« 採血だけで消化器がん発見 金沢大教授らが判定法開発 | トップページ | 無限の可能性を秘めた機能性RNA研究 »

2009年11月20日 (金)

小惑星探査機:はやぶさ復旧、地球帰還目指す

小惑星探査機:はやぶさ復旧、地球帰還
目指す

毎日新聞 2009年11月19日 20時20分

---------------------------------------
 新たなエンジン故障が発覚した日本の小惑星
探査機「はやぶさ」について、宇宙航空研究
開発機構(JAXA)は19日、過去に故障
して停止していたエンジン2基の装置を組み
合わせて、止まっていたエンジンの噴射に
成功したと発表した。
 はやぶさは地球に向けた運転を再開し、
現在の計画通り来年6月の地球帰還を目指す。

 はやぶさは、4基のイオンエンジンA~Dを
搭載する。
 だが、03年5月の打ち上げ直後にAの
イオンを噴射する装置が故障、07年4月
にはBの推力を維持する中和器が故障し、
それぞれ運転を停止した。
 今月4日には、Dの中和器の故障が判明し、
残るC1基だけでは推力が足りないため、
地球帰還が危ぶまれていた。

 JAXAは遠隔操作により、Aの中和器と
Bのイオン噴射装置を電気回路で結び、
Bを噴射させることに成功。
 B1基で地球帰還に必要な推力を得られる
ことを確認した。Cはいったん停止させた。

 川口淳一郎・JAXAプロジェクト
マネジャーは「非常に運よくAとBの
組み合わせを起動させることができた。
 予断を許さないが、何とか地球に帰せれば
と考えている」と話している。【永山悦子】
---------------------------------------

良かった。
これで、地球に帰ることができるかな?

|

« 採血だけで消化器がん発見 金沢大教授らが判定法開発 | トップページ | 無限の可能性を秘めた機能性RNA研究 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46811674

この記事へのトラックバック一覧です: 小惑星探査機:はやぶさ復旧、地球帰還目指す:

« 採血だけで消化器がん発見 金沢大教授らが判定法開発 | トップページ | 無限の可能性を秘めた機能性RNA研究 »