« 下水汚泥から都市ガスつくり一般に供給 | トップページ | 厚労省が看護師による診察・処方の規制緩和の要請を却下 »

2009年10月22日 (木)

境界を生きる:性分化疾患 反響特集 苦悩に寄り添いたい

境界を生きる:性分化疾患 反響特集 
苦悩に寄り添いたい

毎日新聞 2009年10月22日 東京朝刊

詳細は、リンクを参照してください。
関連記事もあります。

---------------------------------------
 ホルモンなどの異常で性別の区別が難しい病を
取り上げた連載「境界を生きる~性分化疾患」に
多くの反響をいただきました。
 一部を紹介し、この病気が抱える重い現実や
課題を改めて考えます。【丹野恒一】

 「40年前、姉は二十歳で自ら命を絶ちました。
 後になって、染色体のレベルでは男性だったと
知りました」

 姉を止められなかった自責の念から自殺防止の
電話相談ボランティアに携わってきたという
50代の女性からメールが届いた。
 2人が生まれ育った地方都市を訪ねた。

 幼少時から竹ひごで飛行機を作ったり、
虫捕りが好きで男の子とよく遊ぶ姉だった
という。
 4歳年下の自分に初潮が来ても、姉は
まだだった。
 思春期を過ぎると、ボーイッシュな雰囲気
が際立ってきた。
 姉の体に人に言えない秘密があることは、
親せきのひそひそ話などからうすうす
感じていたという。

 大学を目指して都会で浪人生活をしていた
姉は、帰省していた冬のある日、自宅の物置
で首をつった。
 前夜、2人きりの時に姉は「自殺って、
どう思う?」と聞いてきた。
 当時高校1年だった女性は
「怖くてできないよ、そんなこと」
とだけ答えた。
 「姉はもっと話したかったのかもしれない。
もし、そうしていたら……」

 姉の死後、うつ病を患った母親は、
ポツリポツリと話してくれた。
 姉は高校卒業後、男女どちらかあいまい
だった外性器を女性に近づける手術を
遠い町でひそかに受けた。
 しかし、心はどちらかといえば男に
近かった。
 姉はギャップに苦しみ、手紙に悩みを
したためては母親に送っていたという。
 「私にはそんなそぶりを全く見せなかった。
妹の前では最後まで『いいお姉さん』を
貫いてくれたのだろう」

 女性は連載を読み、姉と同様に染色体が
男性型の女子学生が自殺した事実に心が
痛んだという。
 「当事者の苦しみは40年前も今も
変わっていない。
 どうしたら生き抜いてくれるのか」。
 ボランティアで培った相談の経験を生かし、
まだ少ない性分化疾患の自助グループの
サポートができないかと考え始めている。

 「姉がそう望んでいる気がするのです」
---------------------------------------

難しい問題だと思います。

頭では分かっていても、自然な対応、行動が
とれるだろうか?

現実に存在するのだとしっかり認識して、
きちんと対応する必要があります。

誰にでも、起こりうることなのです。

|

« 下水汚泥から都市ガスつくり一般に供給 | トップページ | 厚労省が看護師による診察・処方の規制緩和の要請を却下 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 境界を生きる:性分化疾患 反響特集 苦悩に寄り添いたい:

« 下水汚泥から都市ガスつくり一般に供給 | トップページ | 厚労省が看護師による診察・処方の規制緩和の要請を却下 »