« 超高速インターネット衛星「きずな」によるブロードバンド実験、最大約86Mbpsを記録 | トップページ | 生体肝移植:4割近くが死亡 東京医科大センターで手術 »

2009年12月 3日 (木)

ネット検索で脳イキイキ、米大学研究 認知症予防にも?

ネット検索で脳イキイキ、米大学研究 
認知症予防にも?

2009年12月3日 朝日新聞

---------------------------------------
 インターネットになじみのない中高年が
ネット検索を続けると、意思決定や判断を
つかさどる脳の中枢が活性化されることが
わかった。
 認知症予防の手段になる可能性がある
という。
 米カリフォルニア大ロサンゼルス校の研究
チームが発表した。

 チームは、インターネットを毎日使う人と、
ほとんど使ったことがない人の計24人
(55~78歳)を対象に、脳の活動を
機能的磁気共鳴断層撮影(fMRI)で
調べた。

 その結果、ネットをほとんど使ったことが
ない人が、2週間のうち7日、自宅で1時間
ほどネット検索をしただけで、毎日使う人と
同じ程度、「中前頭回」など意思決定に重要
な中枢が活性化した。

 チームは「ネット検索のとき、大切な情報
を一時的に覚えたり、絵や文から何が重要か
をつかんだりすることが効果につながる」
とみている。

 とはいえ、ネット利用は良いことばかり
ではなさそう。

 米オハイオ州立大の研究チームは4月、
日記を書いたり、コメントをつけたりできる
交流サイト「フェースブック」を利用して
いる大学生は、勉強する時間が減り、成績も
悪くなる傾向があるとの調査結果を
発表している。
---------------------------------------

一長一短です。

でも、私には良い。
認知症予防になるかも?

|

« 超高速インターネット衛星「きずな」によるブロードバンド実験、最大約86Mbpsを記録 | トップページ | 生体肝移植:4割近くが死亡 東京医科大センターで手術 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46925111

この記事へのトラックバック一覧です: ネット検索で脳イキイキ、米大学研究 認知症予防にも?:

« 超高速インターネット衛星「きずな」によるブロードバンド実験、最大約86Mbpsを記録 | トップページ | 生体肝移植:4割近くが死亡 東京医科大センターで手術 »