« 「脊髄小脳変性症の遺伝子治療」その5 | トップページ | 失明者に光を取り戻す (視覚機能再建のための遺伝子治療) »

2009年11月11日 (水)

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症
治療学寄附講座ブログに下記更新情報が
ありましたので、載せておきます。


第9回仙台MSセミナー

---------------------------------------
 先日、仙台のプラザホテルで第9回の仙台MS
セミナーが開催され、鹿児島大学の梅原藤雄先生
と京都宇多野病院の田中正美先生の特別講演が
ありました。

 梅原先生はHTLV-1関連脊髄症(HAM)と、
視神経脊髄炎(NMO)の類似症例における
鑑別についてとてもわかりやすく講演して
いただきました。
---------------------------------------

とのことです。

>今後は我々が見出した髄液GFAP濃度測定など、
>病態を反映した検査によって、診断や再発の
>有無の同定を行う方法の開発が重要との
>お話でした。病態に即した治療法の選択が
>重要であり、そのために正しい診断と再発の
>同定が可能なわかりやすい基準を早く作る
>べきだと感じました。
同感です。

|

« 「脊髄小脳変性症の遺伝子治療」その5 | トップページ | 失明者に光を取り戻す (視覚機能再建のための遺伝子治療) »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46735091

この記事へのトラックバック一覧です: 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報:

« 「脊髄小脳変性症の遺伝子治療」その5 | トップページ | 失明者に光を取り戻す (視覚機能再建のための遺伝子治療) »