« 無人宇宙船HTVが大気圏再突入、任務終える | トップページ | キリマンジャロの氷河は20年以内に消失 米研究 »

2009年11月 3日 (火)

第6回 多発性硬化症(その4)

第6回 多発性硬化症(その4)
2009年6月19日 (金) 薬事日報


参考にしてください。
この回で最終のようです。
バックナンバーもありますので、
見逃した方は見られると良いと
思います。


「第2回 自己免疫疾患はなぜ起こる」
が事実上の初回で、

「第3回 多発性硬化症(その1)」
~「第6回 多発性硬化症(その4)」
と連載されています。

知識の整理に役立ててください。

---------
連載は、その次が
「第7回 アレルギー疾患(その1)」で
~「第9回 アレルギー疾患・喘息(その3)」
まであります。
---------
参考まで、

最近の多発性硬化症関連の研究では、
---------------------------------------
MSといえば細胞性免疫による自己免疫疾患
(Type1)、と考えられていたところに、
液性免疫(Type2)の関与が指摘され、
さらに、そもそも免疫が主体ではく、
オリゴが「被害者」とは言い切れない
病態(Type3,4)の報告がなされた


Type1=T細胞とマクロファージのみ
    からなる炎症(=細胞性免疫)

Type2=免疫グロブリンと補体からなる
    炎症(=液性免疫)

Type3=オリゴの自発的死(アポトーシス)
    による脱髄が主体で免疫グロブリン
    ・補体・髄鞘再生を認めないもの

Type4=オリゴの変性が主体で髄鞘再生を
認めないもの

Blog 「芦田の日記より」
---------------------------------------

ということですので、単純には
ゆかないというのが現状。

研究は、現在進行中と理解してください。

|

« 無人宇宙船HTVが大気圏再突入、任務終える | トップページ | キリマンジャロの氷河は20年以内に消失 米研究 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46661726

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回 多発性硬化症(その4):

« 無人宇宙船HTVが大気圏再突入、任務終える | トップページ | キリマンジャロの氷河は20年以内に消失 米研究 »