« 延命治療中止 有罪確定でも重い課題が残る(12月11日付・読売社説) | トップページ | 神童モーツァルトの科学的考察も - 英王立協会が時系列で追える論文サイト »

2009年12月18日 (金)

岡山大、がんの遺伝子治療 日米中で臨床試験へ

岡山大、がんの遺伝子治療 日米中で
臨床試験へ

2009/11/20 19:31 【共同通信】

---------------------------------------
 岡山大は20日、がん細胞だけを細胞死
させるとともに、がんを攻撃する免疫細胞を
活発に働かせる遺伝子治療の臨床試験を、
2010年以降、日本と米国、中国で始める
計画を発表した。

 試験は安全性や有効性を調べるもので、
対象は悪性中皮腫と、ホルモン治療が効き
にくかったり再発リスクが高かったりする
前立腺がん。

 担当の公文裕巳教授(泌尿器病態学)に
よると、岡山大が発見したがん抑制遺伝子
「REIC」を組み込んだウイルスを注射
する。
 正常細胞には無害で、がん細胞にだけ
アポトーシス(細胞の自殺)を起こさせる
ほか、がんを攻撃する免疫細胞の働きを
活発化したり、病巣に免疫細胞を誘導したり
できるとしている。

 臨床試験を始めるには3カ国とも今後、
国の許可を得る必要がある。

 REICは、人の組織や動物実験で、
がん細胞を死滅させる働きを確認した
という。
 公文教授は「相乗作用で、有効な治療法
のない難治性がんの治療につながると考え
られ、実用化を進めたい」と話している。
---------------------------------------

岡山大、頑張ってますね。

ガンの遺伝子治療、有望そうです。

こういう情報が出ています。参考まで、
岡山大学病院 遺伝子・細胞治療センター

ガンは難敵です。
がんばってください。

|

« 延命治療中止 有罪確定でも重い課題が残る(12月11日付・読売社説) | トップページ | 神童モーツァルトの科学的考察も - 英王立協会が時系列で追える論文サイト »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47052492

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山大、がんの遺伝子治療 日米中で臨床試験へ:

« 延命治療中止 有罪確定でも重い課題が残る(12月11日付・読売社説) | トップページ | 神童モーツァルトの科学的考察も - 英王立協会が時系列で追える論文サイト »