« 「直流」に乗り遅れた日本 | トップページ | 英国防省、UFO 調査部門を廃止 »

2009年12月 7日 (月)

有機農法なのに農薬被害 除草剤、輸入牧草通じ牛堆肥に

有機農法なのに農薬被害 除草剤、
輸入牧草通じ牛堆肥に

2009年12月7日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 国内では使われていない除草剤が輸入牧草
を通じて国内の牛の体内に入り、その牛の
ふんや尿から作った堆肥(たいひ)を使った
トマトやキクが生育障害を起こしていた
ことを、畜産草地研究所などの研究グループ
が突き止めた。
 有機農法や資源利用型農業として利用促進
されている堆肥で想定外の汚染が起こる
可能性が示された。

 グループによると、長野県や愛知県など
のトマトやミニトマト、キクの生産農家の
一部で2005年ごろから、牛の堆肥を
使うと葉がちぢれたり、実が細長くなったり
する生育障害が起きることが問題になった。

 当初は原因不明だったが、堆肥から日本
では使われていない植物ホルモン系の
除草剤のクロピラリドが検出され、これで
栽培実験すると同様の障害が起きた。
 また、北米などからの輸入牧草からも微量
に検出された。牧草は、干し草が束ねられ
輸入される。

 クロピラリドは、人間を含め哺乳
(ほにゅう)類には無害で欧米などでは
使われているが、残留期間が長く、日本
では認可されていない。
---------------------------------------

まだ、それほど被害がでているわけでは、
ないらしいが、以外ですね。

無農薬だから安全だと、単純には言えない
ということですね。

南極のペンギンからDDTが検出された。
ということもありますし、
思わぬところまで、汚染が広がっていると
いうことでしょうか?

|

« 「直流」に乗り遅れた日本 | トップページ | 英国防省、UFO 調査部門を廃止 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有機農法なのに農薬被害 除草剤、輸入牧草通じ牛堆肥に:

« 「直流」に乗り遅れた日本 | トップページ | 英国防省、UFO 調査部門を廃止 »