« 沖縄密約、核撤去費は「どんぶり勘定」 元外務省局長 | トップページ | 二輪車乗車と脳の活性化の関係 第2回目の研究開始について »

2009年11月14日 (土)

化学物質によるリセット

化学物質によるリセット
(掲載日:2009年11月13日)iPS Trend

詳細は、リンクを参照してください。
iPS細胞を作製する方法に関するものです。

---------------------------------------
 体細胞からiPS細胞を作製する初期化の効率を
上げることは、iPS細胞を利用する再生医療、
疾患メカニズムの解明、創薬など医療への応用面
でも大変重要である。
 ただし、外来遺伝子導入による遺伝子変異を
回避する手法の開発など、安全面での検討も
必要となる。
 このような観点から、高効率かつ安全なiPS作製
技術開発競争がしのぎを削る中、非ウイルス性
遺伝子ベクターの利用、外来遺伝子の種類を最小
にする方法、ひいては外来遺伝子を発現させる
代わりに4因子遺伝子がコードするタンパク質
そのものを細胞内に導入する方法、等がすでに
報告されている。
 それら開発競争には、遺伝子発現を代替し得る
「低分子化合物」の利用も大きな役割を
果たしている。
---------------------------------------

いろいろあるのですね。
>遺伝子発現を相補する化学物質の利用は、
>今後のiPS研究の進展に大きな役割を果たして
>おり、有用な化学物質の登場はiPS開発研究に
>大きな影響を与えると予想される。
とのことです。
期待しましょう。

|

« 沖縄密約、核撤去費は「どんぶり勘定」 元外務省局長 | トップページ | 二輪車乗車と脳の活性化の関係 第2回目の研究開始について »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46758951

この記事へのトラックバック一覧です: 化学物質によるリセット:

« 沖縄密約、核撤去費は「どんぶり勘定」 元外務省局長 | トップページ | 二輪車乗車と脳の活性化の関係 第2回目の研究開始について »