« 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 | トップページ | NASA、天の川銀河の中心画像を公開 世界天文年に合わせ »

2009年11月16日 (月)

パーキンソン病:「孤発性」に四つの遺伝子かかわる

パーキンソン病:「孤発性」に四つの遺伝子
かかわる

毎日新聞 2009年11月16日 10時23分

---------------------------------------
 手足が震えたり筋肉がこわばる難病、
パーキンソン病の大半を占める、家族に患者が
いない「孤発(こはつ)性」タイプについて、
約3万の遺伝子のうちの四つがかかわっている
ことを、神戸大の戸田達史教授(神経内科)と
佐竹渉研究員(同)らがDNAの比較で突き
止めた。

 米科学誌「ネイチャージェネティクス」に
16日、論文が掲載される。

 国内の同病患者は約15万人で、孤発性が
約9割を占めるとされており、解析がさらに
進めば、病気の進行を抑える治療薬開発
なども期待できるという。

 DNAは、4種類の塩基が約30億個並んで
いる。
 塩基の並びのうち数百から1000個に
1カ所ほど、人によって通常と異なる場所が
あり、一塩基多型(スニップ、SNP)と
呼ばれる。

 戸田教授らは、孤発性の患者約2000人と、
病気でない約1万8000人から血液を採取し、
スニップの場所を比較した。
 発症にかかわるスニップのある遺伝子は
合計数十あるとされており、解析を続ける。
【野田武】
---------------------------------------

期待したい。

|

« 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 | トップページ | NASA、天の川銀河の中心画像を公開 世界天文年に合わせ »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

同じく、期待します。

投稿: H!ro^^ヒロ | 2009年11月16日 (月) 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46777598

この記事へのトラックバック一覧です: パーキンソン病:「孤発性」に四つの遺伝子かかわる:

« 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 | トップページ | NASA、天の川銀河の中心画像を公開 世界天文年に合わせ »