« 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 | トップページ | 仏裁判所、Googleに書籍の電子化中止を命じる »

2009年12月21日 (月)

ヒト治療用・再生医療向け細胞搬送容器ユニットを開発

ヒト治療用・再生医療向け細胞搬送容器
ユニットを開発

2009年12月18日 研究 ? 京都大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 前川平 医学部附属病院輸血細胞治療部
教授は、株式会社日立物流(執行役社長:
鈴木登夫)、株式会社日立プラント
テクノロジー(執行役社長:住川雅晴)、
株式会社ウミヒラ(社長:海平富男)の
グループにより、ヒト治療・再生医療に
用いる新型の細胞搬送容器ユニットの開発に
成功しました。

 現在、ヒト治療に使われる再生医療用
細胞(浮遊性、細胞組織など)を、無菌状態
を保持し高い品質を維持したまま離れた場所、
施設まで輸送できる専用容器が存在しない
ため、病院施設毎に独自の搬送容器を工夫
して利用している状況であった。
 しかし、人体に移植、輸注される細胞は、
医薬品と同等の品質、安全性が必要とされる
にもかかわらず、従来用いられていた搬送
容器にはこれらを担保する、以下のような
性能が十分に備わっていなかった。

1.無菌性保証
2.水平維持機構
3.定温保証

 今回、京都大学とウミヒラで作製した
無菌性保証、水平維持機構を持つ密閉性の
金属製内容器と、日立物流で製作した
定温化機能を持つ金属製外容器(4℃で
11時間の定温維持)、日立プラント
テクノロジーのヒト細胞調製施設における
無菌操作技術等を融合する事で、これまでに
ない新しい機能を満たす細胞搬送容器
ユニットの開発に成功した。
---------------------------------------

再生医療の進歩には、こういう装置の開発も
必要なのですね。

|

« 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 | トップページ | 仏裁判所、Googleに書籍の電子化中止を命じる »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/47077233

この記事へのトラックバック一覧です: ヒト治療用・再生医療向け細胞搬送容器ユニットを開発:

« 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 | トップページ | 仏裁判所、Googleに書籍の電子化中止を命じる »