の改善について”
適応を取得した薬剤は世界で初めて。

 MSに罹患すると、障害を受けた脳・脊髄
の部位により、運動能力障害、視覚障害、
感覚低下、四肢脱力・麻痺、記憶障害、
言語障害、排尿障害など各種症状が発現
するが、同剤は臨床試験で歩行障害の改善
が認められた。
 なお、同剤は単剤あるいは、免疫調整剤
など他のMS療法との併用が可能だ。
 臨床試験における副作用は、尿路感染症、
不眠症、頭痛、腰痛、悪心、めまい、
平衡障害、便秘、下痢、胸焼け、皮膚掻痒
など。
---------------------------------------

米国は、承認が早いですね。
日本は遅い。
患者が幾ら言ってもほとんど変わらない。

|

« 皮膚から直接神経細胞、iPS使わず新方式 | トップページ | 昨年の自殺者は3万2753人 12年連続で3万人超 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47410618

この記事へのトラックバック一覧です: 米FDA MSに伴う歩行障害改善薬を承認:

« 皮膚から直接神経細胞、iPS使わず新方式 | トップページ | 昨年の自殺者は3万2753人 12年連続で3万人超 »