« アルツハイマー病関連遺伝子に続き、散発性パーキンソン病の原因遺伝子2種も同定 | トップページ | 世界初:抗精神病薬のドーパミン生成能安定化作用を発見 »

2009年11月20日 (金)

カリフォルニア州、幹細胞研究の医療応用へ向け200億円余の支援

カリフォルニア州、幹細胞研究の医療応用
へ向け200億円余の支援

(掲載日:2009年11月19日)iPS Trend

---------------------------------------
 カリフォルニア州 再生医学研究所(CIRM)は、
基礎的な幹研究細胞成果をFDAへ承認申請する
治験など、治療へ発展させる目的で2億5000万
USドルの研究支援を行なうこととなった。

 カリフォルニア州の基礎および臨床研究
14チームを4年間支援する。

 さらにイギリス(Medical Research Council)
とカナダ(Cancer Stem Cell Consortium)は、
その中で自国の研究者を含む4つのグラントに
合計4300万ドルの追加支援を行い、11種類の
疾患に対する幹細胞治療を加速化する。

 同研究所ロバート・クレイン評議会議長は
この支援に際し、「歴史的な日」、と感想を
延べた。

 また、アラン・トロンソン所長は、国際的な
基礎および臨床のトップ研究者がチームを編成
しており、今後のトランスレーショナルリサーチ
支援のお手本となるだろう、と話している。

(注:CIRMのファンドは教育・TR・研究開発に
大別されるが、カリフォルニア州にて
執行されることが条件となっている。)
---------------------------------------

すごいですね。
日本とは大違い。
ますます、差が開くことになる。

政治家は、こういうニュースを見ているので
しょうか?

|

« アルツハイマー病関連遺伝子に続き、散発性パーキンソン病の原因遺伝子2種も同定 | トップページ | 世界初:抗精神病薬のドーパミン生成能安定化作用を発見 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46810708

この記事へのトラックバック一覧です: カリフォルニア州、幹細胞研究の医療応用へ向け200億円余の支援:

« アルツハイマー病関連遺伝子に続き、散発性パーキンソン病の原因遺伝子2種も同定 | トップページ | 世界初:抗精神病薬のドーパミン生成能安定化作用を発見 »