« 一般病床の改革急務 | トップページ | 121橋が崩落寸前、国交省調査 財政難で補修進まず »

2009年11月 4日 (水)

花粉症のもと食べれば症状和らぐ 都が研究

花粉症のもと食べれば症状和らぐ 都が研究
2009年11月4日3時2分 朝日新聞

詳細は、リンクを参照してください。

---------------------------------------
 花粉症の原因物質をあらかじめ口から投与すると、
7割の人で花粉症の症状が抑えられた――。

 東京都がこんな研究結果をまとめた。
 根治も期待できるといい、都は国などに
実用化を働きかける。

 都は抗原を体内に取り込んで体を慣らし、
免疫反応を抑える「減感作(げんかんさ)療法」
の一つとして、日本医科大と共同で06年夏
から実験を始めた。
 花粉症の症状がある142人の舌の下に、
スギ花粉の抗原を含ませた約1センチ角の
パン片を置いて投与するもので、期間は2年間。
 1日1回2分間で最初は毎日投与し、
次第に濃度を濃くして回数を減らした。

 その結果、100人の症状が改善した。
 花粉飛散期に常に鼻が詰まっていた
重症者は28%から4%に激減。
 ほとんど症状が出ない人は逆に5%から
20%に増えた。
---------------------------------------

発想の転換ですね。

良い結果が出ているようです。
皆が手軽に自宅で出来るように
なると良いですね。

他にも、ニュースが出てます。
原因食品を食べて治す 食物アレルギー 
新治療法に注目

2009年9月4日 中日新聞

ご参考

|

« 一般病床の改革急務 | トップページ | 121橋が崩落寸前、国交省調査 財政難で補修進まず »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46670353

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症のもと食べれば症状和らぐ 都が研究:

« 一般病床の改革急務 | トップページ | 121橋が崩落寸前、国交省調査 財政難で補修進まず »