« 建設業の11国保組合、入院医療費が実質無料 | トップページ | 極小磁気ディスクでがん細胞を破壊、米英チームが成功 »

2009年11月30日 (月)

万能細胞から心筋細胞を選別・移植 慶応大が新手法、再生医療へ期待

万能細胞から心筋細胞を選別・移植 
慶応大が新手法、再生医療へ期待

2009.11.30 産経ニュース

---------------------------------------
 あらゆる細胞に分化できる「万能細胞」から
心筋細胞だけを選び出し、安全で効率良く
移植する手法を慶応大医学部の福田恵一教授
(再生医学)らが開発した。

 心臓病の再生医療への応用が期待される。
 米科学誌「ネイチャー・メソッズ」(電子版)
に30日、掲載された。

 万能細胞から移植用の細胞を作製する際、
分化していない他の細胞が混じっていると
腫瘍(しゆよう)ができる恐れがあり、目的
の細胞だけを選別する技術が求められていた。

 研究チームは、心臓を収縮させる心筋細胞
に多量のミトコンドリアが含まれることに着目。
 ミトコンドリアを蛍光色素で染めて目印を
付けることで、他の細胞と区別し、ヒトや
マウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)と
ES細胞(胚性幹細胞)から、ほぼ心筋細胞
だけを取り出すことに成功した。

 この心筋細胞を1千個集めて塊を作り、
マウスの心臓に移植したところ、8週間後に
移植細胞の90%以上が心臓組織に定着した。
 精巣への移植で腫瘍ができないことも
確認した。

 福田教授は「心臓病の再生医療への
第一歩となる重要なステップだ。
 できるだけ早く臨床応用したい」と
話している。
---------------------------------------

ミトコンドリアですか?
いろいろあるようですね。

素晴らしいことです。
早く、臨床応用できると良いですね。

こういうニュースもありましたね。
心筋細胞:マウスのiPS細胞とES細胞、
将来の「心筋細胞」選別方法を発見

こちらは、プリオンが目印でした。

|

« 建設業の11国保組合、入院医療費が実質無料 | トップページ | 極小磁気ディスクでがん細胞を破壊、米英チームが成功 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46897308

この記事へのトラックバック一覧です: 万能細胞から心筋細胞を選別・移植 慶応大が新手法、再生医療へ期待:

« 建設業の11国保組合、入院医療費が実質無料 | トップページ | 極小磁気ディスクでがん細胞を破壊、米英チームが成功 »