« 症候性ナルコレプシーの新たな原因 | トップページ | 超新星が作る「パスタ」 »

2009年12月21日 (月)

治療薬で健康被害、入院患者の5人に1人 3病院調査

治療薬で健康被害、入院患者の5人に1人
3病院調査

2009年12月21日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 治療のための薬で健康被害を受けた入院
患者が5人に1人に上ることが東京、京都、
福岡の病院を対象にした調査でわかった。

 軽微な副作用から命にかかわる深刻な例
まで計千件以上あり、重い被害が4割
近かった。

 京都大などの研究グループによると、
調査担当者を派遣し、病院の協力を得て
カルテや検査データなどを綿密にチェック
し、薬が関係した健康被害を拾い出す研究は
国内初という。
---------------------------------------

調査に協力して頂いた病院には感謝します。
ありがとうございました。
貴重なデータですね。

でも、こういう研究が国内初とはなんとも
残念です。

5人に1人に健康被害とは、多すぎませんか?
命にかかわる深刻な例まであるとは、
見過ごせない問題です。

医師側に、
「なんでも俺がやるのだ。
俺のやることに口をだすな!
安全は、俺しか守れない!」
という思い上がりが根底にあるのでは
ありませんか?

院内報告制度ってなんですか?
自己防衛組織ですか?
←言い過ぎだと思いますが、機能して
 いないのは事実。

医療の質の評価が、行われていないと
いうことです。
もっと積極的に行うべきだと思います。

特に、治療成績に対する評価は重要です。
良い医師が評価されない制度も問題です。

現場で何が起こっているのか把握して
いないし、把握する努力も足りない。

医療崩壊のこの時期。
根本から、見直して貰いたい。

ちょっと意味合いが違いますが、
以前投稿した記事と関連記事です。

必要最小限の「単剤療法」

[解説]抗精神病薬の多剤大量投与

|

« 症候性ナルコレプシーの新たな原因 | トップページ | 超新星が作る「パスタ」 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47075471

この記事へのトラックバック一覧です: 治療薬で健康被害、入院患者の5人に1人 3病院調査:

« 症候性ナルコレプシーの新たな原因 | トップページ | 超新星が作る「パスタ」 »