« DINF:障害者保健福祉研究システム | トップページ | グーグル、オンライン辞書「Google Dictionary」を提供開始 »

2009年12月 6日 (日)

患者目線で学ぶ「教科書」 医学生向けに発刊

患者目線で学ぶ「教科書」 医学生向けに発刊
(2009年10月29日 読売新聞)

---------------------------------------
 患者の気持ちを理解できる医師を育てて
もらおうと、患者団体が医学生向けに
「患者と作る医学の教科書」(日総研出版)
を発刊した。

 製薬会社ファイザーが支援している患者
連携組織「ヘルスケア関連団体ネット
ワーキングの会」(76団体加盟)に参加
する患者らが中心となって執筆した。

 医学生は授業では知識の習得に追われ、
患者と接する機会は少ない。
 そこで、この教科書では、病気の解説の
ほか、「患者が診断時に気遣ってほしいこと」
や「患者の悩み、患者が抱える問題」など
も盛り込んだ。

 「てんかん」の項目では、「『あなたは
治りません。
 薬を飲み続けなければなりません』と
はっきり言われたが、もう少し勇気づける
言い方があってもいいのではないか」と、
患者の要望を紹介している。

 執筆・編集に携わった中枢性尿崩症の
会副代表の大木里美さんは「医師から
『症例』と言われて傷ついたことがある。
患者を人間として見ることができる医師
を育てるために活用してほしい」と話す。

 本書は医学部がある大学などに配布される。
 今回は、てんかんのほか、認知症、
パーキンソン病など25の疾患を取り上げた。
一般の人も書店取り寄せなどで購入できる。
2800円(税込み。B5判280ページ)。
---------------------------------------

大分古い情報ですが、紹介しておきます。

障害者の意見もそうですが、弱者の言葉、
患者の言葉を反映してもらいたい。

その意味でこの本は、良い試みではないかと
思います。
どんどん進めてよりよい物にして行って
貰いたいものです。

こういう本です。
患者と作る医学の教科書

アマゾンへのリンクは、


です。興味のある方は、どうぞ。

|

« DINF:障害者保健福祉研究システム | トップページ | グーグル、オンライン辞書「Google Dictionary」を提供開始 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

以前に少し読んだ事があります。医者だけではなく言葉は難しいですね。
またあるお医者さんは「経験がない医者ほど、言葉を考えない、、、命に関わる病においては、命の期限を勝手に告げて終わってしまう」とおっしゃっていました。
良いお医者さんは必ずその後に、人としての言葉があるそうです。
「医者の前に」とは言いません。その後でも人の心を持って接して欲しいものです。

投稿: H!ro^^ | 2009年12月 6日 (日) 15時19分

以前に読んだのですか? 勉強家ですね。

>「医者の前に」とは言いません。その後でも人の心を持って接して欲しい。
そう思います。

「人の痛みを自分の痛みとして感じて欲しい。」
そういう医者が少しでも、増えてくれたらと思います。

投稿: haredasu | 2009年12月 7日 (月) 15時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46948808

この記事へのトラックバック一覧です: 患者目線で学ぶ「教科書」 医学生向けに発刊:

« DINF:障害者保健福祉研究システム | トップページ | グーグル、オンライン辞書「Google Dictionary」を提供開始 »