« 第6回 多発性硬化症(その4) | トップページ | 一般病床の改革急務 »

2009年11月 3日 (火)

キリマンジャロの氷河は20年以内に消失 米研究

キリマンジャロの氷河は20年以内に消失
米研究

2009.11.03 Web posted : Updated - CNN

---------------------------------------
 タンザニアにあるアフリカ大陸最高峰
キリマンジャロの氷河は、地球温暖化の影響で
今後20年以内に消失する可能性があるという。

 米国の研究チームが山頂で実施した計測調査の
結果を、2日の米科学アカデミー紀要に発表した。

 これまでのキリマンジャロ調査は航空写真の
分析が中心だったが、オハイオ州立大学の
ロニー・トンプソン教授らのチームは7年がかり
の調査で、同山に登頂して氷河を計測。
 6トンのあまりの機材をかついで登頂し、
標高約5890メートルの山頂部分に約2カ月間
滞在、氷河の掘削調査などを行った。

 その結果、キリマンジャロを覆う氷河は
2007年の時点で、1912年に比べて
85%も縮小していることが判明。
 氷雪量は1912年から1953年にかけて
毎年約1%ずつ減少していたが、最近になって
減少ペースが加速し、1989年から2007年
にかけては毎年2.5%のペースで減っている
ことが分かった。

 キリマンジャロでは地球温暖化の影響で
降雪量が減り、氷河の分解によってさらに
気温が上昇、氷の解けるペースが加速していると
研究チームは分析。
 キリマンジャロだけでなく、アフリカ大陸、
南米のアンデス山脈、ニューギニアなどの
氷河はすべて消失しつつあると
トンプソン教授は警鐘を鳴らす。

 調査にかかわったマサチューセッツ大学の
ダグラス・ハーディー氏は「氷河の縮小と
消失によって、近い将来、経済的、社会的に
多大な問題が引き起こされるだろう」
と予想している。
---------------------------------------

大変な状況なのに、どうして具体的に
対策をとって行こうとしないのだろう。

多分、大国が実際にその被害を受けて、
問題が具体的に発生しない限り大きな
動きはない。

小国が海に沈もうと、永久凍土が溶けて
家が海に飲み込まれようと、自分には
影響ないことだし、

と言う感じかな?

|

« 第6回 多発性硬化症(その4) | トップページ | 一般病床の改革急務 »

地球温暖化関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キリマンジャロの氷河は20年以内に消失 米研究:

« 第6回 多発性硬化症(その4) | トップページ | 一般病床の改革急務 »