« 家族性自律神経異常症の疾患モデルiPS細胞 | トップページ | 【技術フロンティア】過積載監視する“はかり” »

2009年10月 1日 (木)

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症
治療学寄附講座ブログ
に下記更新情報が
ありましたので、載せておきます。

詳細は、リンクを参照してください。

2件です。
1.経口クラドリビン錠がFDAに承認申請
2.FTY720の第3相試験(FREEDOMS)の結果
  多発性硬化症に対する経口治療薬FTY720
  (fingolimod) の第3相プラセボ対照比較試験
  (FREEDOMS)が完了し、2年間における成績が
  発表されました。

  FTY720はプラセボ群と比較して54-60%の
  年間再発率の減少と30-32%の障害進展
  抑制効果を示しました。低用量投与群
  (0.5mg)投与群と高容量投与群(1.25mg)
  における効果の差は認められず、0.5mg投与
  での開発が今後進められていきます。

とのことです。
良い結果だったようですね。

|

« 家族性自律神経異常症の疾患モデルiPS細胞 | トップページ | 【技術フロンティア】過積載監視する“はかり” »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46361772

この記事へのトラックバック一覧です: 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報:

« 家族性自律神経異常症の疾患モデルiPS細胞 | トップページ | 【技術フロンティア】過積載監視する“はかり” »