« 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 | トップページ | 平成22年度科学研究費補助金の新規募集課題の公募停止について »

2009年10月18日 (日)

緑内障診断時 66%視野欠落

緑内障診断時 66%視野欠落
(2009年10月18日 読売新聞)

詳細は、リンクを参照してください。
参考情報です。

---------------------------------------
 放置すれば失明に至る緑内障と診断された時、
既に3人に2人は視野が欠けていたことが、
患者団体「緑内障フレンド・ネットワーク」
(柿沢映子代表、会員1600人)の調査で
わかった。早期には自覚症状がほとんどなく、
進行してから発見される緑内障の怖さが
改めて明らかになった。

 緑内障は、視神経が傷ついて視野が徐々に
欠けていく病気で、中途失明の原因の1位。
 いったん欠けた視野を回復させる治療法はなく
、進行を止めたり、遅くしたりするために、
早期発見・早期治療が大切になる。
 日本緑内障学会が岐阜県多治見市などで
行った疫学調査では40歳以上の約5%が
緑内障とわかり、全国で約300万人の患者が
いると推定されている。

 同ネットワークは8~9月にかけて会員に
アンケートを行い、824人から回答を得た。

 それによると、緑内障と診断された年齢は
平均で51・6歳。診断時に、66%に当たる
543人は既に視野が欠けており、
「半分程度」から「かなり」欠けていた人は
全体の2割に上った。
---------------------------------------

私の場合は、全体の2割にあたりますね。
皆さん気をつけてください。

人間ドックも定期的に受けていたのにです。

緑内障という病気を意識していない限り、
気づくことはないと思います。

知りませんでした。

|

« 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 | トップページ | 平成22年度科学研究費補助金の新規募集課題の公募停止について »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46516021

この記事へのトラックバック一覧です: 緑内障診断時 66%視野欠落:

« 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 | トップページ | 平成22年度科学研究費補助金の新規募集課題の公募停止について »