« 官僚が予算配分するシステムには限界が。基礎研究から臨床研究まで、シームレスに資金供給する仕組みの確立を | トップページ | 漢方薬の保険外しは、撤回せよ »

2009年11月26日 (木)

iPS細胞、新たに2つの特許成立 京都大

iPS細胞、新たに2つの特許成立 京都大
2009年11月25日19時58分 朝日新聞

詳細は、リンクを参照してください。

---------------------------------------
 京都大学の山中伸弥教授らが開発したiPS
(人工多能性幹)細胞について、三つの遺伝子
から作る方法と、iPS細胞から心筋などの
体細胞を作る方法の二つの特許が国内で成立した。
 京都大が25日発表した。
 マウスだけでなくヒトも含み、昨年成立した
4遺伝子による作製法に加え、特許の権利範囲
が広がった。
 ただ、ほかの遺伝子や化合物で作る研究競争
も盛んで、今後、どこまで権利が及ぶのか
不透明な部分も残る。

 山中教授は会見で「再生医療などで最終的に
iPS細胞を使う時には何十、何百の特許が
必要になり、一つの研究機関ですべてカバー
できないが、重要な特許を押さえることが
できた」と話した。(瀬川茂子、木村俊介)
---------------------------------------

とにかく良かったと思います。

少ない研究予算の中で、よく頑張って
いると思います。ご苦労様です。

私の希望では、命に関する発明、発見は、
特許でしばるべきではないと思うのですが、
そうはならないでしょう。

とにかく、この世界では、一番最初で
なくては駄目です。
先願、先発明です。

もし、遅れると、特許料を支払わねば
ならず、医療費にはねかえってきます。

先行投資が必須です。

同一記事が京都新聞からも出ています。
ご参考。
iPS細胞、特許新たに2件 京大

|

« 官僚が予算配分するシステムには限界が。基礎研究から臨床研究まで、シームレスに資金供給する仕組みの確立を | トップページ | 漢方薬の保険外しは、撤回せよ »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46863468

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞、新たに2つの特許成立 京都大:

« 官僚が予算配分するシステムには限界が。基礎研究から臨床研究まで、シームレスに資金供給する仕組みの確立を | トップページ | 漢方薬の保険外しは、撤回せよ »