« チベット高原の急速な気温上昇、原因にインド亜大陸の「黒色炭素」 NASA | トップページ | スパコン予算、復活へ 仕分け結果を転換、227億円 »

2009年12月16日 (水)

ときめきが命を守る

ときめきが命を守る
田實の見放さない・ブログ
2009年12月16日 ヨミドクター

---------------------------------------
 笑うことは体にいい。
 笑うと副交感神経が刺激され、血液循環が
よくなり、血圧が下がる。
 リンパ球が増え、ナチュラルキラー細胞が
活性化するという。

 でも、つらいときには笑うことなんて
できない。
 そういうときは泣いたらいい。
 泣くことも、副交感神経を刺激する
という。
 泣くことじたいが免疫力を高め、命を
守ってくれるという。

 日本医大の元教授、吉野槙一先生と
お会いした。
 彼はがん細胞と闘ってくれるナチュラル
キラー細胞や、ストレスに関係するコルチ
ゾールなどを測定して、泣くことも、免疫
や自律神経、内分泌の機能を高めることを
実証している。

 同じように、ときめきもいいという。
 楽しいことに夢中になっていると、免疫
や自律神経系統、内分泌系統にいい刺激を
与え、命を守ってくれるらしい。

 泣いたり、笑ったり、ときめいたり。
 心を動かすことが、生活のなかにあること
が大切なのだ。


           ◇

 膀胱がんが肺に転移した69歳のマリ子さん
は、日に日に衰弱の度を増していた。

 旧家を守り、仕事をしながら地域の
ボランティア活動にも熱心だった。
 ぼくが地域活動を必死にしていたとき
には、お互いに支え合うよき仲間だった。

 しばらく諏訪中央病院の緩和ケア病棟に
入院していたが、明るかったマリ子さんの
顔から笑顔が消えた。
 傾眠状態が続くようになった。
 いよいよのときが近づいていた。
 と、だれもが思ったとき、彼女の命は
再び燃え出した。

 緩和ケア病棟に響き渡る、チェロの生演奏
が彼女の細胞を揺さぶった。
 ビバルディの「四季」や「雪の降る街を」
「さくら」。
 なじみの楽曲を演奏してくれたのは、
はるばるチェコからやってきた音楽家
ヴラダン・コチ。
 諏訪中央病院には4回目の来院で、患者
さんたちにボランティアでコンサートを
開いてくれている。
 そのコンサートの前に、マリ子さんの
いる緩和ケア病棟でも、ミニ演奏会を
開いてくれたのだ。

 「音楽、大好き・・・・」

 眠りがちだったマリ子さんが目を
覚ました。
 顔には、久しぶりに笑みが浮かんでいる。
コチの演奏に身をまかせて、心から
楽しんでいるのがわかった。

 これを機に、マリ子さんに笑顔が
戻ると、家族や友だちも頻繁に病室に
訪れるようになった。
 病室がなんとなく活気づいてきた。

 マリ子さんの娘さんが、すばらしいこと
を思いついた。
 マリ子さんと愛犬のサスケを合わせたい
というのだ。
 最愛の夫を亡くしたマリ子さんは、
サスケと一緒に暮らしてきた。
 パートナーを亡くして、落ち込んでいた
マリ子さんを癒したのがサスケだった。

 サスケの見舞いを、マリ子さんは喜んだ。
 ベッドの上のマリ子さんに、サスケは
おとなしく鼻先を預ける。
 サスケの目は何となく心配そう。
 そんなサスケを何度もなでるマリ子さん。
心を癒す優しい時間が病室に流れた。

 
 いい音楽を聴いたり、愛犬のサスケに
触れたりすることで、マリ子さんは
明るくなった。
 食事も食べられるようになり、以前の
ような快活なおしゃべりも復活した。
 心が動き、体にもいい影響を与えたの
かもしれない。

 それから、しばらくいい時間を過ごした
マリ子さんは、娘さんとサスケにありがとう
と言い、息を引き取った。
 心穏やかな最期だった。

 ほっとする時間や心をあたためる時間が
大切なのは、終末期の人だけではない。
 だれにだって大切なのだ。

 自分の生活を振り返ってみよう。
 美しい音楽を聴く時間がありますか。
 生き物や自然と触れ合う時間がありますか。
 大切な人たちとつながりを実感できる、
いい時間がありますか。
 少なくとも一日一回、あなたはあなたの
心をあたためてください。
 そして、ときどき、ほかの人の心も!

 今日から、たった今から、行動変容
したいですね。
---------------------------------------

良い話しですね。
心温まる思いです。

鎌田實さん、尊敬しています。

>泣いたり、笑ったり、ときめいたり。
>心を動かすことが、生活のなかにあること
>が大切なのだ。

大切なのだ。

|

« チベット高原の急速な気温上昇、原因にインド亜大陸の「黒色炭素」 NASA | トップページ | スパコン予算、復活へ 仕分け結果を転換、227億円 »

学んだこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ときめきが命を守る:

« チベット高原の急速な気温上昇、原因にインド亜大陸の「黒色炭素」 NASA | トップページ | スパコン予算、復活へ 仕分け結果を転換、227億円 »