« 失明者に光を取り戻す (視覚機能再建のための遺伝子治療) | トップページ | 「はやぶさ」のイオンエンジン停止、動くエンジンはあと 1 台 »

2009年11月11日 (水)

腎移植、拒絶反応抑える新手法 免疫抑制剤4分の1

腎移植、拒絶反応抑える新手法
免疫抑制剤4分の1

2009年11月9日15時1分 朝日新聞

---------------------------------------
 東京女子医科大と順天堂大が新しい手法の
生体腎移植を実施したところ、移植後の拒絶反応
を抑えるために患者が飲み続けなければならない
免疫抑制剤が通常の4分の1の量に減らせ、
近く使う量をゼロにできる見込みである
ことがわかった。

 免疫抑制剤の副作用が避けられる治療法
として期待される。

 移植手術の前日に、患者と臓器提供者の双方
から採血し、それぞれの血液から、免疫に
関するリンパ球「T細胞」を抽出。
 両者を特殊な抗体とともに混ぜ、2週間培養
してから、移植を受けた患者の体内に戻した。

 その後、患者の様子を見ながら免疫抑制剤を
減らしていくと、早いケースでは、免疫抑制剤
が通常必要な量の半分から4分の1にまで
減らせた。
 このうち1人は合併症が出たため減量を中断
したが、継続中の8人に拒絶反応は起きていない。
 免疫抑制剤を使うと出やすい特有のウイルス
感染症も確認されていない。

 これまで、移植後にまれに免疫抑制剤が
不要になる「免疫寛容」という現象が自然に
起きることも知られていたが、しくみは不明
だった。

 新治療法では人工的に免疫寛容を
起こせると期待される。
 新手法は肝臓移植などにも応用が可能と
考えられる。(小堀龍之、編集委員・浅井文和)
---------------------------------------

素晴らしい成果ですね。

免疫抑制剤を飲み続けるのは、大変ですし、
副作用を考えると、免疫抑制剤の使用は極力
抑えたいですから、

|

« 失明者に光を取り戻す (視覚機能再建のための遺伝子治療) | トップページ | 「はやぶさ」のイオンエンジン停止、動くエンジンはあと 1 台 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46735764

この記事へのトラックバック一覧です: 腎移植、拒絶反応抑える新手法 免疫抑制剤4分の1:

« 失明者に光を取り戻す (視覚機能再建のための遺伝子治療) | トップページ | 「はやぶさ」のイオンエンジン停止、動くエンジンはあと 1 台 »