« 難病対策予算の確保で要望書―難病・疾病団体協 | トップページ | チベット高原の急速な気温上昇、原因にインド亜大陸の「黒色炭素」 NASA »

2009年12月16日 (水)

体内時計狂うと高血圧に、不規則生活が原因 京大

体内時計狂うと高血圧に、不規則生活が
原因 京大

2009/12/14 NIKKEI NET

---------------------------------------
 不規則な生活はやはり高血圧を招く――。

 日常の生活リズムの乱れが高血圧を引き
起こす仕組みを、京都大の岡村均教授らの
グループがマウスを使った研究で明らかに
した。

 体内時計が狂うと、副腎で血圧を上げる
ホルモンを作る酵素が過剰に働いた。
 昼夜交代制の職場で働く人は高血圧症が
多いが、原因はわかっていなかった。

 新たな治療薬開発につながる成果で、
米科学誌ネイチャー・メディシン電子版
に14日発表した。

 岡村教授らは遺伝子組み換え技術で体内
時計を働かなくしたマウスを作り、塩分の
多い食事を与えた。
 すると体内に食塩と水をため込むホルモン
を作る「Hsd3b6」という酵素の活動が
活発になり、血圧上昇ホルモンが過剰に働く
ようになった。
 その結果、食塩を排出できずに高血圧が
引き起こされていることがわかった。
---------------------------------------

やはり、不規則な生活は良くないようです。

お気をつけあれ!

|

« 難病対策予算の確保で要望書―難病・疾病団体協 | トップページ | チベット高原の急速な気温上昇、原因にインド亜大陸の「黒色炭素」 NASA »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47036234

この記事へのトラックバック一覧です: 体内時計狂うと高血圧に、不規則生活が原因 京大:

« 難病対策予算の確保で要望書―難病・疾病団体協 | トップページ | チベット高原の急速な気温上昇、原因にインド亜大陸の「黒色炭素」 NASA »