« 重病での余命告知、9割近くが希望 | トップページ | 小惑星探査機:はやぶさ復旧、地球帰還目指す »

2009年11月20日 (金)

採血だけで消化器がん発見 金沢大教授らが判定法開発

採血だけで消化器がん発見
金沢大教授らが判定法開発

2009年11月20日5時1分 朝日新聞

詳細は、リンクを参照してください。

---------------------------------------
 金沢大学は19日、胃がんや大腸がん、膵臓
(すいぞう)がんなど消化器のがんを採血
だけで発見できる手法を開発したと発表した。

 消化器がんに特徴的な遺伝子群の異常が
あることを見つけ、がんの有無を判定できる
ようにした。

 従来の検査法より、がんを高率で見つける
ことが期待できるという。

 人間ドックなどで活用することを目指す。

 同大医学類の金子周一教授(消化器内科)
らは、消化器がん患者に特有の遺伝子群の
異常を見つけた。
 この遺伝子群の特徴に着目して、がん患者
40人と健康な人13人の計53人の血液で
調べたところ、約9割の48人でがんの
有無を正しく判定できたという。
 一方、「陽性」と判定した人の約1割で
実際には、がんは見つからなかった。

 ただ、早期がんをどの程度、発見できる
のか検証はこれからだ。

 金沢大の研究成果を事業化する目的で設立
された「キュービクス」(金沢市)が、
遺伝子の異常を判定できる専用の
「DNAチップ」を委託製造し、来年末にも
自費診療で検査をスタートさせたいとしている。

 金子教授は「今回は消化器がんで検査
したが、肺がんや子宮がんにも応用可能
だと思う。
 健康診断や人間ドックで検査することで
早期発見、治療につなげたい」と話している。
(角谷陽子)
---------------------------------------

早期発見につながると良いですね。
9割でがんの有無を正しく判定できた。
というのは、素晴らしいと思います。

費用も、がん判定に使われる陽電子放射
断層撮影(PET)検査の半額程度の
10万円以下ですむらしい。
まだちょっと高いとは思いますが、

|

« 重病での余命告知、9割近くが希望 | トップページ | 小惑星探査機:はやぶさ復旧、地球帰還目指す »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46811034

この記事へのトラックバック一覧です: 採血だけで消化器がん発見 金沢大教授らが判定法開発:

« 重病での余命告知、9割近くが希望 | トップページ | 小惑星探査機:はやぶさ復旧、地球帰還目指す »