« 神戸・公金返還訴訟:請求放棄条例は無効 | トップページ | Googleが「Google 日本語入力」ベータ版を公開 »

2009年12月 3日 (木)

世界初、成人細胞でiPS 自身の組織で安全 山中・京大教授ら

世界初、成人細胞でiPS 自身の組織で
安全 山中・京大教授ら

2009.12.2 産経ニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 成人のヒトの皮膚線維芽(せんいが)細胞
から作製した人工多能性幹細胞(iPS細胞)
をそのまま増殖させることに、京都大学の
山中伸弥教授(分子生物学)と高橋和利講師
(同)らの研究チームが成功し、2日付
(日本時間)の米科学誌「プロスワン」
(電子版)に掲載された。

 胎児の皮膚線維芽細胞を使っての成功例は
あるが、成人では世界で初めて。

 これまで、細胞の増殖を助けるマウスの
線維芽細胞に、ヒトの線維芽細胞から作製
したiPS細胞をまいて増殖させる方法が
一般的だったが、マウスにウイルスがある
可能性があり安全性が問題となっていた。

 研究チームは、30代~70代の成人
計3人から採取したヒトの皮膚線維芽細胞を
一皿ずつ入れ、iPS細胞の作製に必要な
4因子をそれぞれ導入して作製。
 その後、自然に増殖し約130日間で
それぞれ10倍以上に増えた。
 遺伝子解析を行ったところ、増殖したヒト
iPS細胞は正常に分化していることも
確認できた。
---------------------------------------

進歩ですね。
少しずつ。

線維芽細胞とは、
「もっとも基本的細胞で、
これが軟骨細胞になったり、
造骨細胞になったり、
脂肪細胞になったりします。」
というものです。

ニュースの詳細は、以下のリンクを、
自己フィーダー細胞を用いたヒトiPS細胞の
樹立、培養に成功
-医療応用可能なiPS細胞作製に向けて
一歩前進へ-

|

« 神戸・公金返還訴訟:請求放棄条例は無効 | トップページ | Googleが「Google 日本語入力」ベータ版を公開 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46924665

この記事へのトラックバック一覧です: 世界初、成人細胞でiPS 自身の組織で安全 山中・京大教授ら:

« 神戸・公金返還訴訟:請求放棄条例は無効 | トップページ | Googleが「Google 日本語入力」ベータ版を公開 »