« 二輪車乗車と脳の活性化の関係 第2回目の研究開始について | トップページ | 老眼治療の救世主「伝導性角膜形成術」 »

2009年11月14日 (土)

月にまとまった量の水 NASA、体当たり探査機で確認

月にまとまった量の水 NASA
体当たり探査機で確認

2009年11月14日10時36分 朝日新聞

詳細は、リンクを参照してください。

---------------------------------------
 米航空宇宙局(NASA)は13日、無人
探査機L(エル)CROSS(クロス)による
観測で「月の南極に近いクレーターに凍った
水が存在することがわかった」と発表した。

 「かなりまとまった量」といい、将来、
月面基地を建設したときに宇宙飛行士の飲料水
として期待されるほか、電気分解によって
呼吸用の酸素やロケット燃料の水素を作れる
可能性がある。
---------------------------------------

やはり、水があったようです。

良い話しとは、思いますが、
月面基地の建設というのは、いつ頃に
なるのでしょう?

予算がたりないとかいう話しが聞こえて
ますので、かなり先の話になるでしょうね。

|

« 二輪車乗車と脳の活性化の関係 第2回目の研究開始について | トップページ | 老眼治療の救世主「伝導性角膜形成術」 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46759215

この記事へのトラックバック一覧です: 月にまとまった量の水 NASA、体当たり探査機で確認:

« 二輪車乗車と脳の活性化の関係 第2回目の研究開始について | トップページ | 老眼治療の救世主「伝導性角膜形成術」 »