« 温暖化対策で日米連携 首脳会談で合意へ | トップページ | ひまわり6号:姿勢ずれ地球の観測画像送信不能に »

2009年11月12日 (木)

腸管免疫応答に重要な細菌認識受容体を世界に先駆けて発見

腸管免疫応答に重要な細菌認識受容体を
世界に先駆けて発見

平成21年11月12日
独立行政法人 理化学研究所

詳細は、リンクを参照してください。

---------------------------------------
◇ポイント◇
 ・腸管上皮細胞のM細胞で特異的に発現する
  「GP2」が、細菌受容体として機能発揮
 ・GP2による細菌の取り込みが、迅速に腸管
  免疫応答を誘導
 ・粘膜免疫の主役「IgA」産生を誘導する
  経口投与の粘膜ワクチン誕生に道


 腸管内には、私たちの身体を構成する
すべての細胞の数よりも、はるかに多い
膨大な数の細菌が常在菌としてすみ着いています。
 さらに食事の際には、食べ物とともに
病原性の微生物を含む種々の微生物が
侵入してきます。
 そこで、体は、腸管免疫系と呼ばれる
免疫系を発達させ、生体防御機能を高めて
きました。
 腸管免疫系は、どのような微生物が
腸管の中で活動しているかを常に監視し、
必要に応じてこれらに対して適切に応答
することで、病原体を排除したり腸内細菌
バランスを維持したりしています。
 このシステムは「腸管の免疫監視」と
呼ばれています。腸管免疫を担うリンパ組織
(腸管関連リンパ組織)を覆う上皮細胞層には、
M細胞と呼ばれる特殊な細胞が存在しています。
 このM細胞を介して腸管内の微生物の一部が
免疫組織に取り込まれ、腸管免疫応答が誘導
されると考えられていますが、その詳しい
メカニズムについては長い間不明でした。

 研究グループは、M細胞の表面にGP2という
タンパク質が特異的に存在し、このGP2が
腸内の常在菌である大腸菌や、病原菌である
サルモネラ菌を捕捉して、腸管の免疫組織に
受け渡すことを明らかにしました。
 GP2の欠損したマウスでは、これらの細菌に
対する適切な免疫応答が起こらないため、
GP2は腸管の免疫監視に重要な分子である
ことが分かりました。
 さらに、このようなGP2の性質を制御する
ことで、これまでほとんど成功していない、
種々の病原性細菌やウイルス、さらには
アレルギー症状の軽減に効果的な、
注射によらない「経口ワクチン」の開発が
期待できます。
 本研究成果は、科学雑誌『Nature』
(11月12日号)に掲載されます。
---------------------------------------

>本研究は予防医学の発展を通して、
>国民の健康増進に大きな利益をもたらす
>可能性を持っています。

ということなので期待しましょう。

|

« 温暖化対策で日米連携 首脳会談で合意へ | トップページ | ひまわり6号:姿勢ずれ地球の観測画像送信不能に »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46743696

この記事へのトラックバック一覧です: 腸管免疫応答に重要な細菌認識受容体を世界に先駆けて発見:

« 温暖化対策で日米連携 首脳会談で合意へ | トップページ | ひまわり6号:姿勢ずれ地球の観測画像送信不能に »